ヨザル [Northern night monkey]
Sat.06.09.2008 Posted in ヨザル [Northern night monkey]
08-Three-striped-Night-Monkey-0816-1

「I will follow you/ 気が弱いけど素敵な人だから」




08-Three-striped-Night-Monkey-0816-2

「I will follow you/ あなたの生き方が好き」


[生息地: 中央アメリカ南部から南アメリカ北東部]

今回から試しに生息地を記入してみます。

« シラコバト [Eurasian Collared Dove] | Home | ユキヒョウ [Snow Leopard] »

comments

♪赤いスイートピー~♪

>の歌詞にピッタリな?
気弱な感じのお猿さんですねー。
おどおどした感じが珍しいです・・・。

赤いスイートピーって作詞が松本隆で
作曲がユーミンのペンネームで呉田 軽穂・・だったはず?

ルビーの指輪も松本隆とすれば、
やっぱり才能あるんだな~とか思ったりして。
(超脱線(^^;すみませんです)

ど~せ・・

前にも大きさを書くと言ってて続かなかったので、
生息地も今回だけでしょう(笑)
ユキヒョウといい、このサルといい怖い顔。
二回連続怖い顔です・・しくしく

三毛猫 生息地:大阪(それも泉州南大阪。気合入ってマス☆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mecha様

ヨザルは人間やオランウータンのどの真猿類としては、唯一の夜行性動物なのだそうです。
きっと臆病な優しい気質のおサルさんなのだと思います。

グレタ・ガルボが呉田 軽穂ですか・うひゃひゃ。
ダニー・ケイ→谷啓
バスター・キートン→益田喜頓
とか、このテの当て字は嫌いじゃありません。

かくいう私も高校生時代に自分のノートに
捨禄 法無頭(シャーロック・ホームズ)などと記名して得々としていました。うひゃぁ恥ずかしー。

大滝詠一 の『A LONG V・A・C・A・T・I・O・N』という大傑作アルバムは、ほとんどの曲が松本隆の作詞なのですが、
http://jp.youtube.com/watch?v=Yzvzz1m5E18
その中の「スピーチ・バルーン」という曲に
「言いそびれて 白抜きの言葉が風に舞うよ」
という一節があり、舌を巻いた覚えがあります。
http://jp.youtube.com/watch?v=TUMLg0zhe0g

アグネス・チャンの『ポケットいっぱいの秘密』では
「あなた草のうえ
 ぐっすり眠ってた
 ねがお優しくて
 すきよって囁いたの」
という歌詞の各行の頭だけを読んでいくと「あ・ぐ・ね・す」となる茶目っ気も披露していましたね。

たしか知らずに発売してしまったレコード会社の偉い人のイカリにふれ、さんざん叱られた(ギャハハ)という話を聞いた事があります。

三毛猫さま

ななな何をおっしゃいますかっ。ヨザルさんたち、これ以上無いほど可愛らしいではありませんか!

何よりこの愛らしい動物をご紹介するために2年間の月日をかけて撮影しているのです。それを「怖い顔」とは……。しくしく。

そそそそれに「前にも大きさを書くと言ってて続かなかった」とは何事ですか。ちゃんと初登場の動物には体長・体重などを明記しているではありませんか。

ためしに初登場のユキヒョウやスイギュウのページを開いて御覧になってください。

……あれ、書いてないや。だってめんどくさいんだも~~~~~ん。

あっはっは☆

>だってめんどくさいんだも~~~~~ん。
ってブリっ子してもあきまへん(なぜか大阪弁)
やってないものはやってない(笑)

ところで秘密のコメントの方への返信はどうなりました?

三毛猫さま

三毛猫さんもご存知の通り、人間は思い込みと錯覚の動物です。

私の事をグウタラだと思い込まれているため「前にも大きさを書くと言ってて続かなかった」→だから書いてない→ゆえに見えない

という思い込みに囚われていらっしゃるのではないでしょうか。偏見をなくし、澄んだ心で私のブログを読んでください。液晶画面に穴が開くほど虚心坦懐に記事を見つめていただければ、動物の大きさの表記が現れてくるはずです。

ヤフーの方のメール、先ほど変身いたしました。どうかよろしくですー。


追伸
「泉州」って聞き憶えがあったのですが、あんかけの時次郎の出身地だった事を思い出しました。

「泉州は信太の生れ、義理には強いが、人情には弱い、あんかけの時次郎」
・・・奥歯ガタガタいわされそうです。

こんばんは!

三毛猫さんとはいつも面白いやり取りをしてますね・・・。(笑)

ヨザルの目が何かをすごく訴えてるように見えます♪

おもちゃのひろくん様

上野の小獣館の地下の「夜行性動物コーナー」の動物は昼夜逆転生活を送っています。

これは夜行性動物の行動を展示するためです。そして現実の世界が日没時になる頃、小獣館地下は灯りがともされ、昼の世界になります。

でも、その頃は動物園の終了時間となるので、一般見学者は小獣館の昼の世界は見学する事が出来ません。

ただし8月中の数日間だけ「真夏の夜の動物園」という企画で夜8時まで開園してくれるのです。そのときは普段暗いところで活動している小動物たちを明るい光の下で観察する事が出来るのです。

ヨザルは去年も一昨年も撮影に失敗し、3年がかりでやっと登場させる事が出来ました。

この写真のヨザルはお日様(室内灯)が出ている間は睡眠時間なので、多分もう眠たかったのでしょうね。

発表する機会をうかがって、やっと満を持して登場してもらったら
「怖い顔」
ですとさー!!!(大泣)

私もひろくんに三毛猫さんの暴言をヨザルの目で訴えたい気分です。

HN変更しております☆

(^^;何だか知らない方のブログで、
mechaなんとかというHNで人生相談があり、
「ほにょ~?」と思ったのですが・・・

わたくし、相談はされてもしたことはなかったはず??
mechaのあとに半角英数があったんですね。
どひぇえ~~と思いまして(××)ξ

・・などというイキサツで~HNにウザイんですが、
占い師とつけております。
占い師mechaという人がいたら、
陰陽師mechaに変えるかいな・・・。

今後ともよろしく(^▽^)/

夢に出そうです~~

>三毛猫さんの暴言をヨザルの目で訴えたい気分です
って、あの目は怖いって言うてますがな(また大阪弁)

泉州のあんかけの時次郎は、昔よく聞きました。でもあんかけってお料理ですよね?イマイチわからなかったのですが、あんかけをかぶった男の話でしょうか?

占い師mecha様

わっかりやした。

陰陽師よりも講釈師とか相場師とか手品師のほうがウケる様な気がしますが。・・・受ければいいってわけじゃないですね。

りょーかいりょーかい。


三毛猫さま

ヨザルの目は哀愁をおびて、健気にも可愛らしいと感じるのですが。

まー、感覚の問題ですから仕方ないですね。タバスコをジョッキ一杯飲んでも「甘い」と感じる人もいるでしょうから。ギャハハハハ。

「あんかけの時次郎」は『てなもんや三度笠』での藤田まことの役名です。おそらく人気映画シリーズ『沓掛時次郎』のもじりでしょうね。

余談ですが(全て余談ですけど)、てなもんやシリーズは「三度笠」→「二刀流」→「一本槍」と数字が少なくなるにつれ人気を下げていきました。

ですので、三毛猫さんがピアノ四重奏曲をやるときには「てなもんや4重奏」にすると運気がアップするものと思われます。占い師mechaさんも、きっとそう言うはずです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)