コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Wed.02.04.2014 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
ミナサンお久しぶりです~。 極楽動物園+1、再開しまーす。

今回はナツメロの『二人は若い』のメロディーを頭の中で再生しながらご覧になってくだされ~。






           13-Pygmy Hippopotamus-1227-1
            「ナツメと呼べぇば~♪」

[☆生息域:ギニア・コートジボワール・シエラレオネ・リベリア (西アフリカの密林) ☆体長: 150-180cm ☆体重: 160-270kg ☆絶滅危惧種]






14-Pygmy Hippopotamus-0204-1
「あいよと答える~♪」







14-Pygmy Hippopotamus-0305-1
「冬のプウルゥゥゥの~♪」






14-Pygmy Hippopotamus-0227-1
「楽しさよ~♪」





          14-Pygmy Hippopotamus-0326-1
            「ナツメ♪」






14-Pygmy Hippopotamus-0130-1
「♪なあに?」






14-Pygmy Hippopotamus-0205-1
「お外は木枯らし~♪」






14-Pygmy Hippopotamus-0201-1
「ふたりはカバい~~~♪」






14-Pygmy Hippopotamus-0227-2
「おそまつ!!」












訃報

 去る2月18日、本ブログに何回もコメントを寄稿してくださったギ装置R(れれこ)さんが急逝されました。 死因は急性心不全との事です。享年38歳。

実は「極楽動物園+1」はgooブログで開園いたしました。しかしパーソナル・コンピューターの操作にうとい私は、使用方法にとまどい、自分の意思が反映されないことに思わずカッとなり、fc2ブログに乗り換えたという経緯があります。

そのgooブログでの第一回目にコメントを寄せてくれたのはギ装置Rさんでした。 現在でしたら、そのコメントをコピーして、現在のfc2極楽動物園+1のコメント欄に貼り付ける、などという小細工をしたでしょうが、当時はそのようなことは思いも付きませんでした("キャッシュ"というのを随分検索したのですが、発見できずにいます)。

とても繊細で、大胆で、知能指数が高く、茶目っ気たっぷりで、優しい人でした。
(2011年には1年間タイに滞在し、友人を沢山作り、昨年再訪された折には、タイ警察のお偉いさんに旗つきの高級車+白バイの先導付きで帰路の空港に送ってもらったりしていて、何度もビックリさせられました→http://gisouchir.exblog.jp/19129202/)

…………彼女の人となりを短い文章で書くのは、私には無理だー。
ギ装置Rさんの盟友、ハンキードリー・ハンクさんが、彼のホームページに追悼文を書かれているので、ぜひともお読みください(ハンクさん直リン許されたし)。

『Soul Kitchen』より「僕とギ装置RとPerfect Day」


あ、これだけは言っておかなければならない事があります。彼女は美人で素晴らしいスタイルの持ち主でしたが、「女」を超越していました。男女問わず友人が多いのは、その辺に理由があるのだと思われます。


2月19日午後9時46分にハンクさんより「れれこさん死亡」の報を受けたのですが、とても実感出来るものではありませんでした。これは彼女一流のジョークではないか、ということに一縷の望みを託して、23日のお葬式に参列してみると、確かに彼女は棺の中で永い眠りについていました。安らかな寝顔でした。

お棺の蓋が閉められる直前、「あ、これは写真に撮っておかなくちゃ」と気付き、れれこさんのパートナー様(近藤廣行 氏)であろうと思われる男性に、許可を取りに行きました。このとき私は自分が何か突拍子も無い、無礼なことをしているのかもという思いがあり、おそるおそるでしたが、勇気を出してお願いしました。

パートナー様は、無遠慮なリクエストを2秒ほど考えられてから、「良いですよ」と快諾されてから「僕にも下さい」と仰って下さいました(どれだけ救われたことでしょう)。

そして、棺が霊柩車に収まり、見送ったところで式場に戻り、入り口に設けられていた「れれこさんコーナー」(彼女の愛用したカメラや、撮影した写真が展示されていました)をつぶさに見ていると、何十枚もある写真の中で、私とハンクさんを新宿西口地下で撮影した写真が、センターに展示されていました。パートナー様のお心遣いに、大感激しました。


れれこさん、あんたの夫選びには間違いは無かった。







(ギ装置Rさんと見学に行く約束をしていた『ワオキツネザル』の項まで、まだまだ続く。)


