復活!! 雨の日はパンダに会いに行く 46
Sun.24.04.2011 Posted in パンダ [Giant Panda]
11-Giant Panda-0423-1
「雨の日はつまらないじょ(比力


昨日(4/23)放射能雨の降りしきる中、カバのジロー君を応援に行く途中、ジャイアントパンダ舎の前を通りかかった。あいにくの天気で見学者の列が極端に短かったので、ちょこっとあの仔たちと初対面してきた。

それにしてもこのブログでは数少ない企画の「雨の日はパンダに会いに行く」がこんな形で復活するとは。嗚呼。



11-Giant Panda-0423-2
「みなさんヨロシクだじょ~~~ (比力)

今回の写真は2つともオスのビーリー(比力)です。メスのシィエンニュ(仙女)も大変に可愛らしく、写真も何枚か撮ったのですが、残念ながらパラパラ写真に見合うものが出来ませんでしたので、彼女の登場は後日ということでご勘弁を。

なお彼らの名前は本名の
中国名では、オスが「比力(ビーリー)」でメスが「仙女(シィエンニュ)」でありますが、
日本名ではオスが「リーリー (力力)」メスが「シンシン(真真)」
となった事は、テレビなどのマスコミ報道でご存知の通りです。 

しかし「比力・仙女」という愛らしく美しい名前も捨て難いので、このブログでどちらの名前を使うかは未定です。まあ、以前リンリンとのカップリングを試みたシュアンシュアンもメキシコでは「ダブルダブル」というニックネームで親しまれていたようなので、そうこだわることはないと思われるのですが(笑)。



« フクシマ関係 | Home | カバ [Hippopotamus] »

comments

(^o^)/雨の日パンダ

v-20復活、おめでとうございま~す!
この際、名前はわからんので(-_-;)
とにかくおめでとう&パンダ来て良かったですね^-^)

占い師mecha様

せめて日本名だけはカタカナだけにしておいてくれたら混乱しなかったんですけどね(笑)。

ちょっとだけ見学しただけですけど、若い仔達なので、元気溌剌なのはやはり嬉しかったです。

なんかビーリーの足クセに(関節が柔らかいらしい)ハマりそうです。



おはようございます!

おお~!!
噂の新しく来たパンダちゃん!!
まだまだ行列が長いと思ってたので、当分ここでも見られないかと思ってたのですが、早めの登場で嬉しいです!(^o^)

顔が違う~~

リンリンとちょっと顔が違いますね。やっぱ、パンダもいろんな顔があるんですね~~びっくり☆

で、いい忘れていましたが、明後日(2日:月)上野動物園の入り口あたりに10時ごろいますのできてね~~ニャホさんが来てくれなかったら、私はひとりぼっちで寂しい人生になります。

おもちゃのひろくん様

そうなんです、あっという間に見れちゃいました。まあ、放射能雨が降っていて、家族連れが少なかったからなんですけどね。

これから長い付き合いになると思います。やっぱり若い仔たちは「元気」という気を発散していました。これからが楽しみです。

早くゴールデンウィークが終わって、どしゃぶりの日が来ればいいっ(笑)。

みかんぴあの様

おっパンダの顔の違いを識別なさるとは、なかなかツウになってきましたね(笑)。

EXILEやAKB48のメンバーの区別がつかなくとも、パンダの個体識別が出来ることこそ、このブログの読者たるものの矜持でありましょう(←何言ってるかわからない)。

月曜10時には必ず動物園に行きます。行きますが、毎晩、朝4時に眠る生活なので、行けたとしてもゾンビ状態であろうかと思われます。

ニャホさん 出遅れましたが。。。

『雨の日は パンダに会いに行く』
復活ですね~
嬉しいです~^^

ビーリーくん 本当に愛らしいですね~!

シィエンニュちゃんの登場も 楽しみにしています~♪

マリア様

「雨の日はパンダに会いに行く」は見学者の少ない日に他人様になるべく迷惑をかけないで撮影をしようという気持ちで始めました。

そのおかげでリンリンと1時間ふたりきり、などというとんでもない幸運にもしばしば(!)巡り会えました。まあ、 ニューカマーの彼らはたとえ雨の日といえども、見学者の列が絶えることはないと思いますが。今から冬季の雨天の日が待ち遠しいです。

今回はシィエンニュ=シンシンは眠っていて、パラパラ写真に出来るものが撮れなかったので、登場してもらえませんでした。でも2分ほど見ることが出来ただけですが、彼女は大福顔のおっとり型ではないかと推定できました。 

ビーリー=リーリーはイタズラ好きの元気者、といった印象を受けました。中国名「比力」でも分かるように、故郷のパンダ幼稚園では、仲間達とチカラ比べをする事が好きだったのではないでしょうか。

彼・彼女とは長い付き合いをしたいので、早く放射能が止まってほしいと願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

はい~、メールしましたですー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます様

了解しましたです。人生のとても辛い時に連絡くださって有り難うね。

あの仔たちに当分会えないと思うと、かなり寂しい気持ちになりますが、そのうち新ブログでおねだりしますです。

私の方も私事でかなりヘビーなことが立て続けに起こり、その上、地震・原発で、さらに長年の友人のカバのサツキまで亡くなってしまい、
「もしかしてこれはバーチャルの世界で、本体は何処かの医療研究所の中で眠らされているのではないか」
などと思ってしまいそうになります。

自分の目を覚まさせるために足の甲に五寸釘を 打ってみようかとも思いましたが、それはそれで「痛く感じる」ようにプログラミングされているはずだと気付き、思いとどまりました。

ただねー、「このような局面に対してどのように生きるか試されている」的なのは、何だか通俗であるなと思ってしまうので、やはりダラダラ生きていくしかないんじゃないかとの結論に至りました。なんのこっちゃー。

五寸釘

足の甲に五寸釘を売ってみようか・・
売ってどうするのですか?この非常事態に商売の事なんか考えてるなんて!だから日本人はエコノミックアニマルなんて言われるんです(ふるっ!)

