スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くまモン頑張れ絵
Tue.19.04.2016 Posted in くまモン
ヤフーニュースより
絵心なくてもOK “くまモン=熊本”を応援するハッシュタグ「くまモン頑張れ絵」を投稿する動きがTwitterで広がる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00000017-it_nlab-sci



twitter
https://twitter.com/hashtag/%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%83%A2%E3%83%B3%E9%A0%91%E5%BC%B5%E3%82%8C%E7%B5%B5?src=hash


海外からも
https://twitter.com/hashtag/kumamon?lang=ja



クロシロエリマキキツネザル [Ruffed Lemur]
Thu.18.02.2016 Posted in クロシロエリマキキツネザル [Ruffed Lemur]
16-0517-Ruffed Lemur-2
「生まれてきたじょー!」

[☆生息域:マダガスカル島 ☆体長:約50cm ☆尾長:約60cm ☆体重:約4kg ☆絶滅危惧種]

昨年(2015年)の4月19日にクロシロエリマキキツネザルの赤ちゃんも誕生しています!





16-0517-Ruffed Lemur-1
「しかも双子です!! / (タビビとトノキ)

赤ちゃんのネーミングがふるっていて、「タビビ (メス)」と「トノキ (オス)」との事です。
全然区別がつきません(笑)。

この写真は5月17日に撮影したものです。 4月下旬に超カワイイ双子の赤ちゃんが生まれていることに気付いて、散々追っかけまわしたのですが、草むらを走り回っていたり、すばしこ過ぎるため、ピントが合わず苦戦しました。




15-Ruffed Lemur-0527-1
「春の香り / (タビビかトノキ)





 
アビシニアコロブス [Abyssinian Colobus]
Thu.31.12.2015 Posted in アビシニアコロブス [Abyssinian Colobus]
15-Abyssinian Colobus-1201-1
「しがみ付き天使 (フライング干支企画)

[☆生息域:アフリカ赤道付近 ☆体長:50-70cm ☆尾長:60-90cm ☆体重:8-14kg]



ひゃー、ギリで年内復帰しました!

11月3日上野動物園でにアビシニアコロブスの赤ちゃんが誕生しました。
自分でも意外なのですが、アビシニアコロブスは、極楽動物園+1には初登場です。私もお気に入りの動物なのですが、写真が撮りづらい環境で飼育されているので、登場が遅れました。

仲睦まじく集団生活をする彼らは、交代で子育てをする習性があるそうです。






15-Abyssinian Colobus-1201-2
「往く命、来る命」

やさしい母さんがいて可愛い赤ちゃんがいて、葉っぱが食べられれば、平和に健やかに生きているアビシニアコロブスは、完全に人類よりも高等な生物だと思われます。 まあ考えてみれば、人間より下の生物も見当たらないのですが(苦笑)。

2016年は申年なので、しばらくお猿さんの写真が続きます。

んで、
「喪中につき年末年始のご 挨拶をご遠慮申し上げます.」
のだ。

2016年もヨロシクー!!





年内
Sun.20.12.2015 Posted in お知らせ
復帰を目指します!!
すみません
Fri.16.10.2015 Posted in お知らせ
現在、私事多忙のためなかなかパソコンが開けません。
今月いっぱいで仕事を辞めようと思っていますので、11月中には復帰したいと思っています。

ただ携帯から文字だけの更新はするかもしれません。 よろしくご容赦~。

エゾシカ [Ezo Shika Deer]
Tue.15.09.2015 Posted in エゾシカ [Ezo Shika Deer]
15-Ezo Shika Deer-0905-1
「Qちゃん復活」
[☆生息域:日本(北海道) ☆体長: 140-180cm ☆体重: 90-140kg(♂) 70-100kg(♀) ]



15-Ezo Shika Deer-0810-1
「背中の鹿の子模様も見てくれよ」



角も伸びきり、体の鹿の子模様が美しい、エゾシカが一番光る季節になりました。 エゾシカにとっては苦手な酷暑の季節も過ぎ去り、Qちゃんはますますご機嫌がよろしくなっています。


カバ [Hippopotamus]
Tue.21.07.2015 Posted in カバ [Hippopotamus]
15-Hippopotamus-0624-2-1
「君の瞳に全面幸福」

 [☆生息域:アフリカ ☆体長:280-420cm ☆体重1350-3200kg]






15-Hippopotamus-0624-2-2
「ユイ、三歳、ご機嫌でーす」






15-Hippopotamus-0624-2-1
「とろとろ笑顔になります」






15-Hippopotamus-0618-2
「オヤツタイム」

午後4時過ぎのオヤツタイムにジロー君が飼育係りさんからオカラ団子をもらって嬉しそうに食べています。 と、隣のプールで怪しい動きが……。





15-Hippopotamus-0618-1
「オヤツタイム/ ワタシもワタシも!

大丈夫、ユイちゃんの分ももちろんあります。
この写真は6月18日に撮影したものですが(遅くなってごめんなさい・汗)、その2週間後にはだんだんだいたんになってきました↓





15-Hippopotamus-0704-2
「オヤツタイム/ ワタシも!ワタシも!!

