タンチョウ [Red-crowned Crane]
Sun.11.07.2010 Posted in タンチョウ [Red-crowned Crane]
10-Red-crowned Crane-0710-1
「地球の囁き」

[☆生息域:日本 (ユーラシア大陸東部) ☆翼開長: 2.2-2.3m ☆体重: 7-10kg ☆絶滅危惧種]



8日は「車椅子父さん」のがつうさんの3回目の命日でした。
自力では寝返りもうてない病床で、かろうじて動いた指先で携帯電話からブログを編集し、アフィリエイトで難病の子供たちにお金が回るように尽力された行為は、私達の胸を打ちました。


あの日のタンチョウは現在も元気でつがいで暮らしています。




« ヒガシクロサイ [Black Rhinoceros] | Home | コモンマーモセット [Common Marmoset] »

comments

本当ですね・・

がつうさんは、本当に色んなものを遺してくれました。元は小学校の先生だったそうですが、素晴らしい先生です。ほんとに・・。

あんな素敵な人が早く逝かれて、「人生笑って過ごしちゃえ」というロクでもない私やニャホさんが、だらだらと長生きするなんて、ほんと理不尽です。きっと私たちはもだえ苦しんで死ぬでしょう。行き着く先は地獄です。うあっはは☆

ちなみに丹頂鶴は冬の北海道にいるものなのに、真夏の東京にいるなんて納得いきませんヽ(`Д´*)ノ

命日でしたか

がつうさん、そんな状態だったんですか。
「本当は恐いんです・・」そんなコメントをブログで読んだ時、
実際に死に直面している人の本心が見えていた気がしました。

来週はワタシの友人の命日があります・・・。
いまだにその友人へお焼香へいけていません。
何だか、色々なことが思いっ切り面倒になることがあります。
(自民・・返り咲きそうですね・・)

こんばんは!

がつうさんがお亡くなりになって3年も経つんですか・・・。
生きている者は、このタンチョウのように今ある命を精一杯、生きなければいけませんね!

三毛猫さま

お言葉を返すようですが「車椅子父さん」はお笑いの方でもありました↓
http://blog.goo.ne.jp/kurumaisutousan/e/cdd90e8b02b2dc88a793483c98390195

それに三毛猫さんと私を一緒にされても困ります。私の気質は基本的に「鬱」で、その上低血圧ですから、なるべく笑っている時間が長い方がいいのです。三毛猫さんは高血圧で躁病なのに笑い続けているというのは、これはいかがなものでありましょうか。

タンチョウは冬季は九州の方まで越冬に来るらしいです。でも夏の間は北日本に生息しているのが自然な状態でしょうね。ただそれだとハワイの日系移民は数々の辛酸を舐めて今の生活を確立したのに「納得いかない奴らだ」ということになってしまいます。

ですからタンチョウが上野にいることが不満な人は、もうパイナップルを食べてはいけません(上から目線)。

占い師mecha様

えー、原風景とかいう大げさな事ではないのですが、私には子供の頃に聞いた和田浩とマヒナスターズの『お座敷小唄』
http://www.youtube.com/watch?v=UinSfrh4emU
の1番の歌詞が精神形成に多大な影響を及ぼしたのではあるまいかと思えるときがあります。

富士の高嶺に 降る雪も
京都先斗町に 降る雪も
雪に変わりは ないじゃなし
とけて流れりゃ 皆同じ

ぎゃはは、この「とけて流れりゃ 皆同じ」ですね(ただし3節の『ないじゃなし』は『あるじゃなし』の間違いではないかと思います)。

虫も人も地球も宇宙もいつか無くなってしまう、いっそ爽快ではありませんか。偕老同穴! 待てば懐炉の火がボウボウ!! ひゃーーーっはっはっはっはっは。

おもちゃのひろくん様

精一杯というかナチュラルに生きていれば良いのじゃないかというスタンスで生きてます(笑)。

ただし「ナチュラルとは何か」となると、これがまた難しい(笑)。人間が胃下垂になるのは、もともと四足歩行だったのに直立してしまったためらしいのですが、いまさら四足歩行で歩こうとすると通勤などではなはだしい支障が発生するのではないかと思われます。

