スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘリグロヒキガエル [ Black-spined Toad]
Sun.20.01.2008 Posted in ヘリグロヒキガエル
07-black-spined-toad-0108-1

「決意 ---ツボカビ症と闘います

ツボカビ症とはカエルの体表に寄生して繁殖するカビで、すでに中米・南米・オーストラリアの両生類は壊滅的打撃を受けているそうです。(人間には感染しません)。生態系のバランスの狂いから来る自然への影響が懸念されています。


Theme: 動物の写真 « 写真

« 雨の日はパンダに会いに行く 40 | Home | カピバラ [Capybara] »

comments

日本でも話題になるつつありますね。
ニュースに取り上げられたりしてますし。
強そうなヒキガエルさんに全滅を願いましょう!!
頑張って!!

こんばんは!

ツボカビ症って初めて聞きました!
カエルも大変ですね・・・。

がんばれカエル!
牛や鳥だけじゃなく、動物にはいろいろな病気があるんですね!v-535

ツボカビ・・・菌がツボのカタチ??

あはは、ほらピロリ菌ってv-21
正式にはヘリコパクターピロリって
ホントにヘリコプターのカタチに似ているから
確か?そう命名されたんですよね。
・・・だからツボ??

それにしても、壊滅的とか聞くと、
ありとあらゆる爬虫類が全滅したらちょっと寂しいですv-531v-535
ゲコッゲコッ。。。

心配です。。。

ニャホさん こんにちは~!

ツボカビのニュースを聞いて とても心配でした。。。
かなり強いようですね。。。(-o-;

壊滅的な被害に発展しないよう 祈るばかりです。。。

mechaさん ヘリコバクターピロリってヘリコプター
に似ているので、その名前がついたんですか!!
腰抜かすほど、驚きました~(笑)

サイトヲ。様

明けましておめでとうございます。新年早々からおめでたくない話題ですいません。

うーん、また困った病気が広がりつつあるようです。両生類なら感染のおそれがあるとの事ですので、サンショウウオも危ないようです。

なににも増して、生態系の変化が怖いです。

おもちゃのひろくん様

この病気が広まったら、カエルが絶滅したり減少したりするだけではありません。

カエルが食べている虫が爆発的に増えれば、疫病の元になるし、カエルがいなくなるとカエルを食べている鳥類なども激減してしまう可能性もあります。

何より今以上に田圃に農薬をブン撒く事になるでしょうね。そしてそれを我々が食べるのです。

どうも暗い話ですみませんが、カエル君たちの災難は対岸の火事ではないようなのです。

mecha様

いつものドロナワ検索で分かったのですが、ツボカビ菌は胞子を壷のフタを開くように放出するので、この名前が付けられたようです。

ひろくんさんへのレスに書いたように、この病気が広まると困るのはどうやら私達も含まれるようです。

農薬漬けのコメを食わされたあげく、デング熱でうなされる日々が来るかもしれないのです~。

マリア様

ツボカビ菌は自然界に広まってしまったら、駆除のしようが無いらしく、厄介な菌のようです。

食物連鎖に甚大な影響が出るのは明らかで、カエルを常食としているヘビや鳥には、即、影響が出るようです。

いわゆる害虫もカエルが食べてくれなくなるため、蚊などを媒介とした疫病も蔓延する可能性もあります。

意外なところでカエル君たちが果たしてくれてきた役目を再認識させられました。

ピロリ菌のフォローですが(^^;(^^;

http://www.mcube.jp/outpatient/explanation/piloli.html

どうやらヘリコバクターピロリ菌のコメントを間違いました。

記載したサイトでご確認くださいねv-32

mecha様

ヘリコがらせんというのは分かったのですが、「バクター」って何? と検索してみたらヘリコバクターピロリ菌が発見される前に「カンピロバクター」という菌がその世界で有名だったようです。

「バクター」という語感から、何となくハンニバル・レクター博士を思い出しました。どちらも恐ろしそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。