コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Sat.02.09.2006 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
609-pygmyhippopotamus-01-1

「コウメ日誌 / コウメよコウメ」  (撮影日 9/1)

コウメちゃんの苦闘の日々は続いている。陸上でも水中でもほとんど動かないか、突然柵を乗り越えようとするかのような奇矯な行動とる。(だんだん動かない事のほうが多くなった様に思える)



608-pygmyhippopotamus-27-1

                        (撮影日 8/27)

腹筋運動に見えてしまうかもしれませんが、これはパラパラ写真だからです。この行動はこの日には実際には一回見ただけでした。

家でこの写真をパソコンに取り込んで見たところ、広島の動物園のホッキョクグマの事が脳裏を掠め不安になりました(子育てを母親が放棄してしまったため、飼育員さんに育てられたホッキョクグマの仔が、離別の後、心身に異常をきたし飼育場内のプールで失神。溺れかける)。

いてもたってもいられず、翌日は休園日であったため29日に、この写真にコメントをつけて動物園に持っていった。




608-pygmyhippopotamus-30-1

                         (撮影日 8/30)


翌30日、このブログのコメント欄でもおなじみのネコヴィッチさん夫妻と見に行ったときのコウメちゃん。エサには口をつけず、室内プールの中でぐったりしていたが、飼育員さんが現れ食餌を即すと、少しだけ口をつけた。


昨日(9/1)も気になってコウメちゃんだけを見に動物園へ行った(トップの写真)。またしてもエサには口がつけられていなかった。

偶然出会った「動物ボランティア」の60歳くらいの女性から、
1 現在コウメちゃんの隣にいるモミジも、親と引き離された直後は、似たような状態だった事
2 飼育員さんを始め、動物ボランティアの皆が心配して見守っている事
3 特にコビトカバ担当の飼育員さんは1月28日に産まれたコウメちゃんを守るために、ギリギリまで公開日を延ばす努力をしたほど大切にしている事を聞いた。





609pygmyhippopotamus-02-1

                          (撮影日 本日)

そして本日もピンポイント・コウメ・ウォッチングに行ってきた。もはやカバ男と言われても反論できない。

コウメちゃんは屋外飼育場のプールで、こちらに背を向けじっとしていた。最近の特徴のひとつである自閉的態度である。やれやれ、と思ったが、エサ場を見ると、半分くらい食べた形跡がある。プールの水が緑色に濁っていたのでフンをした事が分かった(コビトカバは水中で排便をする習性がある)。

このまま食欲が戻って、元の活発なコウメちゃんに戻ってほしいと願う。


Theme: 動物の写真 « 写真

« マレーグマ [Sun Bear] | Home | アジアゾウ [Asian Elephant] »

comments

ニャホさん、ありがとうございます!

嘆願書の提出、お疲れ様でした。ニャホさんをはじめ、動物ボランティアの方や飼育員さんもみなコウメちゃんを心配しておられたんですね。それを聞いて安心しました。本当にホッとしました。
ニャホさん、ありがとうございます。

ニャホさんの記事からだとコウメちゃんの今の行動は一過性のものであるようですし、父さん・母さんが交尾をはじめてるのならば、この方法が一番いいように思えて来ました。

教育学部出身なのでちょっと賢いところを見せます(笑)まぁ、これは人間の場合なので当てはまらないのですけど(だったら意味なしですが)

親の姿が突然見えなくなった時の行動ですが、
ボルビィ(精神分析学者)の研究で3段階になっています。<幼児の喪失体験より>

1、泣きまくり、暴れ、親のいるだろうと思うほうを何度も見て、周囲の人を寄せ付けない(抗議段階)
2、引きこもり、食欲不振、無表情になる(絶望段階)
3、周囲に関心を持ち始める。食事を与えられれば食べる、話しかけられたら返事をする・・など
(離脱段階)
このうち1と2は順序が交代することもあるが、
3期に入ると1、2の行動が減る

それでこの間一番大事なのは、親の代わりをするものがいることだそうです。これがいないと子供は孤独感や絶望感が残り、のちの人間関係に支障が出る場合が多いそうです。

コウメちゃんの場合は、完全にエポニーの代わりをすることは出来ないけど、周りにコウメちゃんのことを愛してくれて心配してくれる人間が一杯いるから、徐々に落ち着いてきてくれるんじゃないかと思います☆ニャホさんもそう思いませんか?

