ボルネオオランウータン [Bornean Orang Utan]
Mon.29.06.2009 Posted in ボルネオオランウータン [Bornean Orang-utan]
09-Bornean Orang Utan-0410-1
「さてさて何をしてしんぜよう」
                  [撮影:多摩動物公園]

[☆生息域: ボルネオ島(インドネシア・マレーシア・ブルネイ) ☆体長:78~97cm 体重:40~100kg ☆絶滅危惧種]



09-Bornean Orang Utan-0410-2
「あなたはもう全てをもっていますよ」





ライラックニシブッポウソウ [Lilac-breasted Roller]
Fri.26.06.2009 Posted in ライラックニシブッポウソウ [Lilac-breasted Roller]
09-Lilac-breasted Roller-0328-1
「幻の鳥」

☆生息域:アフリカ(主にサハラ以南の東アフリカ) ☆体長:約40cm ]


ライラックニシブッポウソウはとても美しい鳥ですが、アフリカではそう珍しい種ではないようです。しかし上野動物園のバードケージにいるライラックニシブッポウソウは私にはとても撮影が難しい鳥です。

まず、姿を現さない。ケージの最奥にいる。すぐ飛び立つ。光量が足りない場所の撮影なので、コンパクトデジカメでは、かなり無理があるようです。私にとってはアカカザリフウチョウ以上の幻の鳥であります。

数年前からご紹介しようと思っていましたが、ようやくこれだけ撮れました。


緊急コビトカバ速報
Wed.24.06.2009 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
赤ちゃんキタ━━━━━(゚∀゚*)━━━━━!!!!
赤ちゃんキタ━━━━━(゚∀゚*)━━━━━!!!!
赤ちゃんキタ━━━━━(゚∀゚*)━━━━━!!!!


コビトカバの肝っ玉母さんエボニーがすでに出産していました!! ぎゃあああああっ。やったー!!!!!

迷惑がかかるといけないので、現時点ではニュースソースは明かせませんが、100パーセント確実な情報です。

今日現在で動物園では赤ちゃん公開のための準備として、赤ちゃんが飛び出ないような柵の設置の準備に取り掛かったり、お姉さんのコウメとの境の遮断のための板を取り付けています。
ただし公開は1ヶ月くらい後の事です。


おーーーほっほっほ、どうだどうだ。いつもいつも私の事をホラ吹きのヘロヘロ野郎と罵っていた衆生共よ、私の後光で眼が潰れるが良い。おーーーっほっほっほっほ。


でかしたエボニー!! あんたはエライっ。ついでにショーヘイもエライ。ありがとