スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルリカケス [Amami jay/Lidth's jay]
Mon.31.08.2009 Posted in ルリカケス [Amami jay/Lidth's jay]
09-Amami jay-0820-1
「瑠璃とは宝石(ラピスラズリー)の事です」
[☆生息域:日本(奄美大島、加計呂麻島、請島) ☆全長:約40cm ☆絶滅危惧種]

4年越しで狙っていたルリカケスをやっと掲載できました。
なかなか目の前に現れてくれない上に、ルリカケス舎は薄暗い場所が多く、せっかく撮っても見るに堪えないブレ写真になってしまうのです。
この鳥も私にとっては「幻の鳥」であります。



09-Amami jay-0820-2
「宝石でもお腹はすきます~」





スポンサーサイト
カピバラ [Capybara]
Fri.28.08.2009 Posted in カピバラ [Capybara]
09-Capybara-0812-1
「休暇の土地」

[☆生息域:南アメリカ大陸(パナマ~アルゼンチン北東部) ☆体長:100-130cm ☆体重:約35-65kg ]

上野動物園のカピバラ、タンとソクは、ホッキョクグマのユキオとレイコ、カバのジローとサツキに劣らない仲良しカップルです。 いつもヌボーとした感じの2頭ですが、気をつけてみていると、お互いが気遣いあっているのが分かります。





[高画質で再生]

Honeymoon of Capybara [アフィリエイト]
「いつも蜜月」





マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
Mon.24.08.2009 Posted in マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
二日前に着信したメルマガ「TokyoZooNet メールマガジン『ズー・エクスプレス』」を開いて愕然とした。マンクスロフタンのマロンが8月11日に死亡していた。週に4日はマロンに挨拶をしていた私にとっては、悲しい知らせだった。

8月に入ってのある日、マロンが忽然と姿を消した。動物園の掲示では、暑い季節をやりすごすために公開を控えている(バックヤードでの静養)との事であった。そういうことなら秋にまた会いましょう、とそれからは何の懸念もなく主のいなくなったマンクスロフタン舎の前を通り過ぎていた。

このブログには過去一回しか登場していないマンクスロフタン君ではあるが、実は上野動物園の動物の中では私と最も深い交歓をした1頭である。
マンクスロフタン舎の前を通るたび、わざとマロンがいる場所の反対側の遠いところから彼を呼び、頭をなでて鼻筋を掻いてやる(このワザが出来るのは見学者の中では多分私だけ)のが日課のようになっていたのだ。

科学啓蒙施設である動物園でのこのような行為はいかがなものかと見る向きもあろうかと思われるが、上野動物園内の『こども動物園』では「動物とのふれあい」も設立目的のひとつであるから、そう間違った事をしていたとは思っていない。


[高画質で再生]

マロンは友だち [専用サーバー]
「追悼 / マロンはともだち」 (撮影:7月28日)
     マロン(マンクスロフタン) 1998/2/23/ - 2009/8/11



[高画質で再生]

マロン今日は来なかった [ソーシャルネットワーキング]
「マロン最後の動画」

この短い動画は私が7月30日に撮影した最後のマロンの姿です。いつもは名前を呼んで手を振ると、いそいそとやってくるのに、この日は立ち上がろうともしませんでした。 暑さ厳しき折マンクスロフタンもバテているのだろうと思い、深くは考えなかったのですが、このときはもう相当体調を崩していたものと思われます。

動物園のメルマガによると死因は老衰のようです。人懐こい性格で、皆に可愛がられた彼の死は残念無念です。長患いの末の死では無い事がせめてもの救いであります。


マロン君、ありがとね。 いつか虹の端のたもとで会いましょう。 その時はいつもと同じように甘えておくれ。


[☆生息域:イギリス ☆体長:約100cm 体重:60~70㎏]




ヒガシクロサイ [Black Rhinoceros]
Sat.22.08.2009 Posted in ヒガシクロサイ [Black Rhinoceros]
09-Black Rhinoceros-0820-1
「ママにプレゼントできるのはこれだけです」

[☆生息域:東アフリカ・アフリカ南部 主にタンザニア ☆体長:3.0-3.7m 体重:1000~1800kg ☆絶滅危惧種]

