コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Wed.15.07.2009 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
09-Pygmy Hippopotamus-0714-1
「命がけでこの子を守ります」
                          (14日撮影)

[☆生息域:ギニア・コートジボワール・シエラレオネ・リベリア (西アフリカの密林) ☆体長: 150-180cm ☆体重: 160-270kg ☆絶滅危惧種]


かうぞうさんのブログ「no fun,no life」でエボニーの子育ての様子がご覧になれます。



« マダガスカルオオゴキブリ [Madagascar Hissing Cockroach / Madagaskar-Fauchschabe] | Home | ハシビロコウ・マニア 91 »

comments

こんばんは。相方でございます。世界のロイター通信で配信された親子、動物園からの公式発表もあり、まずは一安心ですね。「命がけでこの子を守ります」のタイトルいいですね。少々乱暴な子別れの時までエボニーは守り続けるのでしょう。いや、たいていの動物はそうなのでしょう。そこにいくと人間は・・・なまじ頭がイイというのも考えもののようですね。いよいよ夏休みと「夜の動物園」が近づきましたね。親子の「残業」がちょっとばかり心配です(私はツール・ド・フランスで寝不足が心配)。

わっ今「no fun,no life」を閲覧させてもらっていたところでしたので驚きました。

現在までエボニー赤ちゃんの公開から皆勤賞です。クレイジーです(笑)。公式発表、やっと出ましたね。何だか分からないけどほっとしました。名前が決まるまで発表しないのかと思い始めてましたもん。


「夜の動物園」の企画は素敵なのですが、コビトカバ舎とヒガシクロサイ舎だけは時間制限を設けてほしいです。それと、夏休み期間中。世の親というものはエボニーを見習って、子供をちゃんと教育してほしいです。
あー、不安心がつのります。

私は仕事が夜勤なので、どうせ「夜の動物園」企画には参加できないので、ガオー! とか言いながらその辺を走り回る事しかできません。

認証コードが一致しませんでした。

かうぞうさんのブログにコメントさせてもらおうとしたのですが、認証コードが一致しませんでした。。。がっかり。。何度もやって疲れましたぁ~。
ニャホさん、夜勤ですか?休んで一緒に動物園にいきましょうよ~~ナマ赤ちゃんみたいです!

確かにワタシの寝る時間ですね↑

なので~そんな深夜(朝がた)に大変お疲れ様です。
あはは、可愛いですね・・アジサイってまだ決ってないか。
いつ、離れ離れになるのか?心配ですが・・。
(^▽^)/午後から出稼ぎへ行ってきまーす。

ご紹介にあずかりました

かうぞう本人でございます。相方(オット)が先にお邪魔させていただいておりました。
文中でのご紹介、ありがとうございます!とはいえ、私のブログはコチラのような動物オンリーではなく音楽やら本やら自分の興味のおもむくままの「ごった煮」のようなブログなので、お越し頂いたのに「あれ?コビトカバは・・・?」と思わせてしまうかもしれません。

>三毛猫さま
せっかく拙ブログにコメントを入れて下さろうとしたというのに、認証コードが一致しない、とは・・・。すいません、ほんとにすいません!これ他の方にも(その方はcocologユーザー)にも指摘されたことがあるのですが、原因が私の方でもさっぱりわからないのですよ、とほほ。本当にすいませんが、よかったらニャホニャホさんのとこを伝言板に使わせて頂いてコメント頂戴できると幸いでございます。(って勝手に使わせてもらってすいません!)

この前の私らが見た時といい、子を思う母は強しというか、母の愛は海よりも深しですね。
そう、うちの相方が書いたように、母と離されたコウメが悲痛な声で鳴いているのを思い出しました。せめて一緒にいる間は十分に甘えて、愛されていたこと、大事にされていたことを覚えて、いつか母となった日に思い出して欲しいと思います。

長文コメント、失礼しました。(1本、記事になりそう 苦笑)

三毛猫さま

確かにソネットのブログにコメントするには、ちょっとコツがいりますね(笑)。 おそらく小文字と大文字の関係と「0」(ゼロ)と「O」(オー)の塩梅が上手くいくと投稿できるのでは、と思います。おそらくスパムコメント対策なんじゃないのかなあ。

えー、仕事は休めませんが(私よりさらに老人の同僚が死にます)、いつでも動物園には行けます。動物園の見学終了時間の4時半頃に早退になりますけど。

いつでもいらっしゃってください。


占い師mecha様

い、いえいえ私はそんな働き者じゃないです(笑)、夜10時半には家に帰ってきています。 それから写真の整理とか加工とかしているの。

名前は今日現在(7/15)まだ発表されていません。分かり次第お伝えしますです。

コウメちゃんは約7ヶ月で親離れしました。ただしくは「させられました」ですけど。ですから6月22日に生まれたこの赤ちゃんは、来年早々には別離の時がくるものと思われます。

そのときコウメちゃんが、あの優しいモミジ姉さんの役割をしてくれるといいなあと思っています。

かうぞう様

オット様・オク様お二人のコメント、恐悦至極でございます。ありがとうございます。ぜひぜひ伝言板代わりに使ってもらいましょう(笑)!

いやいや、スガシカオとコビトカバが同一の地平で語られているから素晴らしいのですよ。ギャハハ。
私は自分の方から初対面の方に話しかける事はとても出来ないタイプの人間なのですが、今度上野動物園で自転車に乗るときのズボンの裾を留める、あの何とかいう金具をつけたカップルを目撃したら、勇気を振り絞ってお尋ねするつもりです。

んー、エボニーの母性愛には感心する事仕切りなのですが、母娘に興味を示すコウメちゃんに対して、物凄い威嚇をするんです。コウメちゃんは、いつも柵のそばからテケテケ走って逃げて、ションボリしてます。 まあ、これが自然の本能ってやつなのでしょうね。

いずれコウメが今度の赤ちゃんとモミジ姉さんとのような仲良し関係を作ってくれることを祈ります。

う~む

>コウメちゃんに対して、物凄い威嚇
エボニー母さんの威嚇は、そんなシチュエーションでありましたか!
なるほど。
母子の間に入ってしまうと、コウメに嫉妬心が湧かないともとも限らない。
であれば、近寄らせないことで興味を制限させておけば、
アジサイが親離れさせられたとき(涙)、コウメ姉さんとして優しく接してくれる。

ああ、なんと都合のよい勝手な解釈。
でもそれで、なぜかついつい心配してしまう『先の別れ』に光明を見出すことができるので、

どうかニャホさん『なるほどsyugyousouさん、あなたの解釈は正しい!』と言って下さい。
・・・
ついでに『あなたは嫁さんより偉い!』と言って下さい。

syugyousou様

うふふ、それって室生犀星の『あにいもうと』じゃないすか? とんだところで文学青年を露呈してしまいましたね。わっはっは~。

たとえ3年前に自分が産んだ子とはいえ、親離れしたら他人(=一人前)との認識の上での行動であると思います。

syugyousouさんの見解が正しいかどうかは、来年早々に検証できると思います。 ちょっと気がかりなのは、コウメちゃんは1月生まれで寒さから身を守るために、ずっと室内飼育舎で育っていたので、エボニーvsモミジというシーンは見ずに育った事です。

ですからエボニー母さんの目論見(?)が成功するかどうかは私には分かりません。

それと、コホン、夫婦というものはプロレスにおけるタッグ・チームのようなもので、チームとしての評価がすべてであります。妻と夫のどちらが偉いかというような質問は、右目と左目のどちらがエライかとおっしゃっている様なものです。へっへっへー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)