コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Tue.09.03.2010 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
10-Pygmy Hippopotamus-0225-1
「母さん、お話して」

[☆生息域:ギニア・コートジボワール・シエラレオネ・リベリア (西アフリカの密林) ☆体長: 150-180cm ☆体重: 160-270kg ☆絶滅危惧種]





10-Pygmy Hippopotamus-0227-1
「でもすぐに眠くなっちゃうの」

個人的な膝痛騒動でコビトカバの近況報告が滞っていました(膝痛はほぼ完治)。コビトカバ舎には日参しているのですが、写真の選択加工をしてご報告する余力がなかったのです。

コユリちゃんは順調に成長しています。すでに昼間は親子別居で、午後に室内飼育舎で同居というかたちになっています。突然の親子別居という事ではなく、この段階的別離という画期的な方法を採ってくれた、コビトカバ飼育チームに拍手を送りたい気分です。

そろそろ完全別離の時期なのでしょうけど、母親のエボニーは娘のコユリを疎んでいる気配は微塵もなく、2頭穏やかに暮らしています。これはエボニーがコビトカバとしては円熟期に入ってきたことと、コユリがおとなしい性格であるためかなあと素人的に思っています。





« ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)[Four-toed Hedgehog (African Pigmy Hedgehog)] | Home | ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)[Four-toed Hedgehog (African Pigmy Hedgehog)] »

comments

コユリちゃ~ん~♪

動物を飼育するって難しいんだろうな~と思います。
(゚▽゚*)コユリちゃん、大人しいんだ、
ママも育児が楽ってあるんだろうな~なんて思いますわ。

占い師mecha様

生き物相手ですからねー。おそらく日々試行錯誤なのだと思います。それに数年おきに担当動物が替わってしまうらしいので、新しく担当になった動物は一から勉強ということになるようです。

「おとなしい性格」と書きましたが、今日行ってみるとコユリちゃんは、母さんの背中に登ってはずり落ちるという行動を繰り返して、大ハシャギでした。

多分今日は寒くて外に出してもらえなかったか、出してもらえてもごく短時間だったのでしょう。それで元気があり余って、室内飼育舎で大騒ぎしていたのだと推定してます。もちろん母子共に上機嫌でした。

ニャホさん ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

膝痛 ほぼ完治されたのですね。。。
ε-(´▽`) ホッ

コビトカバ 本当に可愛いですね~~!
大~~好きです!
エボニー いいお母さんなんですね~(@^▽^@)ニコッ

マリア様

ご心配おかけしました。膝の痛みは平地を歩く分には感じなくなりました。ただ3ヶ月も足の不自由な人の歩き方をしていたためか、健常者の歩き方を体が忘れちゃってるんです(苦笑)。

エボニーは本当に立派な母親になりました。今日もコユリに優しくチュウをしていました。時には水中で自ら横になって遊んであげたりしてるんです。

コユリちゃんは姉のコウメちゃんと性格はかなり違うようなのですが、顔がそっくりになってきました。今日の2番目の写真なんかは生き写しと言っても良いほどです。年間300日もコビトカバと会っている私が言うのですから間違いありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)