スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンデスイワドリ [Andean Cock-of-the-Rock]
Tue.05.09.2006 Posted in アンデスイワドリ [Andean Cock-of-the-Rock]
608-andeamcockoftherockr-30-1

「リアルロックンローラー」

« オリイオオコウモリ [Ryukyu Flying Fox] | Home | マレーグマ [Sun Bear] »

comments

おはようございます。
前回は娘がぐずりだし、鳥類はあんまり見れなかったんですが、こんなすごい鳥もいるんですね!確かにいい感じでリズム刻んでますね…
カテゴリーにないのですが、初登場ですか?

うわ、またへんなのが出てきた・・

口がないですよ、口が。
何かくわえてるんでしょうか?黒いのが口にはまっています。なんでしょうか・・はて?

はじめまして。
三毛猫さんのところから来ました。

お噂はかねがね…^m^

もう、動物好きには堪らないブログです~萌え~って顔になっちゃいます。(~。~)

コウメちゃん心配です。
北極熊の話にかぶりますよね。

やはり、どうしても離れなければならいのでしょうか?
自然に返すならともかく、ずーーっと園の中なら良いような気もするんですが、やはり駄目なんでしょうね…

娘とかぶります(けっして娘はカバ似ではありませんが)。
なんか、寂しいさが移ります。

ころりん様

昨日初登場なので、カテゴリー欄には今の所最後尾に表示されています。

整理を少しずつやっているのですが、「アンデス」を一番上のほうに持っていくのは、小一時間かかるのです。いま少しお待ち下さい。

あの鳥、頭がリーゼントに見えて、名前にRockが付いていたので、この題名になりました。頭がサザエさんで名前がバカボンでしたら、間違いなく「リアル・サザエボン」になっていたはずです。

三毛猫さま

くっ、口がないなんて……。せっかく三毛猫さんのためにカワイイ鳥を撮ってきたのに、シクシク(ウソ)。

今度このトリが登場する時には口の超アップをお見せします。ミミズをくわえているかもしれませんよ~~~。ひひひひひ。

リルアンジュ様

ご来園ありがとうございます。

母親エボニーが移されたコビトカバ舎は、コウメと一緒にいたときの3倍くらい広いので、親子が分けられた理由は、飼育場の狭さではない様です。

やはり離別の時期だったんでしょうね。動物園ボランティアの方がおっしゃっていたのは、飼育係のGさん(爺さんのしゃれではありませんよ)は、コビトカバしいくのベテランで、まかせておけば大丈夫、とのことでした。

それにやはりボランティアの方から教えてもらったのですが、コウメの隣に越してきた姉のモミジが、コウメちゃんに声をかけているようです。

動物園の「展示動物」はペットではないので、過剰な思い入れをするのは間違いだと思います。しかし「悲嘆にくれる動物」しかも幼子というのは、理性を超えた感情が表出してしまいますね。

あ!これでしたこれ!

昨日旦那とニャホさんが「シマダイスケ」って言ってた鳥
なんだっけって言ってたんですよ~。
これだー。あーすっきり♪ほんとにリーゼントしているみたいですね♪

ネコヴィッチ様

あわわ、ヤバイ。確かにあの時「嶋大輔に似てるね」と言いました。すっかり忘れてるだろうとタカをくくって「リアル・ロックンローラー」と題してしまいましたが、ロックファンから抗議が来そう。

インリン様でさえ「プロレスラー」にな昨今、ゆるしてゆるして。

わはは♪

この間テレビに出ていたんですよ。それで思い出したんですw
でもかわいいし、本人も「鳥じゃ、しょうがねぇ」って
許してくれると思いますよ~。ニャハハ♪
逆にファンキーな鳥がいるぜぇっていって話題になるかも('ω'*)ぬふふ

これはさすがに初めて見ました~☆

アンデスイワドリ

自分の鳥図鑑の中に新たにカテゴリーを作らねば・・・っと~。

あ?
あはは、もしかして、これを撮って、マレーぐまも見れた時には既にネコビさんには新しい命が・・・
何かすご~く感動ですね。
きっと赤ちゃんは、アオメキバタンとHのつく鳥のファンになるでしょう、そうでしょう。

ネコヴィッチ様

あー、書き方が悪かったけど、そおいうこっちゃ無いのです。 えー、嶋大輔はとても「リアル・ロックンローラー」と呼べるヒトではないので、チャック・ベリーとかエルビス・プレスリーとかローリングストーンズとかからのロック・ミュージックファンが怒るだろうなあ、と危惧したのです。

叱られたら、脳がシャウトしてパンクしているジジイの戯言と言って許してもらうつもりです。ピ、ピ-スピース。

追伸  いただいたサタン君、毎日、角度を変えて置いて楽しんでます。ありがとうございます。

mecha様

やあやあ、そーいう事なんです。あの日の機会を逃していたら、今度一緒に動物園見物に行けるのは数年後になっていたかもしれません。

偶然なのでしょうが、何か運命的なものを感じます。「他生の縁」なのでしょうかね。アガシャー系の集団なのでしょうか。ギャハハ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。