オグロプレーリードッグ [Blck-tailed Prairie Dog]
Tue.03.07.2012 Posted in オグロプレーリードッグ [Blck-tailed Prairie Dog]
12-Blck-tailed Prairie Dog-0608-3
「母ちゃん母ちゃん」


[☆生息域:アメリカ大陸 ☆体長:30-35cm ☆体重:約900-1400g]

前回オグロプレーリードッグの赤ちゃんが、今年も誕生した事ををご報告しましたが、その後2頭を確認し合計3頭までは目にする事が出来ました(動物園の常連さんによると4頭生まれているとの事)。 しかし例年のようにワラワラと穴から出現し揃って草を食む光景には1ヶ月間動物園へ日参していたのですが、ついぞ巡り会えませんでした。

いろいろと原因は考えられるのですが、的外れな事を書いてもナンですので、ヨタ話は省略します。
今年は寂しい2頭身幼稚園でした。最初に確認した赤ちゃんは、すでに3頭身くらいに成長しています。ただやっぱり甘えん坊のようで、立ち上がって授乳の催促をしていました。これは初めて見ました。



12-Blck-tailed Prairie Dog-0608-2
「母ちゃん! 母ちゃん!! 母ちゃん!!!」



NO NUKES ONE LOVE!!



« ベニイロフラミンゴ [Greater Flamingo] | Home | オグロプレーリードッグ »

comments

怪しいサイトに(;^_^A

・・占い師mechaという人がいたらしいので、
とりあえずmechaと☆を付けておきます^_^;


あらま、そんな経緯があったのですか。
小動物の皆さんも色んな出来事がありますね~。

母ちゃん!・・・いい響きだなぁ、昭和を思い返します。
もしかしたら独り占め?


「原発稼働反対!」


ではでは(* ̄∇ ̄)ノ

親子に勝る愛情はありませんね

ニャホさん、こんばんは☆
色んな愛がありますが、親子愛に勝る愛はありませんね。最近はアホな親が多くてコケますが、こういう画像を見て初心に返ってもらいたいものです。

親がアホなら子もアホに決まってるのですから、同じアホなら踊らにゃそんそん、シーチキンです)^o^(

って言うか、怪しいサイトに占い師mechaという人が出たとの話しですが、面白い展開になりそうなら呼んでくださいね☆

mecha☆様

あららニセモノ出現ですか。 ビッグネームになるといろいろ大変ですなあ。

もしそのイミテーションさんの文章を発見されたなら、なるべく沢山の「素材」を私信でコピーペーストして送っていただけませんか。正体を割り出すやり方があるかもしれませんので。うふ。体は老人、頭は子供の金田一中年にまかせなさい。ぎゃはは。

この写真の仔は「ママ」ではなく、「母ちゃん」でした。個体の個性もあるのかもしれません。ちょっと育っていたからかも。生まれた仔が少ないせいか、母親独り占め状態です(でもあんまり穴から出てこないけど)。

罪の無い彼らには放射能と無縁の草と母乳が必要なんです。 10日ほど前に伊豆大島のアシタバが基準値越えで出荷停止になっていますから、前途は暗いと言わざるを得ませんが……。


三毛猫みかん様

野生下でも育児拒否はあるようなのですが、動物園でも本能が壊れてしまっていて育児放棄してしまう親がたまにいますね。

でもね、その捨てられた子供を飼育係りさんが育ててひとり立ちさせ、立派な親になってる例も沢山あるんです。このへんが生物の神秘です。

上野のプレーリードッグ舎は土と触れて生活していて、巣も穴倉なので、彼らは健全に育つようです。 やっぱり環境が大きいのかもしれませんね。

ニセモノさんについては、イミテーションが本家を凌駕した事がないという事実から、まー安心しています。 逆に言えばニセモノが出てくるという事は一流の証明ですからね。おれもショーグン“ゲホゲホ”ヤマザキなどという一人二役をやって盛り上がろうかなあ(ウソです。面倒だからやりません)。

赤ちゃん可愛すぎ!!

小ちゃい!
そして細い!(笑)

ひろくんのニセモノの大人のおもちゃのひろくん(笑)

おもちゃのひろくん様

はいー、ちっちゃいのですよ。親もまだ幼い感じで小型なので、小さな親子で微笑ましいです。

ひろくんにしろ占い師様にしろ、「底無し」のお方たちですから、成りすましというのはなかなか難しいでしょうね。もっとも、おもちゃのmechaなどというキャラクターを創出された方がおられれば、それはそれで見てみたいとは思います。

パンダ

パンダ生まれておめでと~~☆

三毛猫みかん様

私もシンシンこと仙女(シィエンニュ)出産の報には、思わず目尻が下がりました。

ニューカマーのパンダ夫妻の記事はまだほとんど記事にしていなくて、シンシンはまだ写真さえ掲載していないという体たらくであります。シンシン・リーリーはまだ子供っぽくて個性が判りづらいので、なかなか記事に出来ないのよ。

もし上野動物園がニホンツキノワグマの冬眠の様子をモニター画像で公開したように、シンシンの子育てぶりが撮影できるようになったら必ず撮影してきて公開します。

シンシンの赤ちゃんが、人間の金や政治の思惑の波に飲み込まれないで、健やかに成長してくれる事を心から望んでいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)