ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Mon.19.08.2013 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
13-Western Lowland Gorilla-0812-1
「特等席」

[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]



約2ヶ月ぶりに見学に行ったニシローランドゴリラの赤ちゃんは、グングン成長中でした。
母親のモモコにちなんで、「モモカ」と名付けられました。 「コ」と「カ」の違いを彼女らは認識するのでしょうか。

この写真は12日に撮影したものですが、常連見学者の方が「初オンブ! 初オンブ!」と興奮されていましたので、撮影できたのは幸運でした。

ただしモモカちゃんの背中への乗り方が、慣れた感じがしましたので、室内飼育舎ではもう日常的な行動だったのかも知れません。

姉のコモモの時は、始終モモコのお腹側にしがみ付いていたため、石にでも当たったのか頭頂部に500円玉くらいのハゲが出来てしまいましたが、モモカがオンブを覚えたのならその心配はなさそうです。




« 次回 | Home | カバ [Hippopotamus] »

comments

桃果と漢字にすると

総格(画)18で元気な子に育ちます~。
モモカでも  8画なので頑固だけど元気な子になることでしょうー。
(^^ゞ思わず職業意識が・・・よいこに育って欲しいものですね☆

mecha☆様

わはは頑固だけど健康で元気なのは母親ソックリです~。

姉さんはあまり背中には乗らなかったので、コモモ以上のオテンバさんになるのかも知れませんね。

コモモ・モモカ姉妹が2頭だけで遊ぶ日が来るのを心待ちにしています。やっぱり、オママゴトなんかをするのでしょうか。

まだまだ、小さいモモカちゃん。
すくすく、元気にそだちますように♪

おんぶか、抱っこか、好みがあるのかしら。
姉妹が2頭だけで遊ぶ日て、親離れの一歩?

ネコこころ様

姉のコモモちゃんはあまりオンブされていた記憶がありません。 腕にしがみついてバングルのようにしていたり、お腹にくっついていたのは良く見た光景だったんですけどね。

子供が2歳くらいになると、母のモモコが仔を疎ましがる様な仕草をし始めます。コモモはそれでもお母さんと一緒にいたくて、母のお尻にしがみついて歩いていました。

なんだかモモカちゃんは冒険心が旺盛なようなので、案外早く親離れをするのかも知れません。わかりゃしませんが(笑)。

なまえは

モモカになったんですね~!
名前のよく似た家族です(*^^*)(笑)
もうかなりの筋力がありそうですね!
大きくなったら、姉妹でおやつの取り合いなんかもするのでしょうか~。
それもまた楽しみです♪

図書館の。様

モモコ・モモタロウ・コモモ・モモカ。全員集合して飼育係さんが名前を叫ぶと、どのような事になるのでしょうか(笑)。

ゴリラは頭が良いので、普通に自分が呼ばれているのだな、認識しそうな気がします。

モモカちゃんの手を見ると、体に比していやに大きいのと、母さんに置いて行かれないように必死で体に掴まっているはずですから、握力は相当強いはずです。
……全て判りゃしませんが(大笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)