スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Fri.25.03.2011 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
11-Western Lowland Gorilla-0311-1
地震発生から約35分後 / あなたは私が守るわよ」


[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]





11-Western Lowland Gorilla-0311-2
地震発生から約35分後 / そのころ父さんは」







11-Western Lowland Gorilla-0311-3
地震発生から約35分後 / 怖いよ~~~」


3月11日の地震発生時、私は上野動物園内のイソップ橋の上にいました。グラッと来た時「あれ、目まいかな」と思いましたが、すぐに下方から家族連れの悲鳴が複数聞こえてきましたので地震だと分かりました。
あせって橋を駆け下り不忍池の屋外休憩所(イス一体型のテーブルが30台くらい設置されている)のところで揺れが収まるのを待ちました。

悲鳴を上げる母子連れに「ここは東京で一番安全な場所ですから、大丈夫ですよ」と言いました。この時は今回のようなとてつもない悲劇が始まっている事は予想も出来ませんでしたので、テーブルの下にもぐっている家族連れを見て思わず笑ってしまいました。

揺れが一段落したので、西園にあるゴリラ舎へ向かいました。その途中で携帯電話のワンセグテレビをつけてみたら、「宮城/震度7」と放送されていたので、仙台在住のブログ仲間であるmechaさんのサイトに安否情報のコメントをいれました。



ゴリラ舎に着いてみると(そこまで行く途中で動物園スタッフの『園内は安全と確認されました』の放送あり)、ゴリラ達は無事でした。ただ全員落ち付き無くソワソワと動き回っていましたが。気になっていたゴリラ舎の見学者との境の大きなガラスにもまったく損傷は無く一安心しました。

私が勝手に「コモモのおじさん」と名付けている常連見学者の老紳士がいらっしゃったので、地震発生時の様子を尋ねました。
お話によると、ゴリラ達は人間が揺れを感じる前に全員が次々に洞窟住居を出て行って草原の広場にいたとの事。珍しい行動に「あれ?」と思っていたところに有感地震が起こったという事でした。おそらく彼らは微細な振動とか、低周波とか地鳴りなどを人間より早く感じていたのでしょうね。

2・3枚目の写真の洞窟住居の奥に逃げ隠れているハオコ (コモモのお父さん)も、ずっとあそこでうずくまっていたわけではなく。3分ほどで屋外へ出て行きました。余震の続く中「外も心配、内も心配」という彼らの心情が手にとるように分かりました。

ただコモモの母モモコは本震が治まったあとは、放飼場の偽木上で娘を抱えてどっしりと構えていました。彼女も心細かったろうに、さすが母は強しだなと思いました。





11-Western Lowland Gorilla-0311-4
地震発生から約35分後 / かあちゃん……」






« オグロプレーリードッグ [Blck-tailed Prairie Dog] | Home | コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] »

comments

ゴリラ情報ありがとうございます

ニャホさん こんにちは。
あの日、私は半月ぶりに上野動物園に出かけ、最初の地震の時は・ハシビロコウ舎の鉄の柵に寄りかかっていました。
そのせいで、割と早い段階で揺れを感じる事ができ、動画撮影に切り替えたのですが、あれほどハトゥーウェが驚くとは・・・。
その後の余震でも、あたふた飛んでました。
暫く経ってから飼育員さんが様子を見に来ましたが、西園の被害はキリンの柵が一部落下しただけのようです。

あれからゴリラの事が気になり、映像や記事が無いか探しておりましたが、こちらで初めてその時の状況を知ることが出来ました。ありがとうございました。
モモコ、高い所の方が揺れが大きいんじゃないかと思いますが、心配そうなコモモをしっかり抱いてますね。

上野の開園が待ち遠しいですが、被災者や犠牲になられた方々の事を考えると、そうも言っておられません。
早く、平穏な日本に戻りますように!

