エメラルドツリーボア[Emerald tree boa]
Sun.12.10.2008 Posted in エメラルドツリーボア[Emerald tree boa]
08-Green-Tree-Python-1008-1

「ねじ式」


[☆生息域: アマゾン川流域・エクアドル・ガイアナ・コロンビア・スリナム・ブラジル・ギアナ・ベネズエラ・ペルー・ボリビア ☆体長:180~200cm]



17日附記: ミドリニシキヘビと紹介していましたが、この写真のヘビはエメラルドツリーボアと判明しましたので、お詫びはぜずコソッと訂正します。だって似てるんだも~ん。比べてご覧なさいな。これじゃ間違えない方がおかしい。




« キンカジュー [Kinkajou (Honey bear)] | Home | ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear] »

comments

こんばんは!

なんだかグロテスクですね~!
自分でもつれないのかな~。(゜o゜)

おもちゃのひろくん様

ひろくん、仕事とキャラショーでお疲れなはずなのに有難う~!!

このヘビはめったに動かないので、このような画像になりましたが、いつもどおり木の枝の上でジッとしていると果実のように見えます。

ある種の擬態だと思われます。きっと攻撃力の低いおとなしいヘビが生き残るために編み出した方法なのでしょうね。

最悪・・

こういう生き物が世の中にいることにぞっとします。
へび嫌いですヽ(`Д´*)ノ
理由はうちのお~ちゃんが(猫)へびに巻きつかれてたので、助けたことがあるからです。泣きながら助けました。死ぬほど怖い。
ばけぞうりを作ってもらったのに、こういうことを言うのは失礼なのですが、へびは嫌いです。

じっと見てしまいました

ほんと、これがじっとしていたら、蛇だとは分からないでしょうね。

色はきれいだけど、それにしても、この動き、うまく出来ていて気持ち悪いですぅ。

三毛猫さんのところでこちらを知ってから時々おじゃましてます。
でも、今日はパス。
足のないもの、足が一杯あるものはダメです。

三毛猫さま

ヘビの類は古生代の石炭紀(3億年くらい前)に分かれた、同じ脊椎動物の兄弟であります。

ヘビ君たちが人間が何もしていないのに攻撃しかけてきた事はありません。脅かされたか、虐待をされたか、テリトリーを犯された時に仕方無しに防御をしているだけです(人間に対しては)。

おそらく、おーちゃんに対しても悪意はなかったはずです。
ああ、それなのにそれなのに……。

かめこ様

ミドリニシキヘビは出産すると卵の周りにとぐろを巻き、細かく揺らして暖めて孵化させる優しい母さんだそうです。

彼女らも我々と同じ脊椎動物です。同じ人類なのに戦争を起こして金儲けして喜んでいる悪鬼なんかよりも、ずっとずっとましな生き物だと思います。

ボケネコ様

ご来園ありがとございます。

初めてのコメントで「パス」とは空前絶後のお言葉ではありますまいか。どわっはっは~。

残念ながら当動物園は爬虫類・両棲類は言うに及ばず、昆虫や水生生物も動物としておりますので、パス続出かもしれません~(激笑)。

ねじ式とは

つげ義春さんの漫画じゃなかったでしたっけ??
ガロに掲載されていたのかな・・・(曖昧です)。

蛇は美しいと思うけど、
かなり苦手な生き物です(^^;(^^;。
ニシキヘビというくらいだったらデカイんですかね。
いや~、ボアは好きですが、これは初めて見ました。

占い師mecha様

ああそうですね。ガロですね。紅い花もそうでしょうね。

永島 慎二や水木しげるも雑誌としてはガロ出身でしたね。やっぱりガロは偉大だなあ。

こういうことを書いても、もはやmechaさんにしか通じないか(笑)。

ニシキヘビの平均体長を知らないので何とも言えませんが、1m~2mだそうですから、比較的小柄な方じゃないんすかね。それゆえに木の上に昇って身を守っているんじゃないのかなあ。

こんばんは

ガロを知っている人間がここにもいますよ♪
マニアックな感じだけれどもメジャーな人が多いですよね。
学生のときにガロが大好きでガロ色に染まってた人がいたっけ(。・ω・。)

触れないけれど蛇は大好きです。爬虫類も♪
引越しして庭でよくトカゲを見ます。かなへびかな?
近所の用水路で蛇が流れながら泳いでいるのを見ました。
かなりの田舎ですよ(*´・д・)(・д・`*)ネー

オフ会の写真ありがとうございました!
よく考えたら、私、一枚もとっていなかったんですよz(-_-z))

ネコヴィッチ様

うんと年下でも『ガロ』の人がいた(笑)! やっぱり絵にたずさわっている関係からかな。ネコヴィッチさんと同年代の方ではガロを知っている人は相当マニアックな方たちでしょうね。

ガロと同時期に『COM』という手塚治虫が出版していた雑誌もありましたね。こちらも現代のマンガを支える新人達を輩出しましたね。

ネコヴィッチさん、埼玉在住だと思っていたのですが、引越しされて東京の住人になられたのですね。

それでも庭にトカゲが生息しているとは凄い。良い所ですね。まさか東京都小笠原村ではないでしょ?

ありゃ?

今でも埼玉ですよ~(*'-'*)東京に住んでるっぽいこといいましたかね(*´∀`)
埼玉のはしのど田舎です('ω'*)アハ♪静かなので集中して絵をかけますよ~♪

ガロは、自分らが知ったときはもう廃刊になっていたので
友達は古本屋とかで探してたと思います。「COM」は旦那のほうが
詳しいはずです。ガロもですけれど。彼はどうも年を20年くらい
ごまかしているようです(≧∇≦)

ネコヴィッチ 様

これは失礼しました。おすすめfc2ブログの「東京在住のブロガー」の項で紹介されていたので勘違いしました。

わかばちゃんは確かに詳しそう(笑)。マニアはしばしばリアルタイムで生きてきた人間の知識を上回ります。

絶対、永島慎二なんかは私よりも詳しいはずです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)