« ワオキツネザル [Ring-tailed lemur] | Home | 広告消しです~ »

comments

短すぎる・・

神様はどうやって人の寿命を決めてるのか、私が死んだら真っ先に神様に聞きます。こんなに悲しい追悼文はないな・・。
ニャホさん、名古屋にいこ~。温かくなってきましたよ。

みかんぴあの様

高橋信次という方は、自身の死期を予言していて、実際その年齢でなくなってしまっているので(もちろん自殺ではありません)、生まれる前に何事かの取り決めがあるのかもしれませんね。

うーん、しかしマイッタ。 まだまだこの先いろいろやることがあったはずなんですけどね。

いわゆる「霊魂」のようなモノ・コトがあると思っている私でさえこうなのですから、お身内の心労やいかばかりかと……。

東山動植物園、行きましょう! れれこさんの「死」で私がはじめに反省した事は、「モタモタしていてはいけない」です。

まあ、数年前からの脳フリーズ状態が、あっという間に解決するとも思えないのですが、意気込みだけは「すぐやる課」で行きたいと思っています。

会社の方も1ヶ月以上前に申請しておけば休めるようになりましたので、祭日の月曜以外でも遊びに行けます。 コウメちゃんに会って、きしめん食べに行きましょう♪

ニャホさん!お久しぶりです!

武者修行に出ていました。
…嘘です、本当はやりたいことが沢山あって遊び歩いておりました(>ω・)てへ。

私はこれからも極楽動物園+1の更新を楽しみにしています。
またよろしくお願いしますね、園長♪

今回のお外は木枯らし~♪のナツメがごろごろしているのとても可愛いですね!
お気に入りです~o(^o^)o

何度か拝読していたのですが・・・

カバちゃん、「あがー」とか見ていたら・・

ギ装置Rさん、亡くなられたのですね。


たまに以前にハンクさんのブログで、
コメントなども見ていて面白かったです。

ご本人が浅草寺に来た時のニャホニャホさんへのコメント、
確か・・「でっかい寺があった」とか、
オモシロくて印象に残っていました。


・・簡単な言葉ではお伝えしにくくて申し訳ないのですが、
心よりご冥福をお祈りすると共に・・

東山動物園かな、行ってらっしゃ~い!


以上、相変わらず
混雑する場所に行けない占い師よりでした-

図書館の。様

遊びは必要~。ねっ!!

今回は昨年末から撮り溜めた写真です。 プールの端っこの凹のところからナツメが顔を出すのを、ずっと待ち続けました。

それと冬は室内飼育舎に入ると、カメラのレンズが曇っちゃうの。 ハンカチでレンズを拭きながらの撮影でした。

図書館の。様の動向が分からず、ちょっと心配していました。極楽動物園+1はこれからもずーーーっと続きます。 更新が滞る事があるかもしれませんが、懲りずに御来園くださいね。

あ、それから私は園長ではありません。園丁見習いです。見習い! 生涯、いち見習いなんです。うふふ。

mecha☆様

2月の初旬にmecha様が嚥下障害についての記事を書かれていたとき、「ああ、これはおれこそがコメントしなきゃ」と思い、あまりにリキんで、どう書こうかと思案しているうちに脳フリーズになってしまいました。 すいません。

そのとき紹介しようと思っていた、製品↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1151780751

れれこさん、亡くなられてしまいました。いろいろ思いはあるのですが、あの頑固なまでの誠実さは、とても貴重でした。いつも他人の心配ばかりしていたもんなあー。

いくつか彼女からの冥界通信のようなものもありましたので、いつかmechaさんに鍵コメか私信で、見解をお伺いしようと思っています。

ナツメを待つのは寒そうです!

やはりベストショットの影には大変な努力が隠されているのですね。
優雅な水鳥の水面下のバタ足のように。
美人なあの子のジム通いのように。(?)