実は心配していました

関東が地震とかで大変な事になったら、昔やったみたいに上野の動物を殺したりするんじゃないかと心配していました。そんなことにならないように祈ります・・

marigold様

地震当日のあの動画
http://www.youtube.com/watch?v=L_4E5bJTjLY&feature=player_embedded

はスクープ賞ものです。あの最中によくカメラを回されていましたねー。

ハトゥーウェ君はすっかり男を下げてしまった感がありますが、まあ私も同じようなもんです。あと30秒揺れが続いていたならばアワを吹いていたかもしれません。

モモコはしっかり「肝っ玉かあさん」ぶりを発揮していました。ご存知のように最近は成長期のコモモちゃんにまとい付かれる事をウザがっていましたが、あの日は怯える娘をなだめ安心させていました。もちろん周囲を警戒しながら。

えーと、それからmarigoldさんに、ちょっとしたお知らせがあります。
今日、閉園中の上野動物園へ行って来ました。その理由は園外からのハシビロコウ撮影でした。(参考↓)
http://paraparadisezoo.blog20.fc2.com/blog-entry-611.html

池之端門の近くの撮影ポイントから少しだけ見えるハシビロコウ舎を覗こうとしたら、オカピ舎の横に仮設トイレが設営されていて、見ることが出来ませんでした。

うふふ、言葉が独り歩きしてしまうと困るので、はっきりした事は言いようも無いのですが、桜開花シーズンには「やるつもり」のようです。 まあ、このご時世ですから、何が起こるか分かりませんけどね。

またハシビロコウ舎の前で元気でお会いしましょうね~。

三毛猫さま

戦争中の動物の薬殺は、あれはパーチクリンのお上の妄言が「命令」になってしまった結果です。

上野動物園では動物の脱走について訓練をしていますし、飛び道具を使ったとしても麻酔銃でしょうね。

まあ、三毛猫さんが来園した折にその様な事が起こった場合には「三毛猫VSインドライオン」などという勝負も見てみたい気はします。たぶん説教責めで楽勝コースなのではないかと(笑)。

お願いですから肉球を食いちぎったりしないでくださいね。うなされます。

思わず(^^ゞ

marigoldさんの野鳥に目が行ってしまいました~~。
特にメジロとシジュウカラのコラボとカワセミが美しいです。
あ、すみません、だってコメ欄が無いんだもーん。

(゚▽゚*)その節はありがとうございました。
この地震は長かったものでホントに大変でした。
ゴリラは賢いし、本能で察知するんですね~。

あの日、スズメたちはナニゴトもなかったように、
思いっ切り散らばった家の中とは裏腹に、
拙宅のスズメの額のよ~な庭でエサをねだっておりました。

(^▽^)/ママはやっぱり良いやねー。
また見にきまーす♪

こんばんは!

やっぱり動物は神秘的だな~!
言葉は喋らなくても、人間よりそういう部分は敏感ですからね~!
ゴリラの親子の絆が分かるようないい写真ですね!(^o^)

占い師mecha様

大変な状況の中、いつもコメントありがとうございます。

marigoldさんの鳥の写真、良いでしょー。あの鳥に対する愛情は凄いです。ぜひとも御贔屓に。

あ、そうか私が更新しない間に見ていただきたい動物写真サイトを文字リンクすれば、安心して怠けることができますな。そうしよう。

原発の事を含めると、今回の災害はまだ底をついていないので、暗然とした気持ちになります。テレビ催眠術にかからずに、かと言ってヤケクソにならず冷静にいろんな事を判断しようと思っています。

おもちゃのひろくん様

ゴリラは見学すれば見学するほど繊細で優しい動物なのだということが分かってきます。 コモモのお父さんのハオコが、コモモちゃんと遊ぶ時なんかガラス細工を扱うようです。

コモモちゃんがいる放飼場には、ハオコ(父)・モモコ(母)の他にナナとトトという女性ゴリラがいるのですが、このオバサンたちも実に優しくコモモに接しています。

いちばん荒っぽいのが実の母のモモコだったりして(笑)。 でもねー、やっぱりコモモちゃんはお母ちゃんが大好きで、腕とか脚にやたらしがみ付くので、最近はウザがられているんです。

さすがにこの地震の日は、娘に優しく接していました。 わが子の動揺を察知していたんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます様

ありがとうございますー。

今からそちらに行きます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。