ハシビロコウ・マニア28 [Shoebill Mania 28]
Sun.09.04.2006 Posted in ハシビロコウ [Shoebill]
sm-shoebill-28

「秘密の花園」



sm-shoebill-30

「あなたに逢いたくて」




sm-shoebill-32

「Rock'n Rouge」

Theme: 動物の写真 « 写真

« コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] | Home | ジェフロイクモザル [Black-handed Spider monkey] »

comments

みんなハシビロコウが好きですよね。
なんだか鳥に見えないときがあります。
後ろのフラミンゴ、きれいです。
バックダンサーはフラミンゴ
ハシビロコウは主役の悪役風。

HAZZ 様

何となくピカレスク・ロマンを想像させますよね。

でも上野には5匹のハシビロコウが飼育されているので、悪党だらけでお話の収拾がつかなくなるかも。
マフィアvs蛇頭vsヤクザvsCIAvsバルタン星人みたいに……。あ、これはこれでメチャクチャになっても面白そうだなあ。

こんにちは。
ご紹介下さったmasaoさまのサイトで、「最強の姫」が長い睨みあいの末、「おとなしめの姫」を攻撃してくちばしに傷をつけるというシーンを見てしまいました。常に距離を置いている彼らしか見たことがなかったので、シシシ ショックでした。あの鳥舎の5倍くらいの広さがあれば....と虚しく思います。
それだからこそ人間にガンをつけたり、威嚇したり、フラミンゴをからかったりしている彼らを見ると幸せな気分になれます。いつも素敵な写真を感謝感謝。
love and peace。

mamie 様

やーやーmamie さん、お久しぶり。

そうなんですよ5倍くらいの広さの鳥舎があれば(高さも)なんですよね。もともと大湿原で暮らしていた鳥なんですから、きっとストレス溜まってるはずです。

学生時代に3畳間のアパートに住んでいた先輩がいて、その部屋は2階なのですが、なんと3畳のうちの2畳分の底が抜けているのでした(!)。その先輩は1階への転落の危険と隣り合わせで生活していました。

そこに酔っぱらって友人達と押し掛け、泊まりになったりすると、地獄絵図というか幽界曼荼羅というか、凄い状態になり、物凄く精神に負荷がかかった事を思い出しました。

そんなことはどうでもいいや。
8年くらい前に上野動物園へ行ったとき、ゾウ舎のあまりの狭さに憤慨し、おもわず投書箱に「ゾウ舎拡張願い」を投函した事がありました。

まさか、おれの意見が取り上げられた訳ではないのだろうけど、その数年後にゾウ舎が改築され現在のものになりました。

だからハシビロコウの鳥舎拡張も、夢物語ではないと思います。あの場所の回りは、けっこうスペースありますからね。

やっぱり吸い込まれます~

これわ・・・まさに小沢真珠なみの魅力です。

ニャホヤマさんの画像を三毛猫さんに伝授なさっていたようにKEEPして「お気に入り」の中のコウちゃんフォルダに入れ、ハシビロコウ仲間の友人にMAILに添付しました~★

う、うごきます~~v-238
すべてKEEPして友達に送信したら(このURLもです~)TOKYOで仕事のストレスで死んでいた彼女の息が吹き返しました・・っておおげさだー。

でもありがとうございます<(_ _)>今後も楽しみにしています~v-274

mecha 様

ありがとうございます。

実はだんだんハシビロコウ写真が難しくなってきておるのですよ。つまり、どうやっても以前アップしたものに似てしまうのです。

まあ、まったく同じ動作でも、生存確認になれば良いかなと思ってますから、深くは考えていないんですけどね。今より詰まらん写真連発となっても、よろしくお付き合い下さい。

けっこうコピーできるもんですね。人身御供になっている動物達に、何兆分の1かの借りを返せたかもしれません。

それでもファンをつづけますだ~♪

ハシビロコウ・・MASAOさんのブログのコウちゃんデータ詳細を読まなければ、メス4羽、オス1羽=計5羽??ってぜーんぜん分からなかったですー。

いまだに「灰色ででっかい顔の悪人面の鳥」が1羽としか思えませ~ん。

でも、たぶんいくらつまらん悪人面のコウちゃんが、ニャホヤマさんのご苦労は別にしても、たとえマンネリ化してもファンは見るv-237v-237~と思いますねーー。

しかもコウちゃんだけでなく、書き込みをしている人たちと、ニャホヤマさんがそれに丁寧にコメントしているのが楽しいもので。
コウメちゃんやゴイサギや他の動物も動物が近くで見れないワタシに取っては「心の栄養」です。

三毛猫さん「美しい天然」ならワタシは「ほんまもんの天然」かもv-12なんでまた的の外れたことを書いてるかも??
でも頑張ってください。楽しみにしているので。

mecha様

このブログは「偉大なるマンネリ」と言われるまで、えんえん続けて行くつもりです。

前提として自己満足でやっているものを、喜んでくれる方が複数いる(!)というのは、私にとっては驚異です。ギャハハ。

上野で生まれ育ってしまったお蔭で、動物園に行けばいつでも珍しい動物が見られるという事が当たり前になってしまっていましたが、やっと自分が恵まれている立場にいると言う事を認識しました。遅すぎるっつーの!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)