ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear]
Fri.30.12.2011 Posted in ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear]
11-Japanese Black Bear-1019-5
「何故か陽気な午後 (10月19日撮影)

ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear]
[☆生息域: 日本(本州・四国・九州) ☆体長: 120~1900cm 体重:40~150kg]

タロコの赤ちゃんは「ウタ」と名付けられました。性別はメスでした。
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=&link_num=19877&inst=
ウタの身体能力には目を見張るものがあります。たびたび写真に出てくるクマ棚に丸木橋を使わず、根元部から四肢を巧みに使って登りきってしまい、見学者を唖然とさせたこともありました。

優勝カップのような形の巣の頂上に楽しそうに上りきってしまう赤ん坊クマは、その体力からオスとの予想が大方の見方でしたが、女の子であった事が判明しました。母のタロコも幼少時はオスと推定され、タロウの名で親しまれていた事を思い出しました。 ニホンツキノワグマのメスは人間が思っているより活発なのかもしれませんね。





11-Japanese Black Bear-1019-6
「ハーイ、タロコです (10月19日撮影)





11-Japanese Black Bear-1019-9
「不思議な母さんです」





11-Japanese Black Bear-1019-8
「ウタちゃん、遊ばないと立派な大人になれませんよ」





11-Japanese Black Bear-1216-1
「ただいま冬眠中」

現在、タロコとウタの仲良し母娘は冬眠室で冬眠中です。
冬眠の様子は部屋に設置されたカメラにより、外部モニターで見学する事が出来ます。




11-Japanese Black Bear-1224-1
「伸びる右足」

冬眠といってもずっと眠り続けるわけではなく、ときおり食事(量は少なくなっている)に起きてきたり、母娘でじゃれあったりしています。




11-Japanese Black Bear-1224-2
「スキ」


ウタは今年の2月にタロコが冬眠中に生まれた仔なので、懐かしい故郷に帰ってきたような気持ちなのかも知れません。母さんと二人きりでとても楽しそうです。




*************************************

避難(一時避難を含む)・移住受け入れ先リスト

こども福島情報センター/市民放射能測定所
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク


【一覧】福島県民の自主避難受け入れ先リスト
(ブログ『Atelier SOLEIL ~アトリエ・ソレイユ~ の、こものと、暮らしと、つれづれ日記』の管理人それいゆ様が一覧表を作ってくださいました)

天使病院 (北海道札幌市)
「被災地域の妊婦さんを受け入れます(無料滞在施設を用意しています)
天使病院では、東日本大震災で被災された妊婦さんの受け入れを行っています。母子手帳がない場合でもお引き受けいたしますので、ご希望の方は担当者までご連絡下さい」


被災者受け入れ自治体リスト


« コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] | Home | ホッキョクグマ [Polar Bear]  »

comments

こんばんは(^ー^)v

ご機嫌な?・・クマちゃんです。
(^▽^)/とってもチャーミングですわ。
クマちゃんと言えば、新春のクマちゃんクイズ、
チャレンジお待ちしていまーす!
and 今年もお世話になりました・・(^ー^)

あけましておめでとうございます!

ズタ袋で遊んでるのはお母さんの方でしたか!
笑える画像です!
仲のいい親子ですね~♪
人間もこうだったら幸せになれるのに・・・なんて思います。
今年も仲良くしてくださいね!(^o^)

島民・・じゃなかった冬眠!

熊って冬眠すうRのですか?こんなにでかいのに?
知りませんでした~~で、寝てないし。
寝る必要がないようにも思うのですが、そういうものなのでしょうね・・

あ、遅くなりました。明けましておめでとうございます!(^^)!

占い師mecha様

はい~。 こちらこそお世話になりました。

クマはしばしば直立しますし、よく笑いますので、とても親しみやすい動物だと思います。

今年はこの親子に幾度となく笑わせていただきました。 ウタが放射能の影響を受けず、健康に成長していくことを願ってやみません。

今年もよろしくお願いします。

おもちゃのひろくん様

はい~、今年もよろしくお願いしますね。

母親のタロコも5歳ですから、遊び盛りと言ってもいいんですよね。 若い母さんは子供の頃母親と離れ離れになってしまったのに、微かに残った母親の記憶と本能で、見事に自分の娘を育てています。 泣けます。

人間も本来こうだったはずです。 それにしても父親の役目って一体……(微苦笑)。


仲良し母娘を見ていると、慰められたり癒されたり何かを気付かせられたりします。

三毛猫さま

はい~、今年もよろしくお願いします。

確かに言えるのは「冬眠すうR」の所有物ではないという事です。

冬眠と言ってもずっと眠り続ける訳ではないらしんです。まあ、考えてみれば水も飲まずに数ヶ月も過ごせるわけはないのですが。

坂口安吾が神経衰弱になった時、睡眠療法という治療をしたのですが、睡眠薬を飲んで基本的には眠っていても、食事時間には起きて栄養補給をしたり、用便をしたりしていたとの事です。 クマたちの冬眠というのもそんな感じなんじゃないのでしょうかね。

寒中お見舞い申し上げます。

ニャホさん おかわりありませんか~?

今年初コメ。
本年も、宜しくお願い致します。

ウタちゃん 元気いっぱいですね~!
写真を見ているだけで笑顔になれます~(o^∇^o)ノ
冬眠中もモニターで観る事ができるのですね~
すごいわぁ~~!

今年も、素敵なパラパラ写真 楽しみにしています~
+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+ 

マリアさま

はい~、今年もよろしくお願いしますね。

私もそちらへ数回コメント投稿を試みたのですが、意気上がらない事夥しく、景気の悪いツラ見せてもなぁ、と尻込みしてしまいました。

動物の赤ちゃん達が元気なのは救いです(記事にしていませんが、クモザルの赤ちゃんは死亡してしまったようです)。 ニホンツキノワグマ、ツチブタ、コビトカバの赤ちゃんは、みんな元気いっぱいです。

現在の所、暗黒の未来しか見えませんが、せめて動物君たちの瞬間瞬間の命の息吹だけはお伝えして行こうと思っています。 できれば引き攣りながらも唇に笑いを忘れずに。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)