スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォッサ[Fossa]
Mon.22.02.2010 Posted in フォッサ[Fossa]
10-Fossa-0220-1
「フォッサ君登場」

[生息域:マダガスカル ☆体長:60-80cm ☆体重:5-12kg]


先日のコメント欄でどうぶつのおうちのサイトヲさんから、上野動物園にフォッサ来園の情報を教えていただきました。数日間、マダガスカル館の前を素通りしていた事が悔やみながら、さっそく撮ってきました。

動物園の掲示によると、フォッサという動物は
「マダガスカル最大の肉食獣で、テンレックやキツネザルなどの哺乳類を主な餌とし、食物連鎖の頂点に立っています。昼夜を選ばず行動し、地上と樹上を生活の場としています。ネコのように爪を出し入れでき、木々の間をリスのように飛び跳ねます。繁殖期以外は単独生活です。」
とのことです。


初めて見たフォッサの外見は、キンカジューとすでに絶滅してしまったフクロギツネとの中間のような印象を受けました。つまり可愛いのか怖いのか微妙で、多面性を持った表情や姿態は写真家の心をくすぐるのではないかと思われました。しなやかな体で流麗に動き回る姿は美しささえ感じました。




10-Fossa-0220-6
「可憐か獰猛か」




10-Fossa-0221-2
「妖獣かアイドルか」




10-Fossa-0220-5
「審判はおまかせ~~~」




10-Fossa-0219-1
「おいしいキツネザルの夢を見て眠るニャー」





スポンサーサイト
シロミミキジ[White Eared Pheasant]
Fri.19.02.2010 Posted in シロミミキジ[White Eared Pheasant]
10-White Eared Pheasant-0127-1
「悩んでもなやみきれない事ばかり」

[☆生息域:中国・チベット・中国西部 ☆体長:約90cm ☆体重:2-3kg]





10-White Eared Pheasant-0127-2
「白黒つけろといわれても、それじゃ赤がおさまらん」






レッサーパンダ [Styan's Red Panda]
Sun.14.02.2010 Posted in レッサーパンダ [Styan's Red Panda]
10-Styan's Red Panda-0129-1
「アンニュイな午後」

[☆生息域:中国・インド・ネパール・ブータン ☆体長:50-65cm ☆尾長:30-50cm ☆体重:3-5kg ☆絶滅危惧種]




10-Styan's Red Panda-0129-2
「メランコリーとは無縁」





[16日追記]
三毛猫さんから上野のレッサーパンダは黒いという指摘がありました。黒いかどうかは意見の分かれるところだとは思いますが(がはは)、比較的明るい色の個体も飼育公開されていますので、掲載しときますー。

10-Styan's Red Panda-0209-1
「こちら、色気より食い気」





ハグルマブキオトカゲ[Madagascar swift]
Thu.11.02.2010 Posted in ハグルマブキオトカゲ[Madagascar swift]
09-Madagascar swift-1119-1
「歯車武器尾でおま」

[☆生息域:マダガスカル ☆体長:10-30cm ]




09-Madagascar swift-0714-2
「自慢の尻尾を見てくれよ」





09-Madagascar swift-1119-2
「んだんだ」





09-Madagascar swift-1211-1
「ね、カッコイイでしょ」





ニホンザル [Japanese Macaque]
Fri.05.02.2010 Posted in ニホンザル [Japanese Macaque]
10-Japanese Macaque-0126-1
北限のサル/ ここも良い所みたいね」

[☆生息域:日本 ☆体長:50-60cm ☆体重:10-18kg]





10-Japanese Macaque-0127-1
「探検しようぜ」




10-Japanese Macaque-0129-1
絶壁の母/ 平和に生きていけるのなら何処でもいいです」




10-Japanese Macaque-0129-2
絶壁の母/ 安全にこの子を育てたいの~




10-Japanese Macaque-0129-3
絶壁の母/人間より危険じゃないわよ~~~~~



下北半島の「北限のサル」がすでに公開されています。
動物園のメールマガジンによると「ヒトを除いた霊長類の分布の北限は下北半島です」との事で、別名スノーモンキーと呼ばれているそうです。
「北限のサル」は同じニホンザルでも、比較的体が小さく、体毛が白っぽく毛先がカールしている様に見えました。つまり小柄でフワッとしている感じです。そのせいか小猿を抱えた母親は成体なのにもかかわらず愛らしく見えました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。