アフリカヤマネ [African Dormice]
Sat.14.11.2009 Posted in アフリカヤマネ [African Dormice]
09-African Dormice-1113-1
「シャイなのは生まれつきです」

[☆生息域:アフリカ(サハラ南部~南アフリカ) ☆体長:6-8cm ☆体重:15-20g]

アフリカヤマネの尻尾はキツネのそれの様にふさふさとしていて、可愛らしさを倍増させています。



09-African Dormice-1113-2
「でもメシを前にすると目の色が変わります」
(まだ『食事チューです』などとは書かないから安心してくれ)




09-African Dormice-1113-3
「メシまみれ至福の時」




« ニホンモモンガ [Japanese dwarf flying squirrel] | Home | ショウジョウトキ [Scarlet Ibis] »

comments

あ、美味しそう

この色とりどりのメシってナンでしょう?
(゚▽゚*)まあ、メシまみれって、
これが納豆が主食だったらどえらいことになっちゃいますね~。
(^▽^)/なんつ~平和なことを考えてました☆

占い師mecha様

あー、餌の内容なんですけど、いつか何処かで(動物園の掲示か?)見てきて、書いたような記憶があるのですが、もうすっかり忘れました(←三毛猫病)。

何だか緑色の植物が入っているので、納豆の代わりにオクラを入れたのかもしれません。オクラ風呂というのは、聞いただけで肌に良さそうな気がしますね。

上野動物園ではアフリカヤマネの飼育公開場所は、あのヒメミユビトビネズミの隣なんです。で、その中間にしゃがみこみ、首振り人形のようになって撮影しています。

数日前の土砂降りの日には、小獣館内に私一人しかいなくて、絶好の撮影状況でした。でも1時間ほど撮影していたら、私の右後ろでカサカサ音がするようになってきて、不気味で退出してしまいました。まさかmechaさんが生霊を飛ばしたわけではあるまいな。ひゃーっはっは。

三毛猫病!ヽ(`Д´*)ノ

なんということを!せっかくいい傾向だから褒めようと思ったのに、意気消沈しました!そんなことだからメールがトンチンカンになるんですよヽ(`Д´*)ノ

でも、これはいい傾向です☆しっぽがふさふさが特にいい!こういう子が砂漠にいるなんてちょっと信じられませんが、いるのでしょう。

三毛猫さま

あー、すみません、今私の住んでる所が電気工事のため、午前1時から停電になるのです。ですからいつものように熟考の末の隙の無いレスが書けません。ぎゃはは。

アフリカヤマネの生息地は砂漠がメインではないような気がします。多分、雑木林のような所に棲んでいるんじゃないかなあ。

というのも、あのチャームポイントのシッポは砂漠に住んでいるヒメミユビトビネズミと較べて、暑さに対応出来ていないと思うんです。

三毛猫さんが8月の大阪でマフラーをしているのと同じような状態になると想像してしまうのです。あ、三毛猫さんは8月にマフラーしてましたね。してましたしてました。

こんばんは

やまねちゃんかわいいですね~(*´∀`*)
食べ方がとってもプリティーです♪

今朝 J-waveで上野動物園のエコな取り組みを
園長さんが話していました。
http://www.j-wave.co.jp/original/earthhumming/
にトーク内容が載っています。よかったら見てくださいね。
ますます行きたくなりました(*'-'*)エヘヘ

こんばんは!

メシまみれ!(笑)

僕は子供の頃、ヤクルトやオレンジジュースのプールで泳ぎたいと思ってました!(^o^)

ネコヴィッチ様

すみません、レス遅れました。あれこれ考えちゃってねー。

そ、それはともかくアフリカヤマネは可愛いです。暗いところで素早く動き回っているので、なかなかご紹介できませんでしたが、高感度カメラの購入でやっと登場してもらえました。

あの眼、あの耳、あの尻尾ですから、見ていてほほ笑まずにはいられません。


んーと、それから園長さんのインタビュー記事ですが、どうも……(←これがレスが遅れた理由)。

「上野動物園の楽しみ方」や「夢」については成る程と思うのですが………………(歯切れが悪い)。

えー、1ヶ月ほど前、サル舎(サル山)の向かって左にある大木が根元から伐採されました。カピバラ舎からホッキョクグマ舎の脇を通り過ぎ、カリフォルニアアシカ舎へ向かう急坂の木も全て切り倒されました。

これを見たとき私には声が出ませんでした。伐採の理由はおそらくホッキョクグマ舎の改修にあるようです。旭山動物園のようにプールの一部をガラス(アクリル?)張りにして、水中での様子が見ることが出来るようになるとの事です。

