タテガミオオカミ[Maned wolf]
Wed.21.01.2009 Posted in タテガミオオカミ [Maned wolf]
09-Maned wolf-0117-1

「やさしいオオカミ再び」


06年11月にシリウスが死亡し、タテガミオオカミがいなくなってしまった上野動物園に(記事 06/11/17)、ドイツのライプツィヒ動物園から3歳のオスがやってきました。何となく同じタテガミオオカミでも骨太な感じがします(名前が同じと言っても曙太郎と矢部太郎ほどの差はありません)。しかし優しい顔立ちは、やはりタテガミオオカミの特徴を現していました。


09-Maned wolf-0121-1

「ドイツの思い出を埋めています」


[☆生息域:ブラジル中央部/南部・パラグアイ・アルゼンチン北部 ☆体長:95~132cm 尾長:28~49cm 体重:20~26㎏ ☆絶滅危惧種]


本日より「絶滅危惧種」の表示を始めます。



« コウカンチョウ [Red-crested cardinal] | Home | 口之島牛(くちのしまうし/日本在来牛) [Kuchinoshima Cattle/Domestic Cattle] »

comments

オオカミですねー♪

「絶滅危惧種」の表示・・・は悲しいけど、
もう、少ない動物がたくさんいることを思えるので、
かなり勉強になります(^ー^)p

・・・ということはハシビロコウも??

タテガミオオカミ、イヌ科でしたっけ?
オオカミなんだな~と思うとちょっと嬉しい。
ニホンオオカミが絶滅しているしとかね。

今流行の

「草食系男子」というイメージだなーと思ってたら
実際、果物を多く食べるんですね!!
面白いです。

占い師mecha様

絶滅危惧種にも色々段階があるのですが、ここではシンプルに記載する事にしました。

彼らはいわゆるオオカミ(タイリクオオカミ等)と同じでイヌ科ですが、上野動物園によると
「オオカミに容姿が似ているだけで、実際はオオカミではなく、どちらかというとキツネにちかいなかまです」
とのことです。

ひどい言い方をすれば「なんちゃってオオカミ」なのかも知れません。ただし彼らは最高時速90キロで走れるそうで、おとなしい顔して、秘めたる実力を持っている、実に格好良い生き物です。

デロリ・デロリックス様

数年前、彼らについて何も知らない頃、タテガミオオカミ舎の前を通りかかると、ケージの中で飼育員さんが金網に肉をぶら下げていました。

周りにはタテガミオオカミがウロウロしていました。
「ひゃ~、怖くないんですか」
と尋ねると
「タテガミオオカミは普段は果物なんかを食べていて、動物はニワトリくらいしか襲わないんですよ」
と教えてくれました。

ちなみに名前に付いてる「タテガミ」とは首の後ろあたりの黒い毛をさすとのことです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)