 ユイちゃん、だんだん上野の仔になりつつあります。







まだまだユイちゃん写真は続きますが、項を改めてご紹介しますね。 もう、おじさんメロメロ~。




カバ [Hippopotamus]
Tue.16.06.2015 Posted in カバ [Hippopotamus]
15-Hippopotamus-0615-1

「お待たせしました、待ちました。ユイです」

6月1日に上野動物園に、愛媛県のとべ動物園から若いカバの女の子が来園しました。 まだ3歳!(来月で4歳) 

ご紹介が遅れたのは、ユイちゃんが長距離輸送の疲れからか、両親との別離がショックだったためか、プールの中に沈み込んで、時折呼吸のため鼻腔を水面に出すことぐらいしか見れなかったからです。

3歳児には過酷な試練であることは間違いないので、気長に上野の環境に慣れてもらうのを待つしかないのではありますが、来園後2週間経過しても情況が変化しなかったので、カバファン一同は、本当に心配していました。

ところが、昨日(15日)状況が一変しました。 カバ室内飼育舎へ行ってみると、ユイちゃんが陸上へ出て、担当飼育係りさんから手渡しでオカラ団子を貰っているではありませんか! その後ユイちゃんはモリモリとごはん(草)を食べ、水飲み場で水を飲み(プールの水を飲むのではなく、陸上の水飲み場での飲水。育ちの良さがうかがえます)、その後プールに入り、ジロー君ばりの水中横回転を何回も見せてくれました。 すでに自力でジロー君との面会もしていました(写真とともに今夜アップロードします)。

カバファン見学者一同から安堵のため息というか、押し殺した絶叫(笑)が漏れ、歓喜が渦巻きました。 私としては珍しく飼育係りさんに話しかけたところ、「まだゆっくりと経過観察をしなければ、どういう状態かは判らない」という意味のお言葉を頂きました。 プロフェッショナルの冷静な目に信頼感が増しました。

昨日(15日)のような元気で愛らしいユイちゃんの姿が、これからも見学出来、彼女が健やかに成長してくれることを願ってやみません。 嬉しい~~~。



写真追加しまーす。

15-Hippopotamus-0615-2
「優しそうなオジサンみっけー」





15-Hippopotamus-0616-1
「ゴハンたくさん食べるんだもーん」




エゾシカ [Ezo Shika Deer]
Sat.06.06.2015 Posted in エゾシカ [Ezo Shika Deer]
前回のエゾシカの記事に写真を追加しました(新しい角が生え始めました)。



エゾシカ [Ezo Shika Deer]
Sun.24.05.2015 Posted in エゾシカ [Ezo Shika Deer]
15-Ezo Shika Deer-0406-1
エゾシカQの落角/ エッヘン、私がQです」 (4月6日撮影)

[☆生息域:日本(北海道) ☆体長: 140-180cm ☆体重: 90-140kg(♂) 70-100kg(♀) ]


上野動物園で長らく見学者に愛された、エゾシカのトンちゃんが2012年の1月27日に死亡してしまい
(つまき♪ さんのブログ『ZOO AQUA PRESS★』参照のこと)
トンちゃんファンが落胆している最中に、同年2月8日に釧路市動物園から「Q」上野動物園に来園しました。

まだ若い個体で(来園当時の年齢は1歳11ヶ月)、エゾシカ舎から優しい飼育係さんがやってくる方向を一心に見つめ、甘えた声で「クゥ~~~~~~~」と鳴く姿に微笑まずにはいられませんでした(この『甘え鳴き』いまでも時折やっています)。

3年が経過した現在、Qちゃんは立派な若鹿として成長しています。



15-Ezo Shika Deer-0406-2
エゾシカQの落角/ フフフ自慢の角を見てくれよ」 (4月6日撮影)





15-Ezo Shika Deer-0427-1
エゾシカQの落角/ 角、取れちゃった・・・・・」 (4月27日撮影)

4月はよんどころない事情で3週間ほど動物園に行けず、 4月27日になってエゾシカ舎へ行ってみると、Qちゃんはすでに落角していました。

動物園の掲示によると、4月25日に角が落ちたようです。
トンちゃんは早い時には3月上旬に落ちていた事もあったので、4月下旬の落角は記録的に遅かったと言えるでしょう。



15-Ezo Shika Deer-0427-2
エゾシカQの落角/ さっぱりしたんだよ~~~ん」 (4月27日撮影)

自信喪失したのか、この日は部屋の中から出ようとしませんでした。 現在(5月下旬)でも未だに放飼場の奥にいることが多いようです。 やっぱりオス鹿としてはショックだったのかもしれませんね。



    ************************




15-Ezo Shika Deer-0519-1
エゾシカQの角再成過程/ 角、はえてきました」 (5月19日撮影)

既報の通りQちゃんの角は4月25日に落ちたのですが、現在すでに新しい角がグングン文字通り「成長」中です。
落角直後は放飼場の奥に引きこもっていることが多かったQちゃんですが、少しづつ見学者側に出てくるようになりました。




15-Ezo Shika Deer-0527-1
エゾシカQの角再成過程/ これでいいのだ」 (5月27日撮影)

一つ前の写真も8日後のQです。 もの凄い速度で新たな角が形成されつつあります。 それとともに体毛も夏バージョンの美しい鹿の子模様になってきました。

Qちゃんの角情報は、これからも追って御報告したいと思います。



« PREV PAGE NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。