上野動物園としても苦渋の決断だったとは思います。しかし動物が生きていける世界の前提として樹木があるはずですし、何十年も生きてきた樹を伐採という手段ではなく、移植や設計変更という手段があったはずなのです。

現在あの急坂は工事のため通行禁止になっていますが、カピバラ舎の前を通るたびに忸怩たる思いがこみ上げてきます。

新しいエコの取り組みには諸手を挙げて賛成しますが、それよりももっと大切なのは、園内の樹木・植物の保全である事は私のタリラリ頭でも分かる事です。

ごめんねネコヴィッチさん、せっかくの情報を否定的な発言のために使ってしまって。許せ許せ。

おもちゃのひろくん様

私が子供の頃、日本の女流漫画家の草分けとも言える上田トシコ先生という方が、シュールなマンガを書かれていて、その中に巨大なグラス(カクテルグラス?)にメロンソーダを満たし、泳ぐというシーンがあったように記憶しています。

この上田トシコという人は、もっともっと評価されてもいい様に思います。男は手塚、女は上田と言っても過言ではありません。

いつか私は金まみれでも女まみれでもなく、コビトカバまみれの生活がしたいです。あっ、私の儚い望みはともかくとして、おもちゃまみれの生活をしている人がここにいた!

こんにちは

いえいえ、貴重な情報をありがとうございます。
サル山の左って大島桜の木ですか!?その木だったらとてもショックです。あれは春に見たときに見事な花を咲かせていて写真にも撮りました。

私はたまにしか行かないので動物園の詳しい所までなかなか見られませんが、ニャホさんは毎日行かれているのでよくわかっていると思います。ラジオやテレビはほとんどの視聴者が内容を受け入れてしまうから私も聞いたときは「へぇ~」とか「色々考えているんだなぁ」とかしか思いませんもの。でもニャホさんの意見を聞くとなんだか残念ですね。私もニャホさんのように動物園にかよっていたら同じ意見が出るかもしれません。何十年も園内の空気をきれいにしてきた木を伐採するなんてかわいそうです。ほんと、移植ということは考えなかったんですかね?

否定的なんて思っていませんよ~むしろそういっていただけたほうがすっきりします。ありがとうございました。動物園自体色々考えているのでしょうが、「エコな取り組み」を前面に出したいのであればもう少し考えた取り組みもしてほしいですね。

うちは幸せなのかも・・

木がぼうぼうに生えて、もうジャングルみたいになってるのに一向に伐採しないでその間を潜り抜けるように出てくる向かいのばあさんがいるのですが、彼女が元気な理由は木にあるのかもしれません。虫はもちろん鳥も蛇も山盛りなのに。

あんまり快適で便利っていう環境はよくないですよ。てきとーに不衛生で不便でないと知恵が働かないし体がなまります。

ネコヴィッチ様

あ~、あの桜の樹に1本奥側だったと思います。坂に入る直前の木です。根元から切られていたので、樹木にうとい私には種類が分かりませんでした。

上野動物園の入場者数はジャイアントパンダが亡くなってから減少の一途をたどっているとのこと(それが理由かは確証無し)で、それを食い止めるためにホッキョクグマ者の改修工事が浮上したのかも知れません(これも確証無し)。予算の都合もあるので費用がかかる移植はボツになったのでしょうね(←推論の屋上屋)。

もちろん水中のホッキョクグマの泳ぎを見学できるようになるのは素晴らしい事なのですが、何かが間違っていると思います。

ぶっちゃけ (この言い方は死語ですか)、入場人員増をはかるのだったら「雨の日だから動物園へ行こう」という企画をネットで募集したらよいのです。今日なんか3時50分に入園した私が園内で見た見学者は8人だけでした。

一般公募して取るに足らない案ばかりだったらボツにすればよいし、賞品・賞金なんかいらないのです。好きな動物にエサがあげられるとか、休園日に行われるらしいゾウの園内散歩に同行とか、その程度で充分なんです。

動物園のメールマガジンで募集するだけだったら、費用はホント掛からないんすけどねえ。

三毛猫さま

わはは、それはリアル山姥です。きっと4000年くらい生きてます。虫と鳥と蛇を生で喰っているに違いありません。

まあウチもヒト事じゃないんすけどね。10年位前にエアコンの調子が悪くなって、部屋が暑くてしょうがなくなった時に、ホームセンターで安いスノコを半ダース買ってきて、屋上に敷きました。

それは当然、ほとんど暑さしのぎにはならず、撤去するのも勿体無い&面倒くさいので、そのまま屋上に放置しました。特別、防腐措置も講じなかったので、現在はボロボロブスブスグズグズの木の残骸になっています。

不衛生なのか不便なのか全然分かりませんが、知恵が回らなくなっていることは確かです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)