おにおおはし[Toco Toucan]
Wed.19.09.2012 Posted in おにおおはし [Toco Toucan]
おにおおはし12-Toco Toucan-0724-2
「かーちゃん おなかすいたー」

[☆生息域:南アメリカ ☆体長:55-65cm ☆体重:500-850g ☆絶滅危惧種]



7月9日に巣から出てきたオニオオハシの幼鳥です。クチバシが黄色く、寸詰まりで、見るからに赤ちゃん。しかも3兄弟(性別は判らず)ですぜ! 上野動物園でオニオオハシの仔が産まれたのは初めてなんじゃないかなあ。オニオオハシ夫妻の行動から判断して、巣を大きくした飼育係りさんの判断に拍手を送ります。


動物園スタッフ撮影の動画↓ 可愛いからみてちょー。
http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/1207_02/index.html


12-Toco Toucan-0724-3
「ングングング」





12-Toco Toucan-0724-4
「おおきくなるじょー!」






« 雲 | Home | エゾヒグマ [Yezo Brown Bear] »

comments

(^▽^)/こんばんは☆

1コメげ~~~っと・・かな(^ー^)
もう結構大きくなっているんですね、雛たち。
オニオオハシ、一般人でも飼えますか?
久々の更新が鳥でありがたや~~♪ヽ(´▽`)/

mecha☆様

はいー、大きくなっちゃいました。今日も見てきたんですが、もうクチバシも黄色ではなく、ほとんど親と同じオレンジ色になっていました。

オニオオハシはペットショップでも売られていることがあるようですが、最低限6畳間くらいのケージと、密林のような止まり木、充分な日光などが必要です。そういう条件を満たさないと、ほとんど虐待と同じ事になりますので、一般の人が自宅で飼うのはなかなか難しいんじゃないかと思います。

鳥の写真もやたら溜まっているのですが(コサンケイ・ワライカワセミ・カンムリシギダチョウ・ハシビロコウなど)、整理と加工する時間が無くって……。 せめて月3回更新を目指しますです。

動画、拝見しました

どっちが親かわからん・・

って言うか、何で「鬼」とつきますか?「おおはし」じゃだめなのですか?大橋巨泉を想像するから?(笑)

なぜか文章をかくと、書き込み制限です(涙)

こんばんは!

オニオオハシは神戸にある花鳥園で肩に乗せてエサを食べさせた事があります♪
子供もクチバシが大きいんですね~!(^-^)

みかんぴあの様

あっという間に大きくなりましたね(笑)。フルーツばかりでどうしてあんなに早く成長するのでしょうか。生命の神秘です。

オオハシじゃ駄目なんです。オオハシっていう鳥が存在していて、それよりも大きいという意味でオニオオハシなんです。

日本の生物学界には同種の生き物の大型種に「オニ」を付ける事がしばしばあるようです。 オニヒトデやオニヤンマはそういう訳でオニがついているのだと思われます。

逆に小さい種には「ヒメ」を冠する事があり、みかんぴあのさんも御存知の「ヒメミユビトビネズミ」もミユビトビネズミの小型版です。ハリテンレックの小型種はヒメハリテンレック、小さなリンゴのヒメリンゴも同じ由来と思われます。


以上の伝から申し上げますと、大型の大橋巨泉はオニ大橋巨泉となり、小型はヒメ大橋巨泉となります。大きいのはともかく、身長75センチの大橋巨泉は怖いだろうなと思います。

ネコこころ様

ありゃあ、私は設定に何の手も加えてないのですけどね……。
そう言えば私も授乳の際の「オッ×パ×イ(×を抜いてね)」が入らず、心ならずも「ミルク」に変更した記憶があります。

言論統制の吹きすさぶ明治の世で、世紀の大天才・宮武外骨先生は主宰する『滑稽新聞』紙上において、論説の間にわざと不要の伏字「○○○」を挿入して堂々と論陣を張ったそうですが、
http://ameblo.jp/toshiyukimaesaka/entry-10454563867.html
これからの時代はこういう知恵も働かせなくてはものが言えなくなるのかもしれませんね。


これに懲りず、またのコメント投稿をお待ちしています。

おもちゃのひろくん様

子供のくちばしはきれいな黄色で、プラスチック製のフィギュアみたいです。

『ひろくんとあそぼう』での花鳥園での記事、うっすらと憶えてます(微笑)。

でも、ひろくんが「オニオオハシを肩に乗せて」と聞くと、何だかフック船長がオウムを乗せている図が浮かんできてしまいます(笑)。

ぜひともシャアかデスラー総統のコスプレでオニオオハシを肩に乗せた写真を見てみたいものです(大笑)。

ありがとうございました☆

さっき記事にしたので、また見てくださいね~~☆ニャホさん、いつもありがとです!!

で、おもちゃのひろくんへのコメント、ワロタ!確かにそう~~!じゃあ私の場合はどうなりますか?焼き鳥屋のおばはんになるんでしょうか?ヽ(`Д´*)ノが~~~

三毛猫さま

三毛猫さんでしたら、同じ音楽畑でオペラ歌手のマリア・カラスのステージ衣裳を参考にされたらいかがでしょうか↓
http://www.google.co.jp/imgres?q=%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9&start=236&hl=ja&sa=X&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&rlz=1I7SUNA_ja&biw=1024&bih=595&addh=36&tbm=isch&prmd=imvnso&tbnid=Bgjx-5Ux4ceCBM:&imgrefurl=http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4877990941.html&docid=8Z3ckpzptTMF1M&imgurl=http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4877990941.jpg&w=750&h=1000&ei=NuRyUJ7HLKSfmQWdmYCoBg&zoom=1&iact=hc&vpx=783&vpy=129&dur=407&hovh=259&hovw=194&tx=162&ty=158&sig=108208779728179527964&page=11&tbnh=133&tbnw=102&ndsp=24&ved=1t:429,r:23,s:236,i:223

ぜひこのスタイルで両肩にオニオオハシを乗っけてください。

マリア・カラスはレストランのメニューを読み上げただけで、聴衆の感涙を搾ったという伝説がありますので、三毛猫さんにはぜひウドン屋のお品書きを暗誦(『素うどん~ネギうどん~~キツネうどん~~~』と義太夫語り調でうなる)していただいて、シモジモを爆笑地獄に導いていただきたいです。さすれば「浪速のモーツアルト」を凌駕する事請け合いですぜ!

ぎゃははは!

何で私が布巻いて、肩にオニオオハシ載せてうどんのメニューを読むんですか?想像しただけでウケル~~ハードル高いけど、やってみよっかな(爆)

みかんぴあの様

オニオオハシのみならずラッコやカメレオン、サボテン、鏡餅、横山ホットブラザースのノコギリ等、回を重ねるごとにエスカレートして乗っけていかれることを望んでいます。

演目として一番リクエストしたいのは、河内家菊水丸の『ボブ・マーリー物語』です。ピアノの弾き語りでぜひとも実現なさてください。 いろんなものを乗っけるのを忘れずに。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)