スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワオキツネザル [Ring-tailed lemur]
Sun.30.12.2012 Posted in ワオキツネザル [Ring-tailed Lemur]
12-Ring-tailed lemur-1226-1
「バオバブの木の下で」

[☆生息域:マダガスカル島 ☆体長:40-45cm ☆尾長:55-65cm ☆体重:2.4-5.5kg ☆絶滅危惧種]



12-Ring-tailed lemur-1224-2
「上野の冬の風物詩・ワオ団子」




12-Ring-tailed lemur-1224-1
「ワオキツネザル今年も大騒ぎ」




12-Ring-tailed lemur-1224-3
「ワオキツネザル来年もきっと大騒ぎ」



みなさま今年もどうもありがとうございました。来年もよろしく~。




« お年玉代わり広告消し | Home | ボルネオオランウータン [Bornean Orang Utan] »

comments

こんにちは!

この光景を見た後でワオキツネザルのぬいぐるみが束で売ってるのを見たら10個くらい買ってしまいそうです!(笑)

今年も楽しい記事をありがとうございました!
また来年も楽しみにしています!
動物園にも行きたいですね!(^-^)

え!!誰の尻尾?
私の尻尾はどれ???

え~と、7人ですか?
まだ、誰か見落としています。

今年も、素敵な動物達、ご紹介ありがとうございました。

来年も楽しみにしています。♪

おもちゃのひろくん様

動物園の常連さんに、このワオたちの個体識別が出来て、即座に名前の言える方がおられます(笑)。ですから、ちょっとづつでも変化ををつけて販売していただけるのなら、わたしも10頭大人買いしてもいいですね。

東山動植物園へ行ってから、もう9ヶ月にもなるんですね。早いなあ。来年もどこかの動物園へ一緒に行けるといいですね。

来年もよろしくです。

ネコこころ様

えーと、最後の写真では8頭写ってますね(右の後ろに1頭見え隠れしています)。

2枚目の写真で1頭だけ顔を出しているのが、今年産まれたチビちゃんだと思うのですが、もう大きくなってしまっていて確信が持てません(微笑)。

あの赤ちゃんの成長記録も載せようと思っていたのですが、写真整理が出来なくて、そのままになっています。母さんの背中に必死にへばりついて、振り落とされまいとする姿なんかとても可愛かったのですが……。

来年もよろしくです。

アニマルプラネット

ワオキツネザルの名前を覚えてる人って、アニマルプラネットの人じゃないですか?(笑)
さっき年が明けました。今年も名古屋で会いましょ~~

(゜▽゜*)明けましておめでとうございます

お団子になっているワオキツネザルの姿が可愛いです!
マダガスカルは暖かいんでしょうか、
だったらいくら動物園でも寒いでしょうねー。
今年もよろしくお願いいたします(^ー^)v

あ、クマちゃんクイズがあるので、
深夜付ですが、ご応募くださ~い☆

三毛猫さま

ワオの個体識別ができる方は、テレビ関係者ではなく、上野動物園の常連カメラマンさんです。

ん~、これ、詰まるところは動物に対する「愛情」なのではないかと思っています。双子のお母さんも子供を当たり前のように識別できるでしょ。

私は愛情以前に対象(今回の場合はワオキツネザル)が、視力低下のため良く見えていませんので、個体識別は夢のまた夢です。

ただいくら目が悪いからといっても、三毛猫さんと、おもちゃのひろくんさんの区別くらいはまだ出来ますので、ご安心ください。

今年もよろしくです。

mecha☆様

マダガスカルは常夏と言って良いのではないでしょうか。

ですからワオ君達には日本の冬は寒かろうとは思うのですが、このバオバブの偽木の下の祠のようになっている穴は、動物園の配慮により床暖房になっているようです。

実はねー、今年は赤ちゃんも生まれたので、数千枚ワオを撮影してあるのですが、ぜんぜん整理が出来てないのです(苦笑)。

クイズ、明日よっぱらって挑戦してみます。

今年もよろしくー。



やっと見に来れました!

みんな(ひとりのぞく)こっち見てる~!!しかも同じ顔にみえます!(笑)
この子たちの尾キレイですね。好きです。一見すると目立っちゃいそうだけど、野生では保護色になるのかな?

マダガスカル出身ということは、日本の冬はあまりにも寒すぎるのでは…(ノ_+。)
集まってるところ、とってもとっても可愛いですが…気の毒に(泣)

末筆ですがニャホ園長、今年もよろしくお願いいたします。

図書館の。様

1分でも時間が惜しいところを来園くださりありがとうございます。

ワオ達の尻尾、綺麗ですよね。あれ保護色なのかどうかは私にも分かりません。シマウマの柄にも諸説あって、あれで保護色になっているのだという意見と、目立つ柄にして大群でまとまっていると何だか分からない怪物のように見えて、結果、捕食されにくい、とかいろいろな意見があるようです。

ワオ君たち寒そうですが、バオバブの木の下の祠の中は床暖房になっているそうです。それで外で遊んで寒くなると入って温まっているようです(ゴリラ舎の洞窟住居も床暖房とのこと)。

今年もよろしくお願いします。
(あっと、私は『園丁見習い』ですから園長ではありません。会社で例えれば平社員になるため研修中といったところです・笑)

ムカつくぱらぱら

ぱらぱら漫観ました。
あれ、なんですか?
病気になってから嫁さんを大事にしたって遅いですよ。

三毛猫さま

わっはっは凄いところに噛み付いてくるなー(大笑)。カンサイドクミケネコの面目躍如です。ひゃははは。

私が感心したのは手法とか構成についてです。振り子をあのように効果的に使った作品は映画・演劇で見たことありません。

ストーリーというものは
1.貧乏な 2.子供が 3.病気で 4、死ぬ
というようなもので、多くの人が「感動」して涙を流しながら「良い作品」と感想をのたまうのです。ですから、私のように高級な笑いを主とした演芸が好きなものにとっては、あまり興味の対象ではないのです。

ただ遥か昔、高校生の頃に見た黒澤明の『生きる』にはブッ飛びました。超有名な映画ですので、私がいまさら言うのもナンですが、あの作品、物語の半ばで主人公が死んじゃうんですよね。トンデモ構成なのに、「実験的作品」ではなく名画になっているので、あ~、やっぱりクロサワって有名だけど、それだけのことはあるんだわと思ったものでした。い~のちみじいかし~こいせよおとめ~~~♪


えー、動物写真の更新ですが、やっと目的の動物が撮れましたので、近々復活しますです。

やっと 落ち着きました☆

時間に余裕ができたので、ひさびさネットです(^ー^)/
ニャホさんのところに来ると癒される~~。

図書館の。様

せっかく御来園いただいたのに、更新が滞っていてすみません。 今日明日中に新記事をアップする予定です。

確かに、このブログの過去記事は癒し系動物満載です(ニコニコ)。と申しますか、人間以外の動物はほとんど癒し系ですね。

このブログはなかなか更新しなくても、ずっと続きますので、いつでも来てくださいねヽ(・∀・)ノ

楽しみです♪

時間できたので、また近いうちにお会いできそうです。
人間にもときどき癒されますよ~(*´∇`*)赤ちゃんとか♪(笑)

でもニャホさんのコメントにも癒されてます(*^ー')b

図書館の。様

人間嫌いの私でも、赤ちゃんは例外!! もはやねー、寄る年波のせいか路上で赤ちゃんを見かけただけで涙ぐむようになってしまいました。

日本国は赤ちゃんを守れ!!!!


あと1時間くらいで更新できると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。