ハシビロコウ・マニア82 [Shoebill Mania 82]
Thu.17.04.2008 Posted in ハシビロコウ [Shoebill]
08-shoebill-04-15-1

「帰宅命令」




08-shoebill-04-15-2

「駄々っ子」



08-shoebill-04-15-3

「晩餐」




« 雨の日はパンダに会いに行く 45 | Home | オオカンガルー [Eastern grey Kangaroo] »

comments

こんばんは!

おお!ハシビロコウマニアも82回を迎えますか!
でもこうやって見るとハシビロコウの体って目の前で見たときより写真の方が細く見えますね・・・。

こんばんは~☆

v-238(≧∇≦)キャー♪.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。v-238

やっぱりハシビロコウが好き(^▽^)/
仕事前にいいものを見せて頂きました<(_ _)>

何だか毎日が徒労のよ~な日々・・・
あ~~疲れた(トシでございます)。

ワッハッハ!

とても可愛いです、
お姉さんv-238
あ、いや、ハシビロコウも。
お姉さんも笑っているように思われます。

いいのか悪役ハシビロコウ!
いいんです。

おもちゃのひろくん様

この写真に写っているのはミリーで、上野にいるハシビロコウの中でも、細くて小さい女の子なんです。

去年のオフ会の時に見たのはターノかアサンテだったのだと思います。

私は比較的おとなしい性格のミリーが大好きです。

もう82回目ですね。当ブログの2種類目に登場した動物がハシビロコウです。かなり前から(テレビで有名になる以前)から、気になっていたのだと今更ながら思います。

mecha様

一世を風靡した三葉虫も恐竜も絶滅しました。人類ももうすぐ絶滅します。そう考えるとほとんど全ての事は徒労に思えてきます。

しかし徒労だと分かっていてもジタバタしなきゃならんと思うのは、脳内麻薬のせいなのでしょうが、悪くないセンスだと思います。

そんなスラプスティック的日常生活にハシビロコウは欠かせません(キッパリ)。

syugyousou様

飼育員さんにはプライバシー保護のため、顔にモザイクをかけさせてもらいました。

それでも「笑っている」のが分かるとはsyugyousouさんの慧眼心眼に驚くばかりです。でも笑ってますね。笑ってます笑ってます。

このときハシビロコウ(ミリー)は、飼育員さんに甘えていました。わざと逃げてみたり、足元の枝をくわえてみたり……。やっぱり彼(彼女)らは人間の3歳児くらいの知能があるようです。

3歳児の悪役というと中村勘九郎が演じた「ベビーギャング」を思い出します。

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

ニャホさん ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

(ノ*~∇~)ノオオォォォ ハシビロコウマニア82なんですね!
すごい”すごい!
もうすぐ88回 その先は、100回目指して ガンバレ~♪ヽ(´▽`)/

飼育係さん おねえさん なんですねo(^▽^)o ニコッ♪

こうのとりって・・

ハシビロコウがな~んでこうのとり科なんですか?
間違っていますよ、絶対ヽ(`Д´*)ノ
前に「フ」の字が抜けていませんか?
「ふこうのとり科」ですよ、きっと。ぎゃはっは!

この女性も多分泣き笑いしてるんじゃないかと思います。本当はらっことかそういう可愛い系の保育係をしたいのだと思います。

訂正

保育係→飼育係

保育係は私でした(笑)
今りす組(1歳児)の担任なのですが、
結構楽しいですよ~~子供は超可愛いです!

PS・・ひよこ組のゆうちゃんがこの間立てるようになってるのを見ました☆もう歩くと思います~~

マリア様

ハシビロコウの飼育担当者は複数名いらっしゃるようです。ハシビロコウ舎で一番よく見かける飼育員さんは、男性です。

皆さん動物が好きなんだなあと見学者にも分かるオーラを発散されてらっしゃいます。

動物園は一種の科学施設で、公開されている動物は「展示物」であり、ペットではありません。その前提の上に愛情を持って動物の飼育をするというのは、並大抵の事ではないと思います。

ハシビロコウ・マニアは私が死亡するか、ハシビロコウが絶滅するまで続くと思います。FC2さんブログの総容量を増やしてくだせえませ。百年続きますように。

三毛猫さま

ひよこ組のゆうちゃんが歩き出す前に、ハシビロコウのクチバシと翼をつけて飛べるようにしたら、もっと可愛いと思います。

そうなったら保育係りは飼育係りも兼任すると言う事になるのでしょうね。ああ忙しそうです。

将来、ハシビロコウはコウフクノトリ科に属するようになると思います。なぜなら1歳児がみんなクチバシと羽がはえて、地球を平和にするからです。

ただジャンケンが出来なくなるのは可愛そうな気もしますが(ピアノは足で弾くから大丈夫)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)