ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear]
Mon.14.08.2006 Posted in ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear]
608-japaneseblackbear-14-1

「冨山から来た0歳児」

実は数週間前からニホンツキノワグマの仲好し兄弟(オス・メス)のうち1頭が放飼場から姿が見えなくなっていて、病気なのかと心配していた。数日前、その事情がわかった。オスの「まぁくん」が富山の動物園にいた「太郎」と交換されていたのだ。

動物園側の説明によると「将来の繁殖のため」とのことである。「シンクロナイズド・クマバウアー」が、もう2度と見られないと思うと、ちょっと寂しい気もするが、仕方ない事であろう。

それに交換に送られてきた「太郎(オス・0歳4ヶ月)」の可愛らしさといったら! まだ正式公開ではないらしいのだが、ツキノワグマ舎の冬眠ブースで跳ね回っているのを見る事が出来る。将来、姉さん女房になる「くぅちゃん」との対面はまだのようである。 元気に「クマたちの丘」を駆けまわっている2頭の姿を早く見たいものである。相性が合うといいんだけどなー。



« エゾヒグマ [Hokkaido Brown Bear] | Home | ニホンザル [Japanese Macaque] »

comments

クマですよね?

クマでもこんなに無防備な格好をするんですね~。
やっぱまだ赤ちゃんだからかな♪
それにしてもかわいい♪首の白い部分がまたキュートですね♪

ネコヴィッチ様

ずいぶん粘ったのですが、この格好は一度きりでした。

飼育員さんのお姉さんが、掃除に入ってきて、ちょと遊んでもらって(素手の両手で頭をゴシゴシなでられていました)嬉しかったのか、お姉さんがすぐにいなくなってしまって、寂しかったのかのどちらかの反応だと思います。

やっぱり仔グマは何しても可愛いです。楽しみが一つ増えました。

この調子です!うんうん☆

●mechaさんへのニャホさんの昨日のコメント
「ハシビロコウもまたすぐ登場すると思われますが、・・」
三毛猫レス
「登場しなくていいです~~」

気を取り直してちゃんとコメントします。
「夕子」てだれでしたか?
それと、猿少女のわけがわかりました!
うあっはは!そうそう!狼少女と同じかと思ってました。ぎゃはっは!

太郎はもうめちゃめちゃ可愛いですね~~
こういう子を見ると上野動物園に行きたくなります☆やっぱり夏って感じがしますわ~~

↑その「おとなげない人」から

♪~ラリラリ~~♪
「でへへ・・・オレ・・・ちょっとハッパ吸ってんだ~
うう~ん、気持ちい~けど~ギャラリー(客)がめーわくなんだよな~」


・・・・なーんてことを勝手に思うワタシはいけない人になりそうですっ。

いいな~クマちゃん♪

ウチの猫にもよくするのですが、クマちゃんのおなかに足をのせて、グリグリ(いじめてるのでは、ありません。)したいです。
猫は気持ち良さそうだから、クマも同じかな?

三毛猫さま

どうもハシビロコウ特集をやれという暗喩に思えて仕方ないのですが……。察しが悪くてごめんなさい。暫時お待ち下さい。

夕子とはわたしが勝手に命名した両生爬虫類館にいるシマヘビの名前です。蛇なんか可愛いと思うようになるとは思っていなかったのですが。動きが単調なため、まだ写真で紹介できずにいますが、そのうち登場します。

太郎、可愛いですよ。ただ仮の飼育室に入っているので、写真が全滅なのです。なるべく早く動画をアップします。

出てました!!

>どうもハシビロコウ特集をやれという暗喩に思えて仕方ないのですが……。察しが悪くてごめんなさい。暫時お待ち下さい。

三毛猫レス
ヽ(`Д´*)ノヽ(`Д´*)ノヽ(`Д´*)ノががが~~

気を取り直して報告です☆

今日TVで出てましたよ!ツキノワグマ~~
もう嬉しくてTVに向かって「タロウ~タロウ~」
と呼びました!!(ちょっとコッチを向きました→うそ)上野動物園は子供たちで大賑わいでした☆

mecha様

「エゾ」ヒグマですから北海道に自生している大麻が山火事で燃えたら、300頭くらいのクマがヘロヘロになって踊り出すかもしれませんね。これはバングジュースなどを飲みながら見てみたいものです。

おもちゃのひろくん様

30年ほど前に飛騨高山に行った折、乗鞍岳の近くのドライブインに、ちょうどこのくらいの仔熊がクサリにつながれていました。

あんまり可愛いので足を近づけてみると、その仔熊は私の右足をしっかりと抱きしめて、甘噛みをしてくれました。

ただ仔熊とはいえ、力が凄いのです。バスに戻ってジーパンの裾をめくって見たら、何本もの血が滲み出たスジが残っていました。

ですので「おなか足のせグリグリ」は相当の注意が必要と思われます。

この写真を撮ったとき女性飼育員さんが、素手で仔熊の頭を掴んでワシャワシャと撫でてあげたたときには、ちょっとビックリしました。やっぱりプロなんだと思いました。

三毛猫さま

エッ、三毛猫さん、この時間まで起きておられるのですか。まいったなー、滅多な事言えないじゃん。

お一人で四役も五役こなされておられるので、とっくにオヤスミ・タイムだと思ってました。熊並の生命力を持たれたスーパーキャットなのですね。ハシビロコウなんか噛み殺しそうですね。パソコンを噛み砕くとおそらく感電します。ご注意下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)