スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホオジロカンムリヅル[Grey crowned crane]
Fri.06.08.2010 Posted in ホオジロカンムリヅル[Grey crowned crane]
10-Grey crowned crane-0322-1
「ワシらそんなに派手じゃろか」  (東山動植物園)

[☆生息域:アフリカ中央~南部 ☆体長:105cm ☆翼開長:100-120cm 体重:3.5kg]




10-Grey crowned crane-0322-2
「なあなあて」





« ミケリス [Prevost's squirrel] | Home | コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] »

comments

こんばんは!

派手と言えば派手だし、孔雀の方が派手と言えば地味かもしれないし・・・。
頭だけ派手じゃ~!(笑)

おもちゃのひろくん様

背中がハシビロコウ色で尾羽がオグロヅルなのに、頭が打ち上げ花火! 素晴らしいでしょ。神様の天才的配色で見る者を感動させるんです。

いやいや、配色ばかりではなく造形こそ見るべきか。この鳥、上野にいたら毎日撮影したいと思いました。

ひろくんだってカーリーヘアーのウルトラマン見たいはずです(キッパリ)。

ワタシも(^^;同じことを・・・

孔雀のオス♂の方が派手かも~?
この子たちは孔雀♂の冠だけなので(゚▽゚*)
でも、シンプルでなかなか良い感じだと思います。
ツキツキされても動じない→右の子が可笑しいです。

占い師mecha様

人目を惹く派手さという点で、優劣をつけるのに無理があるかもしれないですね。

と申しますのも、クジャクというとあの発情期における尾羽のディスプレイを想像してしまうのですが、彼らは一年中発情しているわけではありませんから(笑)。

通常期は頭の造作などは目立つのですが、どちらかと言うとシックなダークグリーンの羽なので(美しい光沢がありますが)、いわゆる派手派手しさは感じられないのです。

いま思いつきましたが、ホオジロカンムリヅルの発情期はどんなディスプレイをするのでしょうか。広げた羽の裏側がヒョウ柄だったら、これはクジャクを凌ぐのかも知れません。

何で大阪弁?

大阪のおばちゃんから見たら、いっこも派手ちゃうで。何でか言うたろか?髪の毛の色が一緒やろ?こんなん地味なほうや~。大阪弁しゃべる根性あるんやったら、金筋にピンクぐらい入れなあかんで。そやないと目立てへんやろ?

(自分で言うのもなんですが、すばらしい大阪弁です。まるでフランス語のようです)

三毛猫さま

ちゃうねん、ワシ箱根のお山越えたら、皆、関西やねん。せやから名古屋の東山動物園かて大阪になるやろ。

名古屋のカシワが大阪弁になるのも無理ないこっちゃで。たとえメッセンジャー黒田にしばかれてどないかなっても名古屋の鳥は関西弁ちゅうこっちゃ。

イッヒ・オタフケン・トッホ・アイネ・クライネ・ナハト・ムジナ・タマゴット・カリェーフェン・タベント(関西風ドイツ語『大阪ではカレーに生卵とソースを掛けて食べるのが風習である事を隠すんじゃない』 の意)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。