スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コモンツパイ [Common tree shrew]
Wed.30.09.2009 Posted in コモンツパイ [Common tree shrew]
09-Common tree shrew-0929-2
「リスモドキとは失礼なっ」

[☆生息域:マレー半島南部・スマトラ島 ☆体長:15-23cm 尾長:15-23cm 体重:90-190g]

コモンツパイは別名「リスモドキ」などと呼ばれていますが、ツパイ目というとても珍しい種で、超大雑把に言えば、リスよりもサルに近いらしい珍獣です。

私事で恐縮ですが、新しいカメラを購入したので(ISO値 12800という高感度です♪)、今までご紹介できなかった動物や、撮影しづらくておざなりな扱いだった動物も、これからどんどん登場してもらえると思います。

最近更新が滞っていますが、スランプじゃないので宜しくねー。




09-Common tree shrew-0929-3
「自慢の耳を見てください」




09-Common tree shrew-0929-4
「ねっ、あなたと同じでしょ」




スポンサーサイト
シロフクロウ [Snowy Owl]
Sat.26.09.2009 Posted in シロフクロウ [Snowy Owl]
09-Snowy Owl-0925-1
「おもてパンや~~~」(くだらん)

[☆生息域:北極圏のツンドラ地帯 ☆体長:50-70cm (翼開長:130cm-165cm) 体重:1.6-3kg]





ブラッザ グエノン(ブラッザモンキー) [De Brazza's Guenon]
Thu.24.09.2009 Posted in ブラッザ グエノン  [De Brazza's Guenon]
09-De Brazza's Guenon-0922-1
「ババをひいたの母さんじゃないの?」

[☆生息域:アフリカ中央部 ☆体長:オス約55cm メス約45cm 尾長:オスで約70cm メスで55cm 体重:オス約8kg、メス約4.5kg]


今年の1月7日に生まれたブラッザグェノンの赤ちゃんは、スクスク成長しています。当たり前かも知れませんが、ヒガシクロサイやコビトカバに比べると成長がゆっくりで、やっぱり霊長類なんだなあと思います。




ベニイロフラミンゴ [Greater Flamingo]
Sun.20.09.2009 Posted in ベニイロフラミンゴ [Greater Flamingo]


「生まれいずる喜び」

[☆生息域: カリブ海沿岸、南アメリカ北部 ☆体長:約120cm]






アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear]
Sun.13.09.2009 Posted in アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear]
09-Sparkling violet-ear-0910-1
「森の小さなヘリコプター」

[☆生息域: 南アメリカ ☆体長: 約10cm]




09-Sparkling violet-ear-0911-4
「本当は1秒間に50~80回羽ばたいています」

アオミミハチドリは飛翔中に静止・上昇・下降・後退が可能なとても珍しい能力を有しています。




[高画質で再生]

アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear] [ショッピング]
「蜜鳥」



「食パンの耳」と言うように、何かの端っこを「耳」とする日本語がある。アオミミハチドリは眼から後頭部にかけて、ボンヤリと青味がかった羽色をしているので、勝手に端っこのほうが青っぽいので「アオミミハチドリ」なのだろうなと思っていた(ちなみに検索しても同様の見解しか見つからなかった)。
しかし、パソコンで写真を整理しているとアオミミハチドリの後頭部の下あたり、人間で言うと襟足付近に耳のような突起羽毛があることを発見した。これは角度の関係で見えるときと見えないときがあるようである。
たぶん「アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear]」の命名者はこのことを指して「ミミ」と言ったのではなかろうか。おそらくは故人となっているであろうその命名者の意思に報いるためにも、わが極楽動物園+1では「アオミミハチドリには実際に耳に見える羽毛が生えている」と宣言しておく。

09-Sparkling violet-ear-0911-3
「見て見て、青い耳があるでしょう?」

(この『耳』の写真はデッチアゲではありません。おそらくフクロウの耳に見える羽の『羽角(ウカク)』の様なものと思われます)




コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Wed.09.09.2009 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
09-Pygmy Hippopotamus-0908-1
「UENO GIRLS COLLECTION'09 A/W」

[☆生息域:ギニア・コートジボワール・シエラレオネ・リベリア (西アフリカの密林) ☆体長: 150-180cm ☆体重: 160-270kg ☆絶滅危惧種]



09-Pygmy Hippopotamus-0908-2
UENO GIRLS COLLECTION'09 A/W / 水辺の少女」




09-Pygmy Hippopotamus-0908-3
「おばさんも参加させてよ」




口之島牛(くちのしまうし/日本在来牛) [Kuchinoshima Cattle/Domestic Cattle]
Tue.08.09.2009 Posted in ウシ [Cattle]
09-Kuchinoshima Cattle-0906-1
「兄さんのオシリがデザートです」

[☆生息域:日本(鹿児島県トカラ列島・口之島) ☆体長:1.0-1.2m 体重:230-470Kg]


何と言われても桜が可愛くて仕方ない。兄貴分の「初春」にかまってほしくて、オシリ舐め攻撃している桜です。



09-Kuchinoshima Cattle-0906-2
「血はつながってませんが、愛しい妹です」


見島牛
[☆生息域: 日本(山口県萩市 見島)☆体高:約1~1.2m ☆体重:250~320㎏]




口之島牛(くちのしまうし/日本在来牛) [Kuchinoshima Cattle/Domestic Cattle]
Fri.04.09.2009 Posted in ウシ [Cattle]
09-Kuchinoshima Cattle-0829-1
「ハートのマークの女の子/魅惑の瞳」


[☆生息域:日本(鹿児島県トカラ列島・口之島) ☆体長:1.0-1.2m 体重:230-470Kg]


前回も書いたが口之島牛の桜が可愛くて仕方が無い。あのウルウルした瞳で近づいてくると、思わずほほ笑んでしまいます。まだ1歳です(2008年4月25日生まれ)。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。