ブラッザ グエノン(ブラッザモンキー) [De Brazza's Guenon]
Sun.11.01.2009 Posted in ブラッザ グエノン  [De Brazza's Guenon]
08-De Brazza's Guenon-0109-3

「母の愛は無条件」

[☆生息域:アフリカ中央部 ☆体長:オス約55cm メス約45cm 尾長:オスで約70cm メスで55cm 体重:オス約8kg、メス約4.5kg]



« ルリゴシボタンインコ [Fischer's Lovebird] | Home | ブラッザ グエノン [De Brazza's Guenon] »

comments

あ、べろべろがない!

これがグエノンの赤ちゃんですね☆
全然違う!ニホンザルの赤ちゃんのようです。口のしたのべろべろがありません。色も違うし可愛い~~!

単位を落とした動物行動学で学んだのですが、動物の赤ん坊が可愛いのは、同種から危害を加えられなくするためらしいです。いのししの点々やバンビの点々は「これは子供だから襲っちゃいけない」って言う印だそうです。

だから親と同じ姿で生まれてくる動物は同種に身内を攻撃する習性がないか、いっぱい生んで何人かは死んでも構わないという種類だそうですよ。

人間は赤ちゃんを大人とは違う形でちょっとしか生まないのに同種で攻撃(時には親が)するのはおかしいですね~まぁ、生意気なクソガキもいますが♪(音符の意味はわかりませんが 爆)

三毛猫さま

前回の写真がお兄ちゃんのグエノンですから1年8ヶ月で顔にヒゲ上の毛がほぼ完成してるんですね。

父親もお兄ちゃんも知らん顔なのに、母親の可愛がりよう、世話の焼きようは大したもので、赤ちゃんを抱きしめて見学者に背中を向けているんです。それで撮影に手がかかりました。

「赤ん坊が可愛いのは、同種から危害を加えられなくするため」ですか。うまく出来てるもんですなあ。赤ちゃんがいるのを充分承知で戦争が出来る人間は、動物失格ですね。

この赤ちゃんも

(××)ξお母さんみたいに変った顔になるんですね~。
しかし、お猿さんには・・・
色々な猿種(人種に対して)がいるんですね~。

さるるるる・・・五味太郎の絵本の名作を思い出します。

占い師mecha様

アバウトな言い方をすれば、だいたい1年くらいで、ひと目でブラッザグエノンっぽくなってくるみたいです。まー赤ちゃんは本当に可愛いです。

おっしゃるとおり、おサルさんでもゴリラやオランウータンのような人間より頭の良さそうな種や、ワタボウシタマリンみたいにゼンマイ仕掛けのお人形さんみたいな種もいますね。

またまたアバウトな言い方になりますが、ブラッザ グエノンくらいがちょうどいいサル具合な感じがします(笑)。

日本モンキーセンターのホームーページをちょこっと覗いていただけませんでしょうか。おサルさんにもこんなに種類があるんです。↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/index.html

同じです

上のリンク、拝見しました。忙しいのに全部見ました。あ~忙しい・・(笑)
トクモンキーとバーバリマカクは同じですよ。はてな・・?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

三毛猫さま

全部見たんですか~(笑)。

私には別のサルに見えます。トクモンキーは大正時代の紳士のような髪型ですし、バーバリーマカクは春風亭小朝のようです。まさに金髪猿野郎です。

管理人のみ閲覧できます様

ありがとうございます。

天才といっても色々な種類があります。イチローは野球の天才、明石家さんまはフリートークの天才、ルパンは泥棒の天才。

管理人のみ閲覧できます様が「8」の天才でない事を祈るばかりです。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
今年も仲良くしてくださいね!

今回は挨拶回りだけですが、ぼちぼち訪問と更新をしていこうと思います!(^o^)

おもちゃのひろくん様

今年もよろしくお願いします~。

お宝が尽きない限り、のんびり更新してくりゃー。

こちらはダラダラ加減では負けません。ギャハハ。

.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。  

ニャホさん コンニチハ ヾ(*^▽^*)〃

この画像 言葉は要りませんね!

お母さんの よしよし する手もいいな~~!

マリア 様

ブラッザ グエノンはオナガザル科の習性なのか、高い棚の上で赤ちゃんを育てています。

しかし赤ちゃんは
1.おっぱいを飲む
2.眠る
のときは、母親にしがみ付いているので安心なのですが、すぐに恐れを知らない冒険を始めるので、見ているほうがハラハラします。

もちろん母親はいつも注意して見ているのですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)