ツチブタ[Aardvark]
Tue.20.09.2011 Posted in ツチブタ [Aardvark]
11-Aardvark-0906-1
この子達の棲む惑星 / 母さんミルクの時間です」

[☆生息域:アフリカ ☆体長:110-130cm  ☆尾長:55-65cm ☆体重:50-80kg]




11-Aardvark-0915-01
この子達の棲む惑星 / 抱きつくのは大好きだけど…」





11-Aardvark-0915-02
この子達の棲む惑星 / 狭いお部屋は嫌いだじょ」





11-Aardvark-0915-03
この子達の棲む惑星 / ミルクの次にスリスリが好きだじょ」




待つこと久! ツチブタの赤ちゃん生まれました~。
思えばこのブログの開設時には、ヨシコとシゲオの仲良し夫妻が平和に暮らしておりました。
ところが06年に夫のシゲオが死んでしまい、新郎として迎えられたコメタロウもヨシコと相性が良かったように見えたのに、08年の初頭に急逝してしまいました。

そして現在の夫であるアルディとの間に、まあまあこれはこれはお伽の国の住人のような、可愛らしい赤ちゃんが誕生しました。初産のヨシコの授乳も堂に入ったもので、彼女も赤ちゃんが可愛くて仕方の無い様子。赤ちゃんは例によってグングン成長中です。ゆっくりとゆっくりと成長していってほしいのにね。 

しかし赤ちゃんはどの動物でも可愛いものですが、ツチブタの赤ちゃんがこんなに可愛らしいとは思っていませんでした。






*************************

福島の妊婦さん・お母さんへ


あなたはひとりではありません。日本中にあなたを助けようとしている優しい人々がいますよ!!

こども福島情報センター/市民放射能測定所
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク


【一覧】福島県民の自主避難受け入れ先リスト
(ブログ『Atelier SOLEIL ~アトリエ・ソレイユ~ の、こものと、暮らしと、つれづれ日記』の管理人それいゆ様が一覧表を作ってくださいました)

天使病院 (北海道札幌市)
「被災地域の妊婦さんを受け入れます(無料滞在施設を用意しています)
天使病院では、東日本大震災で被災された妊婦さんの受け入れを行っています。母子手帳がない場合でもお引き受けいたしますので、ご希望の方は担当者までご連絡下さい」


三毛猫さん宅
大阪狭山市の閑静な住宅地です。 ダイニングキッチンとトイレつきの2世帯住宅の2Fが空いています。 遠慮なくご利用ください。
ネコが4匹いますが、よかったらきてください。子ども大歓迎です☆ペットも。
 
(ブログ友だちの三毛猫さんがご自宅を提供されるとの事です! 三毛猫さんのお人なりは『妖怪:三毛猫の森』を閲覧していただければ、即座にご理解いただけるはずです。元気をもらえる事うけあいです)

[7/8コメント欄より転載追記]
誰も電話をくれません。何でかなぁ~~旦那に話したら「ええことや~~!」と言ってました。主人も動物好きなのでペットOKです(主人の実家は、以前犬が3匹、ネコが18匹いました 笑)
■ここを見てくださった福島の方へ
困ったときはお互い様です。私もいつかお世話になるときがありますので、今はお世話させてください。
よろしく~~♪




ベニイロフラミンゴ [Greater Flamingo]
Thu.01.09.2011 Posted in ベニイロフラミンゴ [Greater Flamingo]
11-Greater Flamingo-0827-1
この子達の棲む惑星 / デッカクなちゃった!」

[☆生息域: カリブ海沿岸、南アメリカ北部 ☆体長:約120cm]

現在、上野動物園フラミンゴ舎には5羽の雛が誕生しています。この写真は2番目に生まれた通称「2号」ちゃんです。 前回ご紹介した純白の雛も、すでに体はこの写真と同じように灰色の体毛になっています。


