オグロヅル [Black-necked Crane]
Fri.24.07.2009 Posted in オグロヅル [Black-necked Crane]
09-Black-necked Cranes-0720-1
「好き嫌いをしてはいけません」

[☆生息域:インド北部(カシミール)・チベット・ブータン・ベトナム・中国  ☆体長:約125cm 体重:5kg~7kg ☆絶滅危惧種]





« アルパカ [Alpaca] | Home | 緊急コビトカバ速報 2 »

comments

微笑ましい写真ですね。
オグロヅル親子ではこのシーンを見たことがあるのですが、マナヅルのほうは見た事が無いのです。
たまたまなのか、ちゃんと面倒を見ていないのか少し心配になります。

カミナリが鳴ってます~

いや、こちら方面でですが(-Q-)

ツルって、親子の情は豊かなんですかね?
親がアホじゃなくて~子供ツルちゃんを
ちゃんと看てあげてることを祈ってます♪

( ̄□ ̄;)今日は暑かったです。
カミナリ鳴ってスコールで少し過ごしやすいかな。

えれあ様

ああキマリが悪い、恥ずかしい。コビトカバとヒガシクロサイとマダガスカル館で西園から動けなくなっていたところへ、えれあさんのブログのバックナンバーを拝見させてもらっていたら、

http://erea.blog.so-net.ne.jp/2009-07-11

オグロヅルの雛が登場していたので、あせって(ツルは成長が速いから)撮って来たものなのです。

私が行った時にはマナヅルもかいがいしく世話をしていましたよ。けっして継子扱いでは無かったです。

数日中にオオワシの写真をアップしますが、これは真似したものではなく、出し忘れていた写真です。 本当です(笑)。

占い師mecha☆様

この2・3日東京もずいぶん雨が降りました。でも涼しくなるどころか、かえって蒸し暑くなったような気がします。

本格サウナで焼いた岩石に水をかけて蒸気を発生させる、あの原理と同じになっています。若い頃、「夏は暑ければ暑いほど良い」などとホザいていたのが、遠い昔に感じます。もう早く大晦日になって、ダウウンタウンの「笑ってはいけない○○○シリーズ」を震えながら見たい気分です。

ツルが他の鳥と比べて親子の情愛が深いかどうかはともかく、雛の頃は人間も顔負けの愛情の掛け方をしています。

以前紹介したタンチョウヅルの母子の動画がその証拠です↓
http://paraparadisezoo.blog20.fc2.com/blog-entry-679.html


、ね。

こんばんは~(*'-'*)

お久しぶりです。上野動物園に行きたくて仕方がないのですが
なかなかわかばちゃんのお休みと都合がつかずいけません。
コユリちゃんも見に行きたいし、マダガスカル館も見に行きたいのに・・・。
私のブログでも書きましたが。引越しすることになりました。
来月には必ず、上野動物園に行きますのでまたお付き合いください。
そのときに詳しくお話しますね。

ネコノキモチ様

実はさっきそちらに伺って、ショックを受けていました。しばらくミルクちゃんには会えなくなるなあ~。

でもご両親様は大の猫好きでいらっしゃるので、安心ですね。猫たちにとっても、あの選択がベストでしょうね。

何よりネコビ夫妻が大事な青春期を共に暮らした戦友たちとの別居ですから、他人がグチグチ言う事じゃなないすよね。永遠の別れという事ではないので、また元気な彼らと彼女を登場させてくださいね。

動物園見学はいつでも出来ますから、ネコビ一家の健康と、引越しのテンヤワンヤのあんばいを計って、ゆっくり出掛けましょうや。

こんばんは!

この雛がオグロヅルの雛なんですか?
だんだん毛が黒くなって、頭が赤くなるんですね~(゜o゜)

おもちゃのひろくん様

鳥類でも特にツルの仲間は成長が早く、生まれたその日に歩き出すそうです。

背丈はあっという間に大きくなるのですが、模様というか体色はそのあと1年以上かけて成長に近づいていくようです。

そういえば、ツルの赤ちゃんはみんなこの色ですね。保護色なのかなあ? 何となくこのほうが美味しく見えてしまいそうですけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)