エゾヒグマ [Yezo Brown Bear]
Thu.19.03.2009 Posted in エゾヒグマ [Hokkaido Brown Bear]
09-Yezo Brown Bear-0317-1
「誰かテディベアとして雇ってくれないかなあ」




09-Yezo Brown Bear-0317-2
「ストレッチだって出来るんです」



09-Yezo Brown Bear-0317-3
「お安くしときまっせ~」

[☆生息域:日本(北海道) ☆体長: 155-240cm ☆体重: オス 160-360㎏ メス: 150-230㎏]




« ユリカモメ [Black-headed Gull] | Home | ハシビロコウ・マニア (特別篇) »

comments

ティディベアとしてはなぁ・・・

エゾヒグマはデカイしなぁ~~(半分マジ)
・・ヾ(・◇・)ノしかし、
見ているぶんにはクマは可愛いですよね~。
でも、ホントにデカイんでしょうね?
(^▽^)/3枚目のフォトは浪花の商人のよ~でグーですね♪

占い師mecha様

エゾヒグマはデカイです!! ニホンツキノワグマと比べると大人と子供の差があります。実は彼らは日本最大の動物なのです。

クマ一般に言えることかもしれませんが、彼らはとてもよく笑うんです。現在は害獣として駆除の対象になっていますが、何とか共存の道を探せないものでしょうかねー。

も1回彼らの子供の頃の写真を見てやってください↓
http://paraparadisezoo.blog20.fc2.com/blog-entry-235.html

_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!

ニャホさん (*^ー゜)ノ コンニチハ☆

〃^∇^)o_彡☆あははははっ  このもみ手が
いいですね。。。
大うけです。。。

マリア様

ポンとポロのエゾヒグマの兄弟は、まだ子供のせいか動きがユーモラスなんです。体はもうこれ以上成長しないでくれと思うほど大きくなっていますが。

いつかふたりともお嫁さんをもらって可愛い仔を見せてもらいたいと思っていますが、何しろ駆除の対象なので、見通しは暗いのです(涙)。同様の境遇にエゾシカのトンちゃんがいます↓
http://paraparadisezoo.blog20.fc2.com/blog-category-64.html

もみ手が

かわいいですね。
でもヒグマはちょっと・・・やばいじゃないですか。

てんてん様

動物園の安全な位置から見学するかぎり、彼らはよく笑い遊ぶ事が好きなおとなしい動物ですね。彼らの母親は「駆除」されてしまったのですが、これは明治以後の盲目的な西洋文化の受け入れで、ニホンオオカミを絶滅させてしまった事に原因があるのだと思っています。

つまり人間のせいで生態系の頂点にいたオオカミがいなくなってしまったので、エゾヒグマやエゾシカが増えてしまったのです。そして何の罪も無い動物達が虐殺されるというわけです。

あ、すいません、演説ぶっこいてしまいました(笑)。動画を見れば、本当は優しい動物だということが分かっていただけると思います↓
http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/0212_07/index.html
もひとつ
http://www.tokyo-zoo.net/movie/information/0604_01/index.html

オオカミ

昔はオオカミって、日本ではありがたい存在のはずでしたよね。
生態系を守るのって、難しいなあ、と思います。
ところでオオカミって、ヒグマも食べるんですか?

エゾヒグマというと

どうしても登別クマ牧場を思い出してしまいます。
彼らは凄い!
客から餌をもらうために、他のクマがしないアピール方法を考案します。
片手を挙げて『こっち、こっち』
頭上で両手を合わせて『お願い』
岩にもたれてふんぞり返り『おっ!ここ、ここ』
客は夫々好みのポーズに向かって餌を投げる…。
今度行ったら、きっとまた別のポーズを取っているに違いありません。
奴らは、私と同じで狡賢いことこの上ありません!

てんてん様

あーそうですね。いくら生態系の頂点にオオカミがいたとしても、この巨大なエゾヒグマに襲い掛かるとは考えにくいですね。まあ、赤ちゃんや年老いた個体などをグループワークで標的にした可能性はあるかもしれませんが。

秩父の三峰神社ではオオカミ=大神として祀られていますね。何しろニホンオオカミを絶滅させたしまったのは、大きな失策であったと思います。

このブログでも何回か紹介させていただきましたが、拙HPでニホンオオカミを扱ったことがあります↓
http://tokyosightseeingguide.web.fc2.com/weekly-tokyo51-06-01-1.htm
よろしくよろしく。

syugyousou様

syugyousouさんが「おもろうてやがて哀しき……」とおっしゃらないのですから、これは相当楽しい施設なんだろうなと 推察できます。行ってみたいなあ。

クマは怒らせたり飢餓状態にしない限り、臆病な心優しい動物だと思います(まあ、動物全般に言えることですが)。

次回syugyousou さんがクマ牧場を訪れる折には、きっとひも付きの木彫りの鮭を作って持って行き、クマのルアー釣などをなさるのだと思います。たぶんエゾヒグマより狡賢さでは上だと思います。ううっクマが可愛そうだあ。


ニホンオオカミ

ニホンオオカミも、袋オオカミも、絶滅してしまったのは残念ですよね。
あと、オオウミガラスとか、ステラーカイギュウとか。

HP拝見しました。
久しぶりに上野の博物館に行ってみたくなりました。

てんてん様

「人類はダメだった種」という説が科学者の中から出ているようですが、残念ながら肯定せざるをえませんね……。

考えてみたら「牧畜」ということだって、自分がその身ならとんでもないことですもんね。とにかく人類は増えすぎだし強欲すぎ!!

まー、早晩絶滅(自滅)する動物なのでしょうなあ。

牧畜

そうですね。最初っから殺される運命なんて、いやだー。

農業が最も環境破壊、とかいうのも聞いたことがあるのですが。

てんてん様

動物の飼料にするため畑を作る必要に迫られ、やたらめったら開墾をして森が減るということでしたら、「農業が最も環境破壊」の元凶は食肉ですね。

穀物の間接消費(人に供給されるべき穀物が牛や豚に供給され、その動物を人が食べる)の非効率さに、人類はとっくに気がついているのに、どうにもならない。

挙句の果てに肉骨粉を飼料に混ぜて牛に共食いさせ、狂牛病を発生させてしまうところまで行き着いてしまいました。資本主義でも何でも良いのですが、もう少し何とかならんものか。このままでは自分で自分の首を絞めているようなものです。

無分別に西洋文化を受け入れる事が“格好良い”と感じるのは、明治維新前までの日本人には、とても考えられなかった状況がでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)