冬場の結露は酷そうですね!ひぇ~ヽ(´o`;)ノ
レンズに目を近づけると体温で結露がエライことになりそうです。

ところでキャッシュ検索をされたとのことですが、やはりgoogleでは見つからないのでしょうか。
ttp://html-time.com/tool/google_cach.htm?t1=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2F
もっと保存期間の長いところもあります。
ttp://www.archive.org/web/web.php
早く見つかるといいですね!m(_ _)m

追伸 URLはコメントにかけないのでhを抜きました。↑のURLの最初にhをつけてください♪

多摩のハチドリ

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=tama&link_num=21442
先日お会いした時にお伝えするのを忘れていました。多摩zooのハチドリ、昨年最後の個体が死んでしまい、展示が終了したそうです。
生存していた頃、昆虫生態園に入ったことがありますが、ハチドリを見たことがあるか覚えてません・・。

図書館の。様

ちょっと遠出をしていたので失礼しました。

ナツメの部屋は暖かいんです。大げさに言うと木枯らし吹く路上から、いきなり湯気がモウモウのお風呂場へ入った感じなんです。

そんだからレンズが曇る曇る。で、布で拭いても拭いても画像がぼやけてしまうんです。これはカメラ自体が温まるまで続きます。 でもー、どういうわけか、シャッターチャンスはレンズが曇っているときばかりにやってくるんです(困)。

教えてもらった検索をやってみましたが、ダメだったー。URLは当然のごとく忘れているし、文字を入れてみても出てきませんでした。残念&ゴメンねー。

marigold様

多摩の大温室にハチドリがいたのですか。私の視力では発見できませんでした。もし飛んでいるのが分かったのなら、ハイスピード撮影したんですが……。

上野のハチドリもバードハウスの2階から1階へ引っ越した後、姿を見なくなってしまいましたね。動物園のお知らせにある「輸入が難しい」というのは、法律的なものなのでしょうか、それとも生きたまま空輸するのが困難という意味なのでしょうか。

あれは可愛らしい鳥なので、多摩の大温室を大群で舞っている姿を見てみたいものです。

して

「二人は若い」のメロデイーが自然に浮かびました。
きっとナツメの動きがマッチしていたからね。

ナツメのこと、以前おとなしそうだとおっしゃっていたけど、
今はどんな女の子なのかしら?


さて、ニャホさんの追悼文拝読して、れれこさんのことがもっと知りたくなり、ハンクさんの追悼文とれれこさんがタイで白バイに先導された話も拝読しました。

三毛猫さんに勝る“超美人さん”で、まずびっくり!
でも、お人柄の魅力は、女としての魅力を超えていらっしゃるのですよね?
なんてステキな方とお友達でいらしたのでしょう。
ニャホさんの追悼文にも、愛情たっぷり感じます。「続く」を待っていますね。


れれこさま、
お空でパートナー様やお友達のことを見守っていらしてね。
みんな、あなたと会えない世界でも、きっと頑張って生きていきますからね。

かめこ様

あ、一ヵ月更新しないと、コメントが保留になってしまうんですね。 失礼しました。

ナツメちゃんは上野のコビトカバとしては、おしとやかに成長しています。 モミジやコウメやコユリにみられたような、突然スイッチが入って半狂乱になって遊び始めるという行動が少ないのです。

飼育係さんに甘えるときなどは、本当に可愛いです。 このまま健やかに成長していってほしいです。

>三毛猫さんに勝る“超美人さん”で、まずびっくり!
でも、お人柄の魅力は、女としての魅力を超えていらっしゃるのですよね?

数ヵ月ぶりで声を出して笑いました。うひゃひゃ、その通りです。 いや、基本的には愛らしく過度にと思えるほど繊細な女性なのですが、サラッとこちらの概念を超えたことをやっておられました。

ただ、私のつたなすぎる文章では、ありがちなプッツン女と誤解されないかと不安ではあります。

彼女のブログ『左脳日記』に
「30で不思議ちゃんはイタイぞ自分」
という記述があり、そういうことにもちゃんと気付かれておりました。

「続く」の先は当然まだあります。 見学を約束していたワオキツネザルの写真を、ずーっと撮っているのです。 やっとパラパラ素材もたまってきましたので、そろそろ更新します。

ミズマメジカ

やっほ~☆
ここを見て返信しなさい(上から目線)
http://mikanpiano.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=8416235

何か突然上に「三毛猫」がいた。今気づいたけど、残念ながら書かれている文章の意味がわからんからツッコめない・・って言うか、マメジカをはよみなさい(再度上から)

みかんぴあの様

はい~。行ってみました。あのマメジカは初めて見ました。ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)