スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カピバラ [Capybara]
Fri.23.09.2005 Posted in カピバラ [Capybara]
fs20-capybara-1.

「太宰治になれなかったよ」

« さよならシュアンシュアン | Home | アジアゾウ [Asian Elephant] »

comments

カピバラ君の入水心中(ってこの場合はお一人様か~)
水浴び失敗・・って感じなのかな?
カピバラ君てウオンバットにも似てますが、印象がもっと素朴です。

何だかイヤな話になっちゃいますが南米のペルーとか他では、こういう小動物は人間の食用になっちゃうみたいで。
でも確かにウサギなんかも食べますもんね。

チャウチャウってわんこちゃんは中国では食肉犬なんだそうですv-271
食文化は仕方がないけど、その単語がかなり悲しい。
でも中国の方って食わないのは「二つ足:親」「四足:机と椅子」ってことわざがありますね。

わんこ・・拷問でも食べたくないです~。

mecha様

私もハシビロコウを取材に行って、帰りにヤキトリを食べたり、ツチブタの死に落ち込んだりしても夕飯にとんかつを食べたりしています。いい加減なもんです。

去年、国立科学博物館の「縄文vs弥生」を見学しに行って、縄文人は犬を墓地に埋葬するほど大切にしていた事と、弥生人が犬を食べていた事を知りました。

ついこの前まで(といっても30数年前くらいですが)、東京の某隣県では、猫を食べる事は、ごく当たり前の事だったようです。

猫は戦後に・・・

・・マコトシヤカに「牛肉」としてフェイク「すき焼き」となり、店頭で売られていたそうです。
母が食べてしまいそうになって「でもこんなに食べ物がないのに気持ち悪いな~」と思って止めたそうです。
まあ、戦後ですもん・・・。あー、猫を食う場所があったんですね~。意外に深い日本の食文化です。
鳥フェチで一部有名な私ですが鶏フェチとしても有名です(笑)
東京は今はあまり行かないですが、本マニアだったもんで水道橋や御茶ノ水あたりの古書籍屋とか、中央線沿線には出没していました。
上野は都の美術館やハンク氏がたまにいそうな博物館なんかに行きましたねー。いずこも奥深いですな~。

mecha様

文春文庫から遠藤誉さんという人が体験した事を書いた「チャーズ」という本があります。 人間は追い詰められると食人さえするとの記述がありました。そのとき(第二次大戦後の中国のある特殊な場所)は「人肉市場」まで出現したそうです。

* * * * *

仙台のような美しい都市に住んで、たまに東京に出撃していくのが、理想の生活なのかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。