トビウサギ[Springhare/Springhaas]
Wed.09.02.2011 Posted in トビウサギ [Spring Hare]
11-Springhare-tobiusagi-0126-1
「明けまして おめでとうございます」

[☆原産地:アフリカ ☆体長:約40cm ☆尾長:約40cm ☆体重:3-4kg ]


えー、つまり旧正月ってことで。ずーっとダラダラやっていきますので、たまには見てねー。





« コビトカバ [Pygmy Hippopotamus] | Home | また広告消し »

comments

改めて、あけましておめでとうございます。
旧正月ですね。もう一度お正月休みがほしいです。(笑)
うさぎ、世界中にいるからどこが原産地がしりませんでした。
とびウサギだけが、アフリカ原産ですか?

ネコ様

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いしますね。

上野動物園の『どうぶつ新聞』によると、ウサギは大別して「ノウサギ類」と「アナウサギ類」に分けられて、現在ペットとして飼育されているウサギはヨーロッパ原産のアナウサギを家畜化した「カイウサギ」だそうです。

でね、この写真の「トビウサギ」は動物園の掲示にも「何の動物に近いのかよくわかっていません」と書かれているほどナゾの生物なのです。

姿形は確かにウサギなのですが(特に顔)、ほとんど直立しているし、移動もカンガルーのようにピョンピョンと跳ねて歩くのです。私は数年間、カンガルーからの連想でオーストラリアの動物だと思い込んでいました。

このトビウサギ君達はショウガラゴ一家と同室で飼育されていて、とても仲良しなんです。ショウガラゴもお猿さんなんで、直立して餌を食べる事が多いのですが、この2種が並んで直立してゴハンを食べている姿は、夢のように平和な光景です。

ただし、薄暗い環境下にいる(公開時間は暗くしてある)のと、動きが素早いのでなかなか写真には撮れないのが残念です。いつか必ず発表します。

ニャホ~さんこんばんわ。
言われてみたら、カンガルーににてます。後ろの子

今年もよろしくだ~ぴょ~ん

ややお元気戻りましたか?
(^▽^)/とりあえず急、いや旧正月気分・・・。
中学の後輩の奥さんが「ラビット村」という、
うさぎの専門店をしていて、可愛いのがたくさんいました。

あけましておめでとうございます~!!

おお~!更新している~!
すごく嬉しいです!

耳が短いウサギなんですね。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!(^o^)

ネコ様

そうなんです。暗くてなかなか動画でお見せできないのですが、跳ねる所なんかまるでカンガルーです。

実は勝手にオーストラリアの動物と思っていたばかりか、有袋類と思い込んでいました。

そしてまた手の動きが可愛いのですが、これじゃ伝わらないでしょうね。ああーじれったい。

占い師mecha様

あけましておめでとうございます。

残念ながら肉体的にも精神的にもどんどん元気はなくなっております。この写真を加工できたのも体調が悪くて酒が呑めなかったからであります。

昨日だってコンビニで玉子を買おうとして日付を見ていたら、棚から落としてしまい割ってしまったので仕方なくその6個パックを買い取り、家で丼に割れた玉子を入れている際に手元が狂って、さらに4個割ってしまいました。

6個買って、ちゃんと冷蔵庫に入れられたのがったったの2個なんです。これだけでは大した事無いと思われるでしょうが、つまり日常生活のほとんどがこういう状態で推移して行ってるのです。おそらく脳のどこかがプチ・パニックを起こし続けているのでしょうね。

しかしワシャ、もー疲れたよ。今年もよろしくお願いします。

おもちゃのひろくん様

明けましておめでとうございます。

毎日「ひろくんとあそぼう」も閲覧させていただいているのですが、なんか疲れちゃって失礼なコメントをしてしまいそうで、なかなか書き込みが出来ません。すまぬー。

体全体からすると確かに普通のウサギより耳が短いですね。と言うか、かれらはウサギに似ていますがもしかしたらウサギとは関係ない生物なのかも知れないらしいです。なんか神秘的でしょう?

それに基本的に2足で立っているので、特に正面から見た時にとても愛嬌があるんです。彼らはもっと注目されても良い動物だと思います。

トバナイウサギ

トビウサギって言いますが、トバナイウサギっているんでしょうか?それと、端っこの子は何してますか?穴に思いっきり顔を突っ込んでるのですが、意味わかりません。あけましておめでとうございます~~(*^-^*)

みかんぴあの様

うふうふ、良いご質問です。

この写真は「トビウサギ」ですが、普通のウサギはどうするのでしょうか。みかんぴあのさんももしかしたら幼稚園で園児たちに歌唱指導したかもしれませんが
「♪う~さ~ぎうさぎ何みて……」
でしょ?

つまり普通のウサギは「はねる」のであります。それをわざわざ「トバナイウサギ」などという言葉を作ってなにヤカラかましとるんじゃいワレ!!

ことしもよろしくおねがいします。

明けましておめでとうございます!

旧正月でお祝いですね~(*^m^*) ムフッ

更新されていて嬉しいです。

トビウサギって、初めて聞きました。
それに。。。ウサギに見えませんね。。。(笑)
特にしっぽが。。。

お疲れのようですが、ニャホさんのペースで
この動物園 続けてくださいね。。。

そうそう、上野に、パンダちゃんがやってきますね~!
暫くは 混雑で写真どころではないかな~?

マリア様

明けましておめでとうございます~。

まあ、いつでもお目出度いんですけどね(微笑)。

トビウサギは暗いところで飼育展示されているのと、あれでなかなか動きが素早いので、パラパラ写真にするのには難しいんです。それでめったにご紹介できないのです。

シッポ、気付いていただけましたか。スルドイ! ちゃんと全部写っていませんが、トビウサギの尻尾はとても長いんです。 おそらくヒメミユビトビネズミのように、ジャンプして走る時に、あれでバランスをとっているのではないかと思われます。ますます謎の「ウサギ」です。

今年もよろしくお願いしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うわ・・ない

パンダいません・・いると思ったのに~~

管理人のみ閲覧できます様

喜んでいただけたら幸いです。

生命は無から生まれて無に還るイベントなのでしょうが(そう言ってしまってはミもフタも無いけど・微笑)、赤ちゃんや童子の輝きには心打たれるものがありますね。素晴らしいです。

これからも撮影したものを、皆さんと分かち合って喜べたらなあ、と思っています。

みかんぴあの様

来園したジャイアントパンダの公開は来月下旬だそうですから、もう少しお待ちください。

たぶん『雨の日はパンダに会いに行く』の企画も復活できると思います。ただ公開当初は雨の日でもかなりの見学者数になると思われますので、このブログに登場するのは今年の秋以降になるのではないかと思われます。

ん~、でもアタシャー、いまだにリンリン・ショックから快復していないのです。新しく来た仔たちも、彼の様な性格だったらいいなあと願っています。

えっと、今日、パンダが運ばれてきた檻を不忍池の方の西園で発見し撮影しました。ハコだけでしたら見せてあげますよ。ヒヒヒヒヒ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)