ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Tue.28.01.2014 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
14-Gorilla-1113-01
「春に逢いましょう」

[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]


去る14日よりゴリラ舎は公開中止になっています。工事の関係で(屋外放飼場にネットを張るらしい)、再公開は3月20日からとのことです。 生後9ヶ月になったモモカはちょっとだけ一人遊び(母さんから1~2メートル離れるだけですが)を始めたところで、今は見学者としては目の離せない時期なのですが、非公開期間が昨年のウワサでは1年間にも及ぶという事でしたので、2ヶ月なら、まあ仕方ないかと納得せざるを得ない、痛し痒し状況であります。

再公開時には、コモモ姉ちゃんがモモカをおんぶして出てくるのではないかとか、楽しい妄想をして過ごすことにします。



14-Gorilla-1113-02
「大好き母ちゃん」




        14-Gorilla-1113-03
        「春まで眠ろうかしら」






木曽馬 [Kiso-uma horse (Domestic horse)]
Mon.13.01.2014 Posted in ウマ [Horse]
       13-kisouma-horse-0423-1
    「あらしの夜に」 (2013/4/23撮影)


昨年の4月上旬、日本列島が「爆弾低気圧」と称される大荒れの天気の最中に、木曽馬の幸泉が出産をしました(4月4日午前1時39分)。 生まれた子馬は「春嵐(はるあらし)」と名付けられ、スクスクと成長中です。




       13-kisouma-horse-0425-1
       「春嵐(はるあらし)です。 よろしくー」
                               (2013/4/25撮影)





       13-kisouma-horse-0425-2
       「母さんみたいに大きくなるじょー」
                               (2013/4/25撮影)





       13-kisouma-horse-0111-1
「で、大きくなりました」
                               (2014/1/11撮影)

ウマという動物は成長が早いのか、春嵐はすでに母親の幸泉と見紛うばかりの体躯になっています。 良く見れば体が一回り小さいのですが、並んでも瞬時には判断がつきかねます。 この写真ではおそらく向かって右側が春嵐と思われます。 うーん、額に旋毛のようなものが見受けられますので、そう判断したのですが……。