コウメちゃん、少しずつ食欲を取り戻してきてるのですね・・・。
ニャホさん、「カバ男」と言われたら、「違うぜ!俺はハシビロコウ男だ!」って言い返してください。

初コメントさせていただきます。

以前から、しょっちゅう来ていたのですが
コメントせずすみません。
今日、上野動物園にいってきました!
コウメちゃん心配だったのですが、見ることができませんでした。
でも、ハシビロコウ、しっかり見てきました!
前回は、こちらのHPをまだ知らず、気づきもしなかったのに、
今回はじ~っくり眺めてきました。
あまりに気に入っておもわず記事にしてしまいました…。

ドキュメンタリーを見ている感じです

こんな時に軽佻浮薄な文を書き込んじゃうのは
意に反していますので、止めておきます。

この流れを作っていらしたニャホさんやブログ仲間の方々に自分からもお礼を言いたい気持ちです。コウメちゃんが気になっていたもので。
お疲れさまです~&継続ご苦労様です。
・・・そんなこと言って、
ウチのお気楽ブログには・・・・
『ゴイサギ』君をお借りしておりまする。
だはは、すみません(^^;・・・・。

心配ですねぇ

先日水の中に出たり入ったりして、動きが変だったので
とても心配ですよ~。また見に来てる人たちが何も知らないもんだから
話を聞いてるとみんな適当なこと言ってるので余計
こころが痛みましたよ~(≧ヘ≦)
少しでも良いからご飯食べて一日も早く元気になってくれる
といいですよね。今度行ったときには元気に遊んでいる姿が
見れる事を願ってます。生であの姿を見るとやっぱり辛いなぁ。

ニャホさん風邪良くなったみたいですね!私たちは大丈夫でしたよ♪

ワオキツネザル

今日TVでワオキツネザルの特集をやってました!ここにいるワオキツネザルと同じ顔でした。
でも探せない・・あいうえお順に並んでないからです。また来ます~~

三毛猫さま

ありがとうございます。かなりコビトカバにも当てはまると思います。

今のコウメちゃんは大体「2」段階ですかねー。でも突発的に1に戻ったり、飼育員さんが来るとプールから上がってくるので、3の要素も・・・・・・。なんのこっちゃ。

ハンバーガーやトンカツ食べながら言う事ではないかもしれませんが、動物も奥深い感情を持っているのだと今更ながら思い知らされました。

おもちゃのひろくん様

食欲が回復傾向にあるのか、まだ確実な事は言えませんが、絶食状態ではない様です。それだけでも少しホッとします。

「ハシビロコウ男」! 光栄です。歴代のガールフレンドからはコウモリ男とか、ウジムシ男とか罵倒されつづけられていましたからね。ぎゃはは。

ころりん様

ご来園ありがとうございます。

コウメちゃん見つかりませんでしたかー。残念。 この日の記事に地図が載っていますので、参考にしてくださいね。 ↓
http://paraparadisezoo.blog20.fc2.com/blog-entry-215.html

ハシビロコウ、はまると抜け出せませんよ。私はもう憎いのか可愛いのか判らなくなりつつあります。ウミウシは確実にいとおしいのですけどね。うひゃひゃ。

もしお子様がパンダ好きでいらっしゃるなら、ぜひ左側にある見つけにくいカテゴリー欄(ギャハハ)から「パンダ」を探し出してクリックして下さい。この一年間分のパンダがズラッと出てきますので。

mecha様

えー、お気楽に書いちゃいますが、「人間は脳内麻薬の奴隷」というのが持論です。つまり私にエボニー・コウメの親子愛が脳内麻薬を出させたのでしょうね。

ゴイサギ君、いつかペンギンのエサをかすめ取る、チャッカリした奴というような事を書きましたが、現実はなかなかキビシイようです。

観察していて分かったのですが、ゴイサギは水中に潜れないので、プ-ルの底に沈んでいる魚をペンギンがくわえて陸上に戻ってこないと、そのおこぼれを頂戴できない様です。

ですので、ペンギン舎にいるゴイサギは、魚よりペンギンの動向を必死で見つめています。けっこう健気な奴です。

ネコヴィッチ様

30日に一緒に見学に言った時も、コウメちゃんが室内プールで底のほうで横になってしまい、放心しているような体勢になっていましたが、あれが一番心配なのですよね。

あのとき室内飼育場に入ってきたときは、コウメちゃん、呼びかけに反応していましたよね。少しづつでも良いから、ああいう状態がつづくといいですね。

土曜日に行ったとき、室外プールで放心状態で動かないコウメちゃんを見て、見学者の男が「あはは、水死体だあははは、水死体だあはははは」とおれの横で言ってました。

事情を知らないから仕方ないのだと思います。が、その御方はヒネリもオチもない無駄口をある種の「ユーモア」だと思ってるらしく、何回も繰り返していました。

昔、伊丹十三が、自動車のクラクションを「パッパカーノパッパ」と鳴らすのを聞いて、「あれが日本人のユーモア感覚の最大公約数だと思うと暗然とした気持ちになる」という意味の文章を何処かで書いてらっしゃていたのを思い出しました。

馬鹿の馬鹿たる所以は馬鹿の自覚のない事! 日暮れて途遠し!!


三毛猫さま

カテゴリーの編集、すいませんまだ時間がかかります。 ちょっとやる事多くて。グズグズむにゃむにゃ。「このウミウシ男!」と罵りつつ今しばらくお待ち下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)