ヤマカガシ [Tiger keelback]
Wed.13.02.2013 Posted in ヤマカガシ [Tiger keelback]
13-Tiger keelback-0206-1
「美形にして剽軽そして温厚」

[☆生息域: 東アジア ☆体長:60-100cm]


えー、皆様お久しぶりでございます。1ヶ月以上も更新が滞ってしまいましたね。すみません。遅れた理由としては
1.生来のズボラ
2.「明けたところで目出度くはない (ハラカラの凄惨な死が悪漢集団のために刻一刻と迫っているのに)」と拗ねていた。
3.爬虫類、特に今年の干支であるヘビのパラパラ写真撮影は実に難しく、動物園へ日参してもなかなか撮れなかった。
の3点であります。

まあ、今年もかつて宣言したように、生半可な気持ちでダラダラと続けます。うふふ。




13-Tiger keelback-0206-8
「意外な実力者」

ヤマカガシは温厚なヘビで無毒と思われていたため、かつては登山道に現れても、「なーんだヤマカガシか」とハイカーに首根っこをつままれ、ポイッと藪の中に投げ込まれるような存在であった。ところが近年、ヤマカガシの牙には毒があり、その毒性はハブよりもマムシよりも強力だという凄い事実が明るみになった。

まあ、優しい温厚な生き物なので、そうとう生命の危機を感じなければ、噛み付いたりしないはずなので、むやみに虐待などしないほうが良いでしょう。当たり前のことですけどね。




今年もよろしくー。


« コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] | Home | お年玉代わり広告消し »

comments

あけましておめでとうございます!(笑)

今年初の記事ですね~!
毒があるのに無毒と思われていたとは、よほど温厚でなかなか人を噛まないから事実が明らかにならなかったんでしょうね。
正面から見た顔が可愛いです♪(^-^)

Tiger keelbackって名前

カッコイイですね!
でも虎みたいな暴れ者のイメージは、ヘビよりコブラの方が当てはまる気がします(・o・)

この、写真の舌をチョロって出すところ、撮るのすごく大変そうです(笑)
神業連写ですか?(*´∇`*)
なんだかアミメキリンを思い出しました。舌が黒い~!!

おもちゃのひろくん様

ひろくん今年もよろしくー!!

私もヤマカガシに毒があるなんて知りませんでした(笑)。この写真を掲載するにあたっていろいろ検索して初めて知ったんです(赤面)。

そのことを知って、ますますこの動物が好きになりました。まるで白木みのるが実はマイク・タイソンを軽く倒せる実力があったのを知ったような驚きでした。

この子カワイイでしょー? 動物園で配布されている『マンスリーどうぶつえん』の今月号の表紙にも起用されているのです。あらためて美しさを認識した方も多いと思います。

図書館の。様

図書館の。様、今年もよろしくー!!

「Tiger keelback」という名前はこの愛らしいヘビには似つかわしくないかも知れませんね。私にはタイガー・ジェット・シンとキム・イルが頭に浮かんでしまいます(何言ってるか分からないと思います。すみません)

この写真は一眼カメラでの撮影を諦めて、コンパクト・デジタルカメラで撮りました。どうしてかというと、現在のコンパクト・デジタルカメラには信じられない機能がありまして、対象が動いてからシャッターボタンを押しても、押す前からの画像が記録できる機種があるのです。それで舌だし写真が記録できました。

理解し難いかもしれませんが、事実何です(笑)。ただその分、一眼カメラで撮るよりは画質が落ちますが。まあ、このブログに画質の上等さを求めている人も少なかろうかと(大笑)。

[追記]
動画にもこの機能は適用され
http://video.fc2.com/content/20111215Bdx3YPvc
の1カット目と2カット目は、それで撮れたシーンです。

動画、音楽のチョイスいいですね

本当に潜水艦みたい
What a wonderful planet! :)

デジカメに短期記憶の力があったなんて知らなかった…。
ちなみに私の前の携帯のカメラは、シャッター音の約0.5秒くらい後の画像が撮れてました!!(~-~;)
被写体の(ともだちの)、油断した顔がとれたものです(笑)