11-Greater Flamingo-0825-1
この子達の棲む惑星 / 末っ子5号です」

やっぱりこのくらいの頃がいちばん可愛いんですよね。勝手な言い草ですけどね(苦笑)。





11-Greater Flamingo-0825-2
この子達の棲む惑星 / 生まれてくれて ありがとう」



****************************************
地震についてちょっとだけ

先週、父親が暮らしている千葉(松戸と津田沼の中間あたり)へ行って驚いた。何だかやたら揺れるのだ。

今、私が暮らしているのは上野の小さな雑居ビルの5階なのだが、それよりも確実に千葉の二階建て家屋の2階の方が揺れるのである。僅かながら上野よりも東北に位置する場所なのであるが、直線距離では50キロ位しか離れていないのに。

父親に聞いてみると「いつもこんなものだ」との事であった。私が行った日だけでも3回、違う種類の揺れを感じた(ただし、いずれも微震)。
1つ目はよくある横揺れ。
2つ目は地面の底から、ズン、ズン、と突き上げるような揺れ。
3つ目が言葉にするのが難しいのだが、何というか、うねる様な不安を掻き立てる揺れ。

多分、3つ目の地震が強震になった場合には、チャパリータASARIがスカイツイスタープレスを放つ時に、背中におぶさっていたら感じる体感と同一のものであると思われる。
http://www.youtube.com/watch?v=afOuf7thfXc&NR=1


あと10日で3月の地震から半年になる。そろそろ第二波巨大地震に対する算段を整えておいた方がよろしいかも知れませぬ。後で後悔しないためにも。

と申しましても、すでに皆様は準備万端でしょうから、わたくし如きがあれこれ言うべき事もないのですが、やはり生命線の「水」には不安が残りますので、幾つか。

1.アヤシゲな水を飲まなければ生存が危うい状況になるやもしれないので、「酢」を1本買っておき、殺菌作用に期待して、いくらか混ぜて飲む。果実酢であれば、子供も飲みやすい。
2.水を沸騰させた方が良いのは言うまでも無いので、カセットコンロを用意しておく。
3.トイレの水を流すため、2リットルのペットボトルの底を切ってバケツ代わりに使う。
4.家屋倒壊等で、雨の中を逃げ回らなければならない時のために、ゴミ袋を家族分だけ避難用バッグに入れておく。いざという時は、袋の底に頭が入るくらいの穴を開け(腕を出す穴もね)、貫頭衣のように着て体を冷やさないようにする。夏季という事で油断めさるな、濡れネズミになって体温を奪われると物凄く危険です。とくに子供はね。


皆様~っ、よろしくサバイバルのほどををををを!!


*************************

福島の妊婦さん・お母さんへ


あなたはひとりではありません。日本中にあなたを助けようとしている優しい人々がいますよ!!

こども福島情報センター/市民放射能測定所
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク


【一覧】福島県民の自主避難受け入れ先リスト
(ブログ『Atelier SOLEIL ~アトリエ・ソレイユ~ の、こものと、暮らしと、つれづれ日記』の管理人それいゆ様が一覧表を作ってくださいました)

天使病院 (北海道札幌市)
「被災地域の妊婦さんを受け入れます(無料滞在施設を用意しています)
天使病院では、東日本大震災で被災された妊婦さんの受け入れを行っています。母子手帳がない場合でもお引き受けいたしますので、ご希望の方は担当者までご連絡下さい」


三毛猫さん宅
大阪狭山市の閑静な住宅地です。 ダイニングキッチンとトイレつきの2世帯住宅の2Fが空いています。 遠慮なくご利用ください。
ネコが4匹いますが、よかったらきてください。子ども大歓迎です☆ペットも。
 
(ブログ友だちの三毛猫さんがご自宅を提供されるとの事です! 三毛猫さんのお人なりは『妖怪:三毛猫の森』を閲覧していただければ、即座にご理解いただけるはずです。元気をもらえる事うけあいです)

[7/8コメント欄より転載追記]
誰も電話をくれません。何でかなぁ~~旦那に話したら「ええことや~~!」と言ってました。主人も動物好きなのでペットOKです(主人の実家は、以前犬が3匹、ネコが18匹いました 笑)
■ここを見てくださった福島の方へ
困ったときはお互い様です。私もいつかお世話になるときがありますので、今はお世話させてください。
よろしく~~♪