スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エゾヒグマ [Hokkaido Brown Bear]
Mon.15.05.2006 Posted in エゾヒグマ [Hokkaido Brown Bear]
sma-hokkaidobrownbear-13-1

「動く縫いぐるみよ永遠なれ」

「カワイイ」ばっかりやっていると沽券にかかわるのだが(笑)、エゾヒグマの兄弟赤ちゃんが、有り得ないくらい可愛いので、ご報告します。きっとすぐ大きくなっちゃうから、この愛らしさを見られるのは、あと数ヶ月間だけだと思われます。



sma-hokkaidobrownbear-13-2




sma-hokkaidobrownbear-13-3




sma-hokkaidobrownbear-13-4



« ハシビロコウ・マニア30 [Shoebill Mania 30] | Home | コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] »

comments

本当に可愛いですね~vv
まさに動くぬいぐるみ^^
写真でこんなに可愛いんだから、実物はいったいどれだけ可愛いんでしょう。。。見たいけど、東京は遠いです~(T▽T)

か、かわいい!!なんて愛らしいんでしょう('ω'*)
ハグハグしたーい!
手がなんともいえないですねぇ。大きくてしっかりした手に
魅力を感じるです。

綾 さま

昨日のルーシェちゃんも可愛かった! 口元の「ハグッ」という感じがたまりません。

そうですね、上野動物園に簡単に行けるという事は幸運なんでしょうね。その幸運をおすそ分けするためにも、これからもエゾヒグマ・リポートを頻繁に掲載するつもりです。

もう「カバ・クマブログ」と呼ばれてもいいっ!

ネコヴィッチ様

21日のデザインフェスタの準備でお忙しいはずであろうと思われる時期のご来園ありがとうございます。

みなさーん、ネコヴィッチさんちの猫ちゃんたちも、すんごく可愛いんですよー! 最近は各猫の性格がだんだん分かってきて(思いこみ?)より楽しく見させてもらってます。

ネコノキモチ
http://yaplog.jp/nekov/

「手」ですが「前足」というよりも、手、ですよね。確かに(笑)。 さすが絵を書いていらっしゃる方だけあって、目の付け所がスルドイ。あのカワイイ顔に比して、将来の猛獣化を予想させるようなごつい手。いまのところは、そのアンバランスさがカワイさを倍化させているのですが。

おはようございます☆

三毛猫です。

ネコヴィッチさんのブログにお邪魔してきました。
可愛いニャンコが一杯いて(特に布団から頭を出してるのがいいですね~)見入ってしまいました。
ほんと、可愛いですヾ(=゜・゜=)ノニャン♪

mechaさんのブログにもお邪魔したいのですが
URLがなくて行けません。悔しいなぁ~~。
こんど教えてくださいね(*^ ー^*)

>ヤマザキさん。私、ずっと上野動物園の園長さんだと思っていました。うあっはは☆でもよく見たら「園丁」になってますね。今気がつきました。

で、私はインテリじゃないですよ☆どっからそんな
話が出てきたんでしょ~~。あははは☆
実は真壁写真館でも「このウミウシは1Mぐらい
の大きさですか?」ってトンチンカンな質問を
しちゃって呆れられています。「1Mだったら僕も
逃げます」とかコメントされました。5cmだそうです。
写真ブログは大きさがわからないので困りますわ

それとしたの質問ですがクマちゃんの首の白い
輪は子供のときだけですか?

三毛猫さま

実は私もウミウシ好きなんですよ~。
小笠原に通っていた頃は、イルカも可愛いけど、ウミウシも捨てがたいと思っていました。

一度、沖の方まで知らないうちに行ってしまったとき(水中マスクにシュノーケルで透明度30メートルの海を散策していた)、1匹のウミウシと出会いました。彼は確実にある意思を持って、一定の方向を目指して体をヒラヒラさせて泳いでおりました。

そしてなんと微笑んでいたのです。「何が楽しいの?」 「何のために生きてるの」等、いろいろ会話を試みたのですが、帰ってくるのはニコニコ顔だけでした。海の真ん中の、1対1の交歓は今でもハッキリと憶えています。

ミカドウミウシ という名前のウミウシは英名では「SPANISH DANCER 」と言います。海牛とは余りに違う名付け方にちょっと笑えます。

エゾヒグマの首の下の白い部分については、コビトカバの方のコメント欄に書きました。ご参照下され。



mechaさんのURLは、この前ヒミツ通信で教えてもらいましたが、まさかここで大暴露をするわけにもいきません(ぎゃはは)。カミングアウトをお待ち下さい。

mechaさ~~ん、そーゆー事なのでヨロシクねーー!!

あーーー

URL・・・・・v-40

見なくていいです~。
だって仕事のなんだもーんv-12

公表しちゃうとニャホさんとことかに書き込みとかしにくいでーす。
自称「プロバイダ」と言っておきますねー。

ニャホさん「三毛猫エピソード」はこの中だけでも充分と思われますが~?
syugyousou「名工はるお、あきお」様もたぶん、そう思っていらっしゃるかも?です。
どうっすかね~?
なので、着々とニャホさんのサイトで自力でも拾っていたワタシでした。

昨日は子どものクマちゃん(エゾヒグマ)をKEEPし、人相のものごっつく悪い「ハシビロコウ」ちゃんを友人に送信いたしました。

いつも憩いをありがとうございます。ぜひぜひ「不整脈」には注意なさってくださいな。

園丁は暴露できない。
仕事だから公開できない。
・・・
ムフフ。
仕事じゃなければ公開できる。
早速、仕事じゃないブログを開けば・・・

大丈夫。
面倒臭くなれば、三毛猫さんが終了させてくれます。
ね、園丁?

ところで、ウミウシ。
スパニッシュ ダンサー!
あ、な~るほど。
ヒラヒラスカートですね。ウ~ムたしかに。

mecha様

syugyousou様もおっしゃっている通り、「仕事以外ブログ」を立ち上げるしかないですね。題して「杜の都からの絶叫」。ギャハハ。

すいません、調子に乗りすぎました。

「三毛猫伝説」編纂についてですが、確かにエピソードということなら、ここで収拾するだけでも良いと思うのですが、何しろ「伝説」ですから「三毛猫幻想」が産まれるものでないと・・・。

早い話、「飛香庵」さんのブログの3月31日の記事に三毛猫さんが投稿したコメントを読んでいただければ、理解していただけると思います。

タダ者ではないのです。天然系の時もあれば、それを認識して自己を戯画化してエンタテイメントに昇華する、ということもなさっておられるのですよ。「伝説」という以上、この様な資料を収集せざるを得ないじゃないですか(笑)。

うふふふ。どうなることやら。

syugyousou 様

確かに終了させてくれます。
「杜の都からの絶叫」はやめて「ヒトの不幸は蜜の味」にしなさい、とかの助言をしてくれると思います。

ウミウシですが、実はずーっ「ウミウシ=スパニッシュ ダンサー」だと思いこんでいて、海に行った時など年下の者に、このノータリン薀蓄をひけらかしていたのですよー。あのレスを書くためグーグル検索で確認してみたら、ウミウシのある一種のみがスパニッシュダンサーという英名を持つ事が分かった次第(赤面)。

いいもーん。どうせタリラリおじさんだも~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん(壊)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。