スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトタイガー(ベンガルトラ) [White Tiger(Bengal Tiger)]
Sat.01.06.2013 Posted in ベンガルトラ [Bengal Tiger]
13-white tiger kids-0522-2
「果てしなき闘い」

[☆生息域:インド・東南アジア ☆体長:約100cm ☆尾長:約100cm ☆体重:100-230kg]

東武動物公園で3月16日にホワイトタイガーの赤ちゃんが生まれました。4つ子です、4つ子!! 
http://www.tobuzoo.com/event/details/505/
ただし現在のところ放飼場に出ているのは3頭でした(1頭ずつ休ませるのか、1頭が体調不良なのかは不明)。「ホワイトかるてっトラ」という題名を用意していたのですが、残念(微笑)。 ただし3頭でも元気いっぱいで、可愛さ爆発でした。




13-white tiger kids-0522-3
「果てしなき闘い2」





13-white tiger kids-0522-4
「果てしなき闘い3」






13-white tiger kids-0522-1
「いつまでもやってなさい」





13-white tiger kids-0522-6
「母ちゃん、やるんか? おお!?」





13-white tiger kids-0522-7
「ラブ・アターック!!」






13-white tiger kids-0522-8
「バカねえ……」




« カバ [Hippopotamus] | Home | ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla] »

comments

おはようございます!

じゃれる二頭の子どもがめちゃ可愛いです!
お母さんにダイブのラブアタック〜
やんちゃですね〜

ホワイトタイガーは宝塚ファミリーランド が閉園する時に貰われた子かもしれないな〜

素敵なお母さん♪
姿のない1頭、元気だといいですね。

「ホワイトかるてっトラ」ですか! 私は気に入りました(*^^*)
そういえば、このタイトルはいつ考えているんですか?(笑)

姿の見えない子が気になりますね~。
この間のキリンの赤ちゃんの件以来、なんだか臆病になっちゃいました。

おもちゃのひろくん様

ニワカ検索をしましたら、残念ながら宝塚ファミリーランドから来た「りゅう」は2012年に死亡していますね。 ただし享年20歳で人間で言えば100歳に相当する大往生だったようです。

私は宝塚ファミリーランドが閉園した事を知りませんでした。手塚治虫記念館はどうなったのでしょう。

赤ちゃんたちヤンチャ盛りで可愛いですよ。 ただすぐ眠ってしまうので、この写真は何回かホワイトライオン舎を覗いて見て、やっと撮れたんです。

ネコこころ様

母さん優しいんですよ~。 最後の写真で笑っているのがお分かりになるでしょうか。

出てない一頭は多分、交替で検査や計量などをしているのだと思います。動物園の掲示には「体調不良のため公開中止」とは書かれていませんでしたので。

もっとも今度行ったときに、今回出ていなかった仔が出ていても、個体識別が出来ませんので、ああ、元気だったんだ、とは言えませんが(笑)。

図書館の。様

題はいつもは写真セレクトの後か、パラパラ加工の後なんですが、この時は東武動物公園への道のりが長かったので(笑)、電車の中でボンヤリとしていた時に思いつきました。

この日に姿が見えなかった仔の体調は確かに心配なのですが、動物園の掲示では特別1頭が体調不良であるという事は書かれていなかったので、まあ大丈夫でしょう。

動物園側も久々のスター誕生なので、細心の注意を払って飼育するはずですから、心配は無いはずです。 というか、私が撮影当日に飼育担当さんに訊けばよかったんですけどね(苦笑)。

わはは(=^ェ^=)

可愛い!可愛いとしか言いようが無いです☆

お母さんは偉大ですよね、やはり・・

あ、パンダ、今回は上手く運ぶと良いですね。

mecha☆様

確かに、確かに母は偉大です。 哺乳類では特にそう思いますね(例外はありますが)。 本当に男はカス(笑)。

昔(1970年代?)、オノ・ヨーコが

「男性社会 1000年 煤煙渦巻く 日本国
歴史が指名する 無能の輩 男性総辞任の 時が来た」

という歌を唄っていたけども(曲名不明・誰か知りませんか? もしかして知ってるの日本でおれだけ?・笑) あれは大当たりだった。ぎゃはは。

ジャイアントパンダのシンシンは4日ごろから非公開になるようです。 まあ、何と言うか……、小汚い人間の金儲けの思惑とは別の地平で元気な赤ちゃんを産んでほしいですね。

赤ちゃんたちの

名前が決まったそうですね♪
四番目の赤ちゃんも無事のようで安心しました。
もうすぐ生まれて三ヶ月でしょうか?アッというまに大きくなりそうですね!

写真のタイトルはとっち後に考えてらっしゃるんですか(*^^*)
確かに、 いつも写真が動物たちのありのままで生き生きとした印象をうけますから、「こういう写真を撮るぞ!」という感じじゃ無いんだろうなと思ってました~☆

図書館の。様

あ、名前が決定したこと、知りませんでした。早速あちらのページへ行って確認してきました。4頭元気で育っているようで、安心しました。

確認は出来ないのですが、あの日一番元気で激しくじゃれ合っていた仔が、メスの「サン」ちゃんだったような気がします(ニコニコ)。 もうね、ドンドン育っちゃうの。変な言い方ですが「痛し痒し」なんです。


動物の動きが予想を超えているので、確かにイメージした通りに写真は撮れず、ゆえに題名を考えていてもほとんど無意味になります(笑)。

しかし、想像通りの動きをしてくれても、あろうことか「キタキタキタッ」とカメラを持つ手に力が入ってしまい、ブレブレになってしまうのです(大笑)。それにどういうわけか、決定的なシーンでは、突如ピント合わせが利かなくなったりします。よく心霊写真番組なんかで、シャッターが下りなくなったり、電源が落ちてしまうのとちょっと似ています。

まあ、動物写真の神様が「もっと苦労せーや」とおっしゃっているのだと理解しています(狂笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。