スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Fri.13.10.2017 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
17-Western Lowland Gorilla-1011-2
「天使到来」

  [☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg]


 9日にモモコさんが4番目の子供を出産しました。

2013年にモモカがこの世に現れ出でてから、4年ぶりのゴリラ赤ちゃんの誕生であります。
これでゴリラファン悲願のモモコの子供3頭揃い踏みが、現実に見られることにりました(感涙!!!!!)。

「悲願」などと大袈裟な、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、長女コモモはそろそろ受胎可能年齢に達するため、他の動物園への移動がほぼ確定的なのです。 ですから、ゴリラ舎の常連さんたちは、一日も早い赤ちゃんの誕生を願ってやまなかったという訳です。

コモモ・モモカがどのように赤ちゃんに接するのか、今からワクワクが止まりません。 前記のような理由で、同居期間がどのくらいの期間になるのかは分かりませんが、おそらくは日本動物園史上初の3兄弟(まだ赤ちゃんの性別不明なので、『三姉妹』とは書けません)同居という、奇跡のような出来事を、日常的に観察できるというのは、至福としか言いようがありません。

えーと、そんでもって欣喜雀躍は止まらないのですが、せっかく赤ちゃんが生まれているのに、昨日まで夏みたいな気候だったのに、今日からは突然冬になってしまうとはどうなっておるのでしょうか。しばらくはヤキモキハラハラドキドキの日々が続くんでしょうな。

とにかくモモコさんでかした!! 上野のゴリラファンは全員「国民栄誉賞」をあげたいと言っています。



P.S.
ちなみにモモコの第一子モモタロウは現在京都市動物園で、すでに子供をもうけ(ゲンタロウ・5歳)、平和に暮らしています。


« ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla] | Home | ギャー!! »

comments

出産は奇跡だと・・・

どこかのドラマで言っていましたっけ・・。

(^◇^)人間でも大変だと思うのですが、
親戚のゴリラでも同じなのではと思います。

ホント、季節が冬と言う感じなので、
暖かくして子育てに励んでほしいですね(^▽^)/

なかなかのナイスバディおっかさんでんなぁ

体長:150-180cm 体重:90-200kgって
体調もアバウトやけど
体重はヨーワカランレベルなんやねー(笑)

mecha様 まかね様

せっかくコメントいただいたのですが、どうも風邪を惹いてしまったみたいで、頭痛・発熱で何にも考えられまへん。もう寝る。ゼイゼイゼイ。

明日、レスしますので勘弁勘弁~。

mecha様

次女のモモカのお産は軽かった(「スルリと出てきた」そうです)ようなのですが、今回は昨年の死産がありましたので、心配しました。

日曜日の時点では母子ともに健康そうなので一安心しています(日曜の写真は追ってアップします)。

この写真の場所は床暖房になっているらしいのですが、洞窟入り口で風が当たりやすいのです。 でも何故かモモコさんのお気に入りの場所なんですよね(苦笑)。

まかね様

この数字はオスもメスも一緒くたにしているからでしょうね。

モモコの夫ハオコは体重200キロと言われても、不思議ではない体躯をしています。

現在、モモコ達の暮らす第一放飼場には無いのですが、隣の第二放飼場には見学者に見える位置に体重計があります。

数年前に工事のため第二放飼場に一時的に引っ越した時に、もっと注意して見てれば良かった。今度、ゴリラ舎の常連さんに。個体別体重をご存じないか訊いてみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます様

あっ、ご指摘の通り、モモタロウの子供は、まだ一頭でしたね。

東山動植物園のゴリラの出産との記憶がゴッチャニなって、都合のいいように記憶が形成されていた(笑)ものと思われます。

早速直しておきます。 ありがとうございますー。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。