アフリカヘラサギ [African spoonbill]
Mon.09.02.2009 Posted in アフリカヘラサギ [African spoonbill]
09-African spoonbill-0207-1
「ウチワもめ」




09-African spoonbill-0110-2
「センスないなあ~」

[☆生息域:アフリカ中部以南・マダガスカル ☆体長: 約90cm ☆体重:約1.8kg]




« ジェフロイクモザル [Black-handed spider monkey] | Home | ニワトリ(トウキョウ シャモ) [Chicken] »

comments

∩・∀・)こんにちは~

ばっちり、うけてしまうのは親父だからなんでしょうか?
やっぱ、ニャホさんは面白いです。

へんな口・・

へんな口です。これがほんとの「ヘラずぐち?」うあはっは☆
(自分でウケました)

うちわもめ

(^ー^)(^ー^)(^ー^)×3=オモシロい。
イソップ物語のツルと狐でしたっけ?
口ばしでスープを飲めない話を思い出しました(=^∇^)ノ

こんばんは!

靴を履くときに便利そうな鳥ですね!(笑)

・・・「しゃもじ」にもなりそうです!(^o^)

筋肉料理人さま

ご来園ありがとうございます。

大丈夫ですよ~、筋肉料理人さん-。
洒落・語呂合わせ・地口・掛け言葉などがイコールで「老いて笑いの感性が鈍くなった事」とすると、マルクス兄弟の喋りのギャグやジョン・レノンの歌や、いつまでも流行り続けているラップなどはすべて唾棄すべきものになってしまいます。

駄洒落にも1級から5級以下まであるのが理解できる感性を保ちつつ、齢を重ねて行こうではありませんか。うひゃひゃ。

三毛猫さま

うふふ。☆2つあげます。あ~よかった、フェラず口とか言われないで。

関係ないけど「へらちょんぺ」という芸人さんと一緒に働いていた事があります。

占い師mechaさま

イソップ物語のツルと狐でいうと、アフリカヘラサギは皿に入れたスープも細口ビンに入れたスープも飲めそうにありませんね。かわいそうだあああ。

そのかわり今川焼きは一番食べやすそうです。

おもちゃのひろくん様

確かにしゃもじになりそうです。おコゲをこそぎ落とすのに具合が良さそうです。

海外にはいろんな物があって、ゾウの足を切り落としたイスなんかもあるようです↓
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091112021042.html

∩・∀・)こんにちは~

>フェラず口
流石!!

スプーン

一体、何を食べれば、こんな口になるのでしょうか。

英語だと、spoonbillなんですね。
ハシビロコウは、shoebillですね。

筋肉料理人さま

いやいや「東大阪の爆弾娘」さんには2リットル事件、小女子事件等の数々の伝説があり、一瞬肝を冷やしたのです。

てんてん様

これは「ニワトリが先かタマゴが先か」に似たような問題になってしまうのですが、何かを食べたのでこのような口になったのではなくて、この口で泳ぎ回り水中にクチバシを突っ込んで捕食するらしいのです。

まあ、人間でも「何を食ったのでそんな顔になったのか」よりも「そんな食い方をするから、その様な顔になった」と言えるんじゃないかと……(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)