立っても這っても不自然ということは人間は生まれながらに不自然というか非ナチュラルな生物ということになるんでしょうね。

そもそも通勤ラッシュに巻き込まれないと生きていけないというのはナチュラルとは言えんもんね。もー、世の中全員ヒッピーになればいいのに。そして地上を這い回るのだ。これでいいのだ。ぐへへ~。

うあはっは☆

リンク先、読みました~~!面白い!がつうさんのブログはやっぱり面白いですね~~!お亡くなりになる1年前はコメレスもされてたのだと思うと、感慨深いものがあります。

ブログ仲間のぽこだっちさんが脱サラして「ぷろろ~ぐ」を立ち上げたときに、一番最初に登録して、ぷろろ~ぐを広めてくれたのががつうさんだったと聞きました。がつうさんは慈悲の心をお持ちでした。人の一番してほしいことがわかる、素晴らしい人です。

それに比べてニャホさんはなんですか!人のことを躁病で高血圧と言ったりして!反省しなさい(上から目線)まぁ、その通りなのですけどね♪

あ、そうそう!8月に名古屋にいきませんか?

三毛猫さま

死にかけながら笑うという、がつうさんの笑いに対する愛情には恐れ入りますね。あのリンクも『車椅子父さんのblogページ』
http://kurumaisutosangatsu.blog67.fc2.com/
のくまさんチームのみんみんさんの記事からパクってきたものです。

三毛猫さん、みんみんさん許して許して。


8月は月曜祭日が無いので、どこにも行けません。秋になったらまた計画立てましょうや。

三毛猫

「死にかけながら笑う」って・・うあはっは☆よく考えたら幸せそのものですね~~。

そういえば私も人工呼吸器やら心電図やらつけた父の足に鉛筆削りを挟んで(だって固まってるから)鉛筆を削ったことがあります。

心電図の波形がおかしくなったようで、詰め所から看護士が飛んできました。「こんなところで鉛筆を削らないでください!」と怒られました。親が死に掛けてるのにあほな娘です。。しくしく

ところで何で月曜の祝日なのですか?ニャホさんは月曜の祝日しか休みがないのですか?うまいこと言うて、名古屋に行きたくないんじゃないでしょうねヽ(`Д´*)ノ

??月曜の祭日? 様

あ、れ? ここの掲示板で月曜しか休めない私に合わせて三毛猫さんが予定を立てていてくれたのですがねえ↓
http://minnano-bbs.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=2917997

瀕死の父親の足の指に鉛筆削りを挟むとは凄いです。これは凄いセンスです。葬式の時には何を挟んだのか想像するだけでゲロ吐くほど笑えます。

そんなに東山動物園へ行きたいのなら、私が3月に行ったとき撮った写真をまだ発表してなかったので、掲載してあげますので有り難く拝観しなさい。

葬儀のときは

父の遺体の足元に猫が入って暴れたので「お父さんが生き返った!」と大騒ぎした馬鹿娘です。足をばたばたしてるのかと思った・・笑

で、確かに月曜云々と書いていますが、幼稚園が夏休みに入るので平日もあいてるんですよ。東山に行きなさい(上から目線)

上のクロサイも見ましたが、やっぱり生サイが見たいです。かばが暑くて赤い汗をかいてるかもしれんから。

三毛猫さま

ああ・・・ その時のご家族の方々のお顔が想像できます(お会いした事が無いににもかかわらず)。ご遺体の懐にトカゲが潜んでいたら
「エイリアンがうまれたーっ」
と叫ばれたのでしょうね。バチ当たりです。

三毛猫さんが幼稚園が休みでも、東山動植物園は祭日を除く月曜がお休みなのですよ。まだわからんのか。

月曜日に東山動植物園を開園させなさい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)