キンムネオナガテリムク [Golden-breasted]
Tue.13.10.2009 Posted in キンムネオナガテリムク [Golden-breasted]
09-Golden-breasted-1003-1
「胸いっぱいの希望」

[☆生息域:北東アフリカ ☆体長:31-38cm ☆尾長:29-35cm ☆体重:1.0-1.6kg]



09-Golden-breasted-1003-2
「尾羽の先までの悔悟」




09-Golden-breasted-1003-3
「これ全て煩悩じゃて」




« オオフクロウ [Brown Wood Owl] | Home | フサオネズミカンガルー [Brush-tailed Rat Kangaroo /Brush-tailed Bettong] »

comments

ラブリーだなぁ・・・(゚▽゚*)

目のふちがメジロのような白さですね♪
(=^∇^)ノアフリカの鳥なのかー。
生息地が熱帯なのか?亜熱帯なのか?ですが、
(いつもながら意味不明なコメントだなぁ)
色合いが赤系統が入ってないので、
(^▽^)/割りと地味っぽくて良いですね・・・。
(え?これで・・・とか言われそう)

占い師mecha様

キンムネオナガテリムクの生息地は、ソマリア・エチオピア・ケニア・タンザニアとのことで、エチオピアを除けば中央アフリカと言えなくも無いです(なんのこっちゃ)。

ケニアに沢山いるらしいのですが、ナイロビの年間平均気温は17℃とのことで、熱帯に棲む鳥というべきかは判断できません。

地味っぽいか派手かは、これまた判断に迷うところですが(笑)、色調がブルー系なのでシックな印象を与えるのかも知れません。

ただし胸のあたりを眼前に突きつけられて、これでもこれでも地味か、と問われたならば否定するしかありませんね。

わぁ!きれいですね。
お腹が見えるのと見えないのとでは、まるで別人なんですね!

お腹が見えなくても、きれいだから目立つと思うわ!
したがって、派手だと思います。

かめこ様

キンムネオナガテリムクは美しい鳥ですね。それに異存は無いのですが、写真でもお分かりのように、正面から見た顔が「チビ太」そっくりなんです。

ですから、真正面からは割烹着を着たチビ太に、背後からは舞踏会にお出ましの貴婦人のように見える、ニクイ奴なのです。

キンムネオナガテリムクがベルサイユ宮殿の舞踏会に出席していたら、なかなか派手な事になっていたと思います。

テリムク

ド派手な小鳥ですが、ネーミングがねぇ~もうちょっとどないかならんかいなと思います。

キンムネ=金胸、オナガ=尾長・・はわかりますが、テリムクの意味がわかりません。みたまんま名づけるなら最後までそうしてもらわないと、几帳面な典型的A型の私は納得いきません。完璧こそ美です☆へへっへ~~

三毛猫さま

テリムクはおそらく「照椋」であると思われます。椋鳥の一種ですからね。これで完璧! うふふ。

しかし依然ご紹介したライラックニシブッポウソウはどうしてライラックの和名の「ムラサキハシドイ」を頭につけてムラサキハシドイニシブッポウソウにしなかったのでしょうか。

神奈川県に「たまプラーザ」という鉄道駅がありますが、一時期日本の歌謡曲で流行った、曲の途中で歌詞がいきなり英語になるという恥ずかしさを感じます。

昔のゴルファーの泉川ピートは本名だから仕方ないですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)