スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーストラリアハイギョ [Australian Lungfish (Queensland Lungfish)]
Sun.29.03.2009 Posted in オーストラリアハイギョ [Australian Lungfish]
09-Australian Lungfish-0318-1
「私は非喫煙者ですが……」



09-Australian Lungfish-0318-2
「一服は欠かせません」

[☆生息域:オーストラリア ☆体長:最大150cm ☆体重:最大約43kg]




« ニシツノメドリ [Atlantic Puffin] | Home | ゼニガタアザラシ [Harbor Seal] »

comments

ワタシも非喫煙者ですが

「たまの飲酒」は欠かせません。
(T^T)え?たまの?・・・たまです。

( ゜ー^)pこのハイギョって
ハシビロコウが食べる餌ですか?

今日は夕方までパソコンが開けられず
ヾ(・◇・)ノ携帯からなもので
後から動きを拝見します♪

エサまで出てくる極楽ブログ~♪

今大学にいます。勉強に疲れたから(疲れるほどやってないけど)きました~☆
こんにちは(^_^)

ハイギョ、知ってましよ~H鳥のえさです、えさ。エサまで出てくるなんて、ほんと極楽ブログですわ~ここは。あっははは☆

ちなみに保育園ですが、毎日毎日誰かがプレゼントをくれたり泣いたりしてくれます。ありがたいのですが、本音を言うともうほっといてほしいんですよ・・。保育園をやめるハメになったのは私のセイなのですから、しょうがないじゃないですか。ねぇ?やめたくてやめるわけじゃないのに困ります。見送られすぎちゃって。。

だから明後日の最終日は早退して裏門からこそっと一人で帰ろうと思っています。やっとひとりぼっちになれると思うとわくわくします(^o^)

占い師mecha☆様

この魚はオーストラリアにいる魚なので、ハシビロコウが食べているのとは違う種類のはずです。

逆に言えば、ハシビロコウがアフリカで絶滅しているのならば、オーストラリアで繁殖が可能かもしれませんね。

このオーストラリアハイギョは魚類では珍しく愛嬌のある顔・動きをします。もう少し小さければ、ペットとして飼う人が大勢いたはずです。

ハシビロコウももっと小さければ、世界中に広まっていたでしょうね。ロシアでもタヒチでもペルーでも赤羽でもカパカパ音が響き渡っていたはずです。

三毛猫さま

餌、というか獲物ですね。動物園では肺魚は与えていないようです。

皮肉な事に上野動物園では、ハシビロコウ舎とオーストラリアハイギョのいる両生爬虫類館が至近距離にあるのですが。

保育園はおやめにならずに、リス園だと思って勤められたらいかがでしょうか。リスも園児も大して変わりありません。同じ脊椎動物の哺乳類です。トウモロコシを食べる姿なんぞは、もう齧歯類としか思えません。

ただ
「やっとひとりぼっちになれると思うとわくわくします」
というお気持ちは分かります。私は半年くらいでしたら、誰とも口をきかずにいても平気です。

熱帯魚飼育者の間では「ネオケラ」と言った方が通るかもしれません^^
何度か30cmくらいの子を見たことがありますが、顔が可愛いんですよねvv 
最大サイズもお値段も可愛くありませんが^^;
最大サイズ、一度見てみたいものです(笑)

綾さま

あ、愛好者はネオケラと呼ばれてるんですね。これは学名のNeoceratodus forsteriの事ですね。学名が愛称になっているのは珍しいと思いますが、熱帯魚飼育者間では当然のことなのでしょうか。

顔、かわいいです(笑)。なんか肺呼吸をしているせいか、脳が地上で生きている動物に近いような気がします。

上野にいるオーストラリアハイギョは、体長1メートルくらいかな。あの大きさではハシビロコウの胃袋には収まりそうもありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。