スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Sat.26.08.2006 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
608-pygmyhippopotamus-23-1

「コウメ日誌 / コウメひとり」

いろいろ用事があって上野動物園に数日間行けなかったら、エボニー・コウメの仲好しコビトカバ母娘が離ればなれになっていた。

確かに最近のコウメちゃんは「赤ちゃん」というよりも「子供」の大きさに成長していたのではあるが……。

動物の生態に詳しく、おそらくは愛着もあるであろう動物園の飼育員さん達が、最適な別離の時を決定したのだと思う。

室内飼育場でのコウメちゃんはプールの片隅でしょんぼりしていた。水が波打っていないのは、長い間、じっとしていたからである(あんなにオテンバだったのに)。エサ場の草にも口をつけていないようで、まったく減っていなかった。


608-pygmyhippopotamus-24-2

「コウメ日誌 / 母さんは何処に」

心配でたまらず、翌日も室外飼育場に出ている時間に動物園へ駆けつけた。コウメちゃんは狭い室外飼育場を右往左往して、母親の姿を探しつづけていた。

いつもは出さない「グブブブブ」という泣き声を発しながら、両隣の飼育場を懸命に見ようとしていた (画面左に見えるのは姉のモミジ)。見学者側にも乗り出してくるほど必死であった。


608-pygmyhippopotamus-24-3

「コウメ日誌 / 母を求めて半狂乱」

動物を擬人化して過剰に感情移入するのもどうかと思われるが、この7ヶ月間コウメちゃんを見つづけてきたので、心配もひとしおである。

コウメちゃんの世界は母親エボニーとの生活が全てであった。
遊ぶ相手もお母さん。慰めてくれるのもお母さん。生きるすべを教えてくれたのもお母さん。ケンカするのもお母さん。そしてもちろん甘える相手もお母さん。産まれた時から二人きりだった。

それが突然に引き離されたのだ (仕方の無い事なのだろうけど)。コウメの心中は察して余りある。寂しいというよりは恐怖に近いものが渦巻いているのではないだろうか。

おそらくコウメちゃんが母親エボニーと邂逅することは、もう生涯無いものと思われる (たった10数メートル先の飼育場にエボニーはいるのだが)。せめて1日でも早くコウメちゃんの食欲が戻る事を祈りたい。


Theme: 動物の写真 « 写真

« フェネック [Fennec Fox] | Home | コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] »

comments

親離れ

コビトカバは知りませんが、
野生動物の親離れは大変ですね。
子供が親に攻撃される。
明らかに「エッ?なんで?」と思っている子供に、容赦ない攻撃・・・。
「親なんてウザイ」と出て行く人間の子供は幸せか?

コウメちゃんもじき現実を受け止めるんでしょうね。
頑張れコウメ!
負けるなコウメ!

でもグレて鼻にピアスをするのは止めてね。
牛飼いに連れて行かれちゃうかもしれないから。

syugyousou様

コビトカバは絶滅危惧種なので、動物園のスタッフもかなり気を遣ったのだと思います。

うがった見方をすると、動物の精神(心)よりも、事故を回避を優先したのかもしれませんね(上野動物園の皆様、まったく的外れな事を言ってたら済みません)。コウメちゃんは、このところめっきり大きくなってオテンバになってきていましたので。

コウメちゃんの悲鳴にも似た鳴き声が、ブタに似てるので、事情を知らない見学者は笑い声を上げています。 まさか怒鳴りつけるわけにも行かず(苦笑)、奥歯を噛み締める日々です。

牛飼いよりも養豚業者がにじり寄ってくる可能性の方が大きいかもしれません。

あっと、それから現在の「daiku再び」も、もうすぐ一周年ですね。ちょっと早いけど、おめでとうございます。マジなのに面白い、日本という国が良くも悪くも見通せるdaikuブログ、これからも楽しみにしています。

ハナピーっすか??

褐色のお肌にハナピーとか耳ピーとか、
案外似合うかも・・・・・
だ~~なんつーこってはありまへん。

そうか~さっき別ページでコメントしてから
コッチに来ちゃったけど、
やっぱコウメちゃんはママとは離されたんだ??
まだ、こんなちっこいのに?
コビトカバって、そんなに早く親離れをするものなんでしょうか?

ハナピーがヘソピーとか、お手手でチェーンぶんぶんにならないことを祈っておりまする。
『コウメちゃーーん!』

mecha 様

とても見ていられない気持ちと、心配で目が離せない気持ちが、ない交ぜになって、心は知々に乱れております。

実は今日もコウメちゃんを見るためだけに行ってきたのですが、どうも水中で今まで見せなかった奇妙な動き(瞬間的な失神?)をしたので、心配がつのります。

うぇぇ~~ん(≧ヘ≦)

私がママとコウメちゃんが一緒にいたのをみたのは
前回遊びに行ったときが最初で最後だったのか・・・。
親子が戯れる姿を生で見れなくてとても残念・・・。
見に行ったときはコウメちゃん寝てたんだもん・・・。

コウメちゃん大丈夫かな心配です。
いったらしっかりと様子を見てこないと!(≧ヘ≦)ああ、心配。

ネコヴィッチ様

うーん、心配ですねぇ。特に水中での異常(?)行動がね……。

心配ばかりしていてもラチがあかないのですが。

コウメちゃんが外に出てるのは、3時前なので、他の動物の見学時間との兼ね合いで、現地でどうするか決めましょう。

そうですか・・・。離れ離れになっちゃうんですね・・・。
かわいそうだけど、仕方ないのですね・・・。
でもコウメちゃんがノイローゼとかにならなければいいけど・・・。

おもちゃのひろくん様

そうなのですよー。もうここのところ頭の中がそればっかりになってしまって。

数日前に広島の動物園で、飼育員さんに育てられたシロクマが、クマ舎に入れられてスキンシップが出来なくなった事でストレスが溜まり、飼育場のプールで溺れそうになっていたテレビ番組を見ました。

いい歳して何をうろたえておるのだとは思いますが、どうしようもありません。

その番組、僕も見てました。
のけぞって、水に顔が浸かって大変でした。
コウメちゃんはそうならないでほしい!

おもちゃのひろくん様

心配ばかりしていても仕方ないので、本日、コウメちゃんがひっくり返ってしまった連続写真を持って動物園に行ってきました。

幸運にも飼育員さんと少しお話することが出来ました。コウメちゃんの食欲が少しづつ戻りつつある事と、夜中の鳴き声でエボニーが近くにいることを気付いているという事を聞きました。だいぶホッとしました。

ただし写真は、自分たちは良く知っている、という意味の事を申され(当然ですが…)、見るのを拒否されてしまいました。

くやしまぎれに、帰り際に通りかかる総合案内所の「みなさんのお声」の箱にメッセージと共に投函してきました。

この写真は次回のコビトカバのときに一緒に公開します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。