スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デグー [Degu]
Sat.13.12.2008 Posted in デグー [Degu]
08-Degu-1212-1

「集合的無意識」




08-Degu-1212-2

「覚醒」


[☆生息域:ペルー(アンデス地方西部) 体長: 12~20cm 尾長: 約10~17cm 体重: 250~400g]



« コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] | Home | ボルネオオランウータン [Bornean Orang Utan] »

comments

もこもこ暖か系ですね


 「いい傾向です!」


とりあえず可愛いです~、
暖かそうだし・・・・
ペルーだって標高が高いと寒いだろうな。

・・・デグって食べられないねずみですか?
(変な質問(^^;(^^;・・・・)

〃^∇^)o_彡☆あははははっ 

ニャホさん コンニチハ ヾ(*^▽^*)〃

〃^∇^)o_彡☆あははははっ  写真のタイトル
大うけです。。。。
モコモコ系 大好きなので と~~っても嬉しいお写真です。

mechaさん。。。ねずみ 食べるんですか~?(-_-;)

デグ団子(笑)
やっぱりデグー可愛いですね~^^
暖かそう。
うちのデグー♀2匹はヒーターの上でのびてますよ^^;

占い師mecha様

デグーは食用には供されていないようです。アンデス地方で丸焼きにされているのはクイだと思われます。

クイは別名テンジクネズミと言われ、一般的にはモルモットの名で知られています。

クイ(=モルモット)も可愛らしい動物ですが、デグーも1時間くらい見てても飽きないんですよ~~~。

マリア様

上野動物園の小獣館という屋内施設にはデグーのような愛らしい小動物たちが何種類も飼育公開されています。動物達のウンコの匂いが館内にただよっているのですが、彼らの愛らしさの前ではまったく気になりません。

日が暮れるのが早く、気温が低い冬季には、ここにいる動物の記事が多くなります(笑)。

デグーの特徴的な大きな耳は、とても敏感らしく、付け根のあたりを撫でてあげると、彼らはウットリとするそうです。ネコの喉の辺りと同じ感じなのかと推察しているのですが。

綾さま

デグ団子、こんなに山盛りになってるのは初めて見ました。やっぱり寒いのですかねー。でも、デグーってアンデスの高地に生息している動物のはずなので、寒さには強いはずなのだと思うのですが……。

もっとも人間でも「北海道出身の人は寒がり」と巷間でよく言われることですからね。暑がりのニカラグア人もいるかもしれないし。

それはさておき、このデグーをはじめ、可愛い仔達と暮らされている綾さんが羨ましいですううう。これは脳内麻薬出るわ。

追伸: ふくすけ君、快癒のご報告、嬉しく読ませていただきました。もうちょっとだ、ふくちゃん!

フロイト!ユング!!

垂れ目がカワイイですー!
人間の無意識の世界に、いつの間にかこんなのがうごめいていたら面白いですね^^
やたらと物をかじりたくなったりして。


そういえば前に、南米旅行記みたいなサイトを見ていたら、モルモットを食べた感想があったのを思い出しました。
肉は意外と(?)少ないので、皮をメインで食べると書いてあったような覚えがあります。
(肉にしろ皮にしろ食べるところは少なそうですけど…)

デロリ・デロリックス様

画像加工中にしみじみ見ていたら、妖怪の百目に見えてきました↓
http://sg-tv.jp/items/m_item.phtml?item_id=1760&item_detail_id=1719

あー、南米では今も食べられているようですね。でも現在では観光客用としての料理になりつつあるとかないとからしいです。

鯨の問題などを聞くと、他国の食文化に干渉するなっ、と思いますが、近隣の某巨大国家の市場でカゴに入れられた食用の犬や猫の姿なんぞを見ると、「野蛮人め」と感じてしまいます。いい加減なもんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。