足の裏で五寸釘を踏んでください(笑)

実はむか~しそれをやって、足のリンパ節が腫れて破傷風の疑いで足を手術した事があります。「舌が震えたらおしまい」と言われました。それを聞いて舌が震えました。今思い出しても痛い。

みかんぴあの様

ケアレス・ミスのご指摘ありがとうございました。

クソッ絶対復讐する。

お礼に楽しい楽曲をご紹介します↓
http://www.youtube.com/watch?v=nXh96WcdZDY

オペレーションコドモタチ

山本太郎、見ました。
日本政府は福島を見殺しにするつもりなんですね~~でも何ででしょうか?やっぱりお金ですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

三毛猫さま

お金……ですかねえ? まあ、詰まるところそうなんでしょうけど、そのための国家体制維持に躍起になっているのかもしれません。

でも、金や権力や無能とは別に、とってもコワ-イ組織から「昔ジパングと呼ばれた島国の民(←検索に引っ掛からないように回りくどい言い方をした)」を人質にとられての行動なのかも知れません。

そうでもなけりゃ、あまりにアッパラパーだもの。もう全部ゲロッちゃえばいいのに。

管理人のみ閲覧できます様

りょーかいりょーかい。 ネットでのお付き合いだけなんですが、このように丁寧にお知らせしていただけると、大変嬉しいですー。人間も捨てたもんじゃないな~、と思いますです。

いやー、いつかそちら様のブログにコメントが書き込めなくなっているときに、お仕事をされていた熱帯魚関係のお店のブログに押しかけようかとも思いましたから(ギャハハ・ストーカーかっ)。

これからもよろしくお願いしますね。

明日の抗議

明日の文科省の抗議の件、拝見しました。親が言わないとだめです。ほんと、そうです(怒)
リンクを知り合いに教えました。

福島でピアノ教室をされてる先生が、のんきな(失礼!)記事を書いていらっしゃるので「早く逃げてください!よかったら大阪にでも!」とコメントしたら、悠長なコメレスがありました。

日本ピアノ指導者協会は、東北の震災で被災して来られたピアノの生徒さんに、無料でピアノのレッスンをする支援を始められました。

すみません・・ピアノどころかいな。そんなん、ど~でもええやんと思えてしょうがありません。ピアノ教師ですけど。。

みかんぴあの様

「無料でピアノのレッスンをする支援」、素晴らしいじゃないですか! みんな自分のできるところでやればいいのです。 1億人の「自分のできる支援」って凄いパワーなのだと思います。

30年位前、富士山のふもとの河口湖の近くにある合宿所のような大旅館(1泊2000円で朝食付き)に新宿の飲み屋仲間と泊まったことがあります。 その旅館の宴会場のような大広間で100人くらいが朝食を摂るのですが、部屋の片隅にアップライトピアノがありました。

私の仲間内にジャズピアニストさんがいて、鍵盤をいくつか叩いた後、「調律してないな……」と呟いた後、知らないジャズの曲を弾き始めました。

そのとたん、ピアノの周りの空気が変わり始めて10秒後には部屋全体に心躍るバイブレーションが満ち溢れました。やっと歩けるくらいの童児や小学生もピアノを囲んで大喜びでした。

ピアノを弾き終えた友人は「ホンキィトンク」とか「ラグタイム」とか何のこっちゃ分からんことを口走っていましたが、とても楽しいひと時を過ごせたことは確かです。

だから、ピアノおせーてやって!

ホンキートンクとラグタイム

うあはっは!ホンキィでラグするっていうのは、超カッコイイピアノの弾き方です☆クラシックの平均律とは相反しますけど、ある意味最高のピアノ弾きですよ、その方☆

調律して無いな・・と言いながら即座にラグ弾いたってことは、そのピアノに合った曲をチョイスして演奏されたってことです。素晴らしい!

「このピアノは調律出来て無いから弾くのヤダ」って言ってダダこねてるクラシックピアニストが時々いますが、後ろ頭をドツきながらこの話を聞かせてあげたいものです(笑)

注1:ホンキートンクピアノとは
わざと倍音を作って、ピアノの調律を狂わせてあるピアノの事
注2:ラグタイムとは
エンターティナーみたいな曲を言う。スコットジョブリンが有名☆



三毛猫さま

ああ、そうかやっぱり超絶技巧だったんだ(笑)。

文章が長くなってしまうので「仲間」とか「友人」とか書いてしまいましたが、そのピアニストは斯界では有名なお方で、『11PM』の例の「シャバダバシャバダバ~」といテーマ曲を作ったお方なのです。

我々より10才以上年上だったにもかかわらず、若造共にやさしく接して下さっていたのでした (すっかり疎遠になって今いましたが)。 何しろ、一泊2000円の安宿に泊まって若者と一緒にドンチャン騒ぎをしてくれていたのですから、やはりジャズマンという方々はノリも良かったのでしょうね。

だから三毛猫さんもジャズに転向しなさい。ピアニカで『テイクファイブ』を吹き狂いなさい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)