4ヶ月前(4月20日)に生まれたヒガシクロサイのミミカちゃん、グングン成長中です。
だいぶ大きくなりましたが、今でもチョコチョコと走り回る姿や、お隣のキリンさんの姿を見て逃げていく様子や、ママに甘える仕草など赤ちゃんサイの可愛らしさ全開です。





09-Black Rhinoceros-0820-2
「あなた自身が最高の宝物よ」







ユキヒョウ [Snow Leopard]
Thu.20.08.2009 Posted in ユキヒョウ [Snow Leopard]
09-Snow Leopard-0410-1
「バテてませんよ」

[☆生息域:中央アジアの山岳地帯 ☆体長:100-150m 尾長:80-100cm  体重:23-75kg ☆絶滅危惧種]



09-Snow Leopard-0410-2
「おれで遊ぶニャ」





ときいろコンドル [King Vulture]
Tue.18.08.2009 Posted in ときいろコンドル [King Vulture]
09-King Vulture-0816-1
「概念を超えても」

[☆生息域:中南米 ☆体長:67-80cm 羽を広げた時の長さ:1.2-1.7cm  体重:3-4.5kg ]




09-King Vulture-0816-2
「晴れた目で生きる」





ハシビロコウ・マニア 92
Sun.16.08.2009 Posted in ハシビロコウ [Shoebill]
[高画質で再生]

Shoebill Shake! [ソーシャルネットワーキング]
「 Shake shake shake it up, baby! 」

[☆生息域:アフリカ中央部の奥地(白ナイル河とその支流の沼沢地 ☆体長:100-140cm 体高:115-150cm 羽を広げた時の長さ:230-260cm  体重:4-7kg ☆絶滅危惧種]





クロキツネザル [Black lemur]
Sat.15.08.2009 Posted in クロキツネザル [Black lemur]
09-Black lemur-0802-2
「ツイストで踊り明かそう」

[☆生息域:マダガスカル島 ☆体長:38-45cm ☆尾長:50-65cm ☆体重:約2-3kg ☆絶滅危惧種]


 クロキツネザルは名前の通り黒色のキツネザルなのですが、黒いのはオスだけで、メスはブラウンキツネザルよりももっと白に近い茶色です。





ニホンリス [Japanese Squirrel]
Thu.13.08.2009 Posted in ニホンリス [Japanese Squirret]

「時よ止まれ、君は美しい」

[☆生息域: 日本(本州及び四国) ☆体長: 約20cm 尾長:約15cm]





ワオキツネザル [Ring-tailed lemur]
Mon.10.08.2009 Posted in ワオキツネザル [Ring-tailed Lemur]
09-Ring-tailed lemur-0808-2
「ジャンプ!」

 予想よりも高く跳んだため、カメラで追い切れませんでした。 また挑戦します。それにしてもワオキツネザルは、凄い能力を秘めていますね。


[☆生息域:マダガスカル島 ☆体長:40-45cm ☆尾長:55-65cm ☆体重:2.4-5.5kg ☆絶滅危惧種]




ベニイロフラミンゴ [Greater Flamingo]
Fri.07.08.2009 Posted in ベニイロフラミンゴ [Greater Flamingo]
09-Greater Flamingo-0804-3
「しあわせになろうね」

[☆生息域: カリブ海沿岸、南アメリカ北部 ☆体長:約120cm]



09-Greater Flamingo-0804-2
「とっくにしあわせですよ」





私は誰でしょう
Thu.06.08.2009 Posted in 未分類
09-Who-0804-1
「みなさんはじめまして」

今更ながらですが、この雛は誰の赤ちゃんでしょうか。実際に見たことのある人は黙っててね。





コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Mon.03.08.2009 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
[高画質で再生]

コビトカバ・コユリ(赤ちゃん)とエボニー(母) [ホスティング]
「今日の母娘 / 潜水が得意です」
                          (8月2日撮影)

[☆生息域:ギニア・コートジボワール・シエラレオネ・リベリア (西アフリカの密林) ☆体長: 150-180cm ☆体重: 160-270kg ☆絶滅危惧種]



ニホンカモシカ [Japanese Serow]
Sun.02.08.2009 Posted in ニホンカモシカ [Japanese Serow]
09-Japanese Serow-0410-1
「静謐は真理への最短距離」

[☆生息域:日本(本州・四国・九州) ☆体長:80-120cm ☆体重:30-50kg ]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。