カバ [Hippopotamus]
Tue.16.06.2015 Posted in カバ [Hippopotamus]
15-Hippopotamus-0615-1

「お待たせしました、待ちました。ユイです」

6月1日に上野動物園に、愛媛県のとべ動物園から若いカバの女の子が来園しました。 まだ3歳!(来月で4歳) 

ご紹介が遅れたのは、ユイちゃんが長距離輸送の疲れからか、両親との別離がショックだったためか、プールの中に沈み込んで、時折呼吸のため鼻腔を水面に出すことぐらいしか見れなかったからです。

3歳児には過酷な試練であることは間違いないので、気長に上野の環境に慣れてもらうのを待つしかないのではありますが、来園後2週間経過しても情況が変化しなかったので、カバファン一同は、本当に心配していました。

ところが、昨日(15日)状況が一変しました。 カバ室内飼育舎へ行ってみると、ユイちゃんが陸上へ出て、担当飼育係りさんから手渡しでオカラ団子を貰っているではありませんか! その後ユイちゃんはモリモリとごはん(草)を食べ、水飲み場で水を飲み(プールの水を飲むのではなく、陸上の水飲み場での飲水。育ちの良さがうかがえます)、その後プールに入り、ジロー君ばりの水中横回転を何回も見せてくれました。 すでに自力でジロー君との面会もしていました(写真とともに今夜アップロードします)。

カバファン見学者一同から安堵のため息というか、押し殺した絶叫(笑)が漏れ、歓喜が渦巻きました。 私としては珍しく飼育係りさんに話しかけたところ、「まだゆっくりと経過観察をしなければ、どういう状態かは判らない」という意味のお言葉を頂きました。 プロフェッショナルの冷静な目に信頼感が増しました。

昨日(15日)のような元気で愛らしいユイちゃんの姿が、これからも見学出来、彼女が健やかに成長してくれることを願ってやみません。 嬉しい~~~。



写真追加しまーす。

15-Hippopotamus-0615-2
「優しそうなオジサンみっけー」





15-Hippopotamus-0616-1
「ゴハンたくさん食べるんだもーん」




« カバ [Hippopotamus] | Home | エゾシカ [Ezo Shika Deer] »

comments

こんばんは!

ユイちゃん、プールから出るようになって良かったですね!
飼育係さんはやっぱり、ちゃんと見てるんですね~!

水中横回転、見たい見たい~♪(^-^)

おもちゃのひろくん様

あ、ひろくん、やっとそちにコメントできる記事が掲載してあったので、伺おうとしていたところでした。

ユイちゃんのこと、本当に心配でした。 
あのコビトカバのコウメちゃんが、東山動植物園へ移動になった際は、トラックから降ろされ、初めてのコビトカバ舎へ収容された直後にモリモリと草を食べ始めたと聞いていたので(笑)、ほんとうにもうどうにかなってしまったのではないかと随分ヤキモキしました。

水中横回転の写真も撮ったのですが、パソコンで見てみたら何だか分からない画像になっていたので(ギャハハ)、もう少し鑑賞に堪えられるものが撮れたら掲載しますね。

ユイちゃん、可愛いです〜!

記事を読んで、嬉しい気持ちがこみ上げてきました(*^_^*)
それにしても、ジローおじちゃんとは28歳も差があるんですか!
仲良く慣れるといいです。がんばれユイちゃん!

ニャホさん、お久しぶりです♪
天候がいよいよ夏らしくなってまいりましたが、体調を崩されないようになさってくださいね。
また今度、お会いした時にニャホさんの笑顔が見たいです!(*´∇`*)

図書館の。様

いや~もう一日中起きてる間はニヘニヘですー。 これからあんなかわいい仔と、週に五日は会えると思うと嬉しくてたまりません。

ジロー君は特別の甘えん坊&寂しがりやなので、妻であり姉さん役であり保護者のサツキが地震の際の不慮の事故が原因で亡くなってしまって、辛い思いをしていたはずなのです。

(そのジロー君を励まし続けた『カバ姉ちゃん』ことカバファンのhiroさんや動物ボランティア・カバ班の皆様、担当飼育係りさんの尽力があって、ジロー君は今も元気です) 

ですからジロー君にパートナー様がはるばる四国からやってきてくれたのでありますから、喜びもひとしおなんです。

隣のプールをのぞくユイちゃんも、ジローのことを恐れている様には見えず、それどころか興味ありげに見詰めていましたので、仲良くやってくれるんじゃないかなあと期待しています。

う・・・・

^_^;更新されていたことを気づかず、
見たら、カバちゃんだー「あが~」

さすが、女の子・・・
三歳児にはかな~りハードだったと思われますが、
立ち直りは早いかなー、男児よりもとか思ったりして。

(゜▽゜*)確かに、
プロフェショナルな飼育員さんたちが居て良かったですねー。

mecha様

いやー2週間水の中に潜りっぱなし(時折鼻腔だけ憂い上に出して呼吸だけはしていた)のときは、どうなる事かととても心配しました。

もっとも夜間に草や野菜を食べているとの情報を得ていたので、肉体的にはまだ持つだろうと思っていましたが、何しろイタイケな3歳児ですから、精神面はどうなんだろうかと。

それが先日(15日)から突如吹っ切れたように、陸上で飼育係りさんからオカラ団子をモらうは、水中横回転ではしゃぎまわるは、元気な姿を見せてくれるようになりました。

次回は正しく「あが~」写真をお見せいたします。



1週間も水の中!!さぞ心配なさったでしょう。
飼育員さんのご尽力も大変だったことでしょう。
元気になって良かったです。
でも、希少動物の繁殖のため血縁をさけるため、幼いときから、人間の都合で引越しさせられる、動物園の住民て気のどくなような気もしたり。。。

ネコこころ様

一週間じゃないんです、二週間です二週間!! それで冒頭の写真の題名が『お待たせしました、待ちました』となったわけです。

プールから時折呼吸のため鼻の穴を出すだけだったのですが、水が糞をした証拠に緑色に濁っていたので、食事はしているのは想像できていましたが、一目でも全身を見るまではと気を揉みました。

ユイちゃんは故郷の動物園でお別れ会が催されたほど大切に育てられていたようです。 現在彼女は全開バリバリの元気さを見せてくれていますが、まだ室内飼育舎暮らしです。 この調子ならお外デビューも近いと思われます。

室内飼育舎内での写真もシコタマ撮りましたので、またすぐご報告しますです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)