カピバラ [Capybara]
Wed.01.11.2006 Posted in カピバラ [Capybara]
610-capybara-31-1

「仔カピ・デビュー / ピアスはしません」



610-capybara-31-2

「オマエダレ?」



610-capybara-31-3

「イジメッコ襲来」



610-capybara-31-4

「パパは何でも知っている」


Theme: 動物の写真 « 写真

« ヤマガラ [Varied Tit] | Home | カピバラ [Capybara] »

comments

うわーっ!嬉しいです!

ニャホさんも忙しいのに写真、アップしてもらってすみません。
でもカピパラは可愛いです!
しかも子供の写真もあるなんて!
カラスに「オマエダレ?」も馬鹿ウケです!(^o^)

「お、おまえだれ?」

「ん?カラス
極悪非道組ってとこにいるんだ・・・・
おめ~らのメシよこしな!」

・・・
なんていうことを考えてしましましたv-40
あ、でもカピバラもカラスも大好きです。
いいフォトが撮れて良かった~☆
こういう連作っていい加減と思いきや、
キャプションなんかを入れるの結構難しいんですよね?
さすが~ニャホさんでしたv-20

ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

わぁ~素敵なお写真、撮れましたね~~!!

私は、パパは何でも知っている の チビちゃんの表情
がたまりません.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。  
か・か・かわいい~~~!!!

いつも楽しみに拝見していますo(*^▽^*)o~♪

パパ!

パパ=寝てる、の印象が強かったあのパパが
子供とふれあってる~♪やっばーい♪かわいい(゚▽゚*)
今度行くときはもう子カピも大きくなってしまっているんだろうな~。
小さくてもカピバラだけど何で子供はあんなにかわいいんでしょうね~('ω'*)
やっぱハシビロコウの子供もかわいいのかな~。
子供見たら三毛猫さんもハシビロコウの魅力に惹かれるかもしれない!!!わはは♪

大きすぎませんか?

カラスと比べるとかぴぱらは大きすぎませんか?この顔だと文鳥よりちょっと大きいぐらいがいいです☆どっちかと言うと好きなタイプです(^-^)

ネコビさんへ
「子供見たら三毛猫さんもハシビロコウの魅力に惹かれるかもしれない」

申し訳ありませんが全面否定させていただきます~~。小さくて口にコケが生えてて、頭がぼこぼこなのはやっぱりノーサンキューですわん♪
私は可愛い系(大きさは文鳥程度)がすきです~~

おもちゃのひろくん様

他の動物も同様なのですが、赤ちゃん・幼児・子供はみんなかわいいです。寄る年波のせいか涙ぐんでしまうことも、ままあります。

仔カピはカラスのほか、バクにも追い立てられていて、ちょっと可哀想です。でも表情はずっとあのまま(笑)。


上野動物園でのカピバラの公開飼育場は、リャマ・バクと一緒のフィールドなので、カピバラ妻と他の子供たち(数頭いるはず)は日中は分かれて過ごさせられているようです。

mecha様

昨日のカフェでのお仕事お疲れ様でした。人助けが仕事というのは、素敵なことですね(ご本人様は疲れるのかもしれませんが)。

えー、何枚もアップしてしまうのは、1枚で表現する能力がないからだと思います。ギャハハ。

文章が苦手なので、写真一枚、題名一行で済ませてしまおうといのが、ブログ開始時の目論見だったのですが……。

マリア様

昨日、ひろくんさんに「結構気に入ったのも撮れたのですが」などと言ってしまったのは、4枚目の仔カピがお父さんに寄り添って眼を瞑っている写真の事です。

まあ、構図も光線の加減もヘッタクレも無いのですから、真面目に写真を撮っておられる方からは「ほほう、これが『写真』ですかぁ」などと言われても、反論は出来ないのですが。

(反論は出来ませんが、つま先くらいは踏んづけますけど)

これからもシャッターボタンを動物たちに向かって押し、何らかの情報の記録を続ける所存であります。よろしくお願いしますね~。

ネコヴィッチ様

カピバラはコビトカバと違って、毎年子供を数頭産むそうなので(年に2回の事もあるそうです)、いずれは仔カピは見られるものと思われます。

ハシビロコウの赤ちゃん、見てみたいですね。千葉の動物園で見たハシビロコウの卵はそんなに大きくなかったので(孵化しなかったそうです)、赤ちゃんもそんなに大きくないはずです。10センチくらいの仔ハシだったら狂喜してしまうなあ。

三毛猫さま

実はハシビロコウLOVEな三毛猫さん、ハダカデバネズミのいる小獣館に行くのにも、コビトカバ舎を見学するのにも、ハシビロコウ舎の前を通らないと行くことが出来ません。

ちょうど良い言い訳が出来たじゃないですか。しょうがないわね~、とか言いながら怪鳥に思う存分甘えてください。

私もかつて小雪にコクられ、シブシブといった素振りで食事を付き合ってやったことがあります(妄想癖止まらず)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)