プロレスネタ?は詳しくわかりませんでした。てへ

^_^;ヘビ様は苦手ですが・・・

画像だと思えばなんつーことも無いかなとか・・・
それよりも(^^ゞ動画で思わずハシビロコウを見てしまいました~。
見入ってしまいました・・今は寒いからあまり出ないのかな、
彼女たち彼一羽?・・・

図書館の。様

あ、いや恥ずかしながら音楽は『2001年宇宙の旅』のパクリです。ひゃはは。

あー、携帯のカメラのシャッターですが、2年位前に常磐線の窓からスカイツリーを撮ろうとしたら、あまりにタイミングがずれて駅舎を記録したなんて事がありました。呆れ果ててそれ以来携帯のカメラは使っていません。

携帯のカメラのシャッターの遅れについては、たしか警察官だか自衛官だかが女子高生に対して不埒な行いをした結果、わざとタイミングがずれる様に強制設定になってしまったんですよね。 あほか~。

mecha☆様

ヘビは大抵の種が綺麗で愛らしい生き物です。

何故か毛嫌いされる方がおられますが、とても不思議です。もちろん感性の問題ですから、「あなたは間違っている」などとトンチンカンな事を言うつもりはまったくありませんが、「人間は好きだけども、鳥取県人は嫌い」的な理解不能さがあります(困)。

ハシビロコウに関しては、出てます。ただし日が傾くのが早く、私がハシビロコウ舎にたどり着く前に小屋に戻ってしまっていることが多いのです。 ただ撮り溜めして整理・加工が出来てない写真は山ほどありますので、なるべく早く登場してもらいます(上野のハシビロコウはメス3羽オス2羽です)。

意外と可愛らしい

そうだったんですね、とても勉強になりました。
私も、ヤマカガシには毒がないから遭遇しても心配ないと、長年思い込んでいましたので。
でも、こちらから危害を加えたりしなければ、特に問題はないわけですね。
こうしてヤマカガシの姿をじっくり観察すると、意外と可愛らしく思えてきました。

事業プランナー様

ヤマカガシの毒については私もニワカ検索で初めて知りました(笑)。

ヘビもよく観察していると愛らしい生き物だということが分かります。ヘビ嫌いの方は
1.幼い頃からの刷り込み
2.観察不足
が2大要因となって敬遠がちになるのではないのかと思われます。

これは結構恐ろしい事で(特に要因の1)、早く脳を開放されることを願ってやみません。誰かに催眠術をかけられて一生を過ごすのはもったいないですもんね。

一般にはずーっと無毒と思われていたのには、彼らがおとなしい動物だからでしょうね。そうとう苛めなければ噛まれることはないのではないんじゃないかなあ。「窮蛇ひとを噛む」というところでしょうか。

2001年宇宙の旅!

その曲だ~!聞いたことあると思いました(^o^)
まだ観たこと無いんです。観たい~でも寝てしまいそう!

携帯のカメラにそんな裏話があったなんて知りませんでした(´_`;)
他の国の人たちには知られたくないですね…(笑)

そういえば最近、外で隣に座った方がハシビロコウの写真集をみていて、「おっ」と思いました(*゜∇゜*)

図書館の。様

2001年宇宙の旅のオープニングに使われているのはリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」ですね。↓
http://www.youtube.com/watch?v=3XyS7uCtnq0

宇宙には何故かクラシックミュージックが合うとスタンリー・キューブリックは発見したんですね。で、水中スローモーション動画にもピッタリと合うと私が発見した(笑)。

ハシビロコウには熱烈なファンの皆様がおられるようです。テレビ局のデマ報道で、すっかり「動かない鳥」にされてしまいましたが、3分くらい待てばたいていどこか動きますので、カメラを持って動物園へ行かれたならば、ほんの少しの間我慢して、シャッターチャンスを待たれるのが宜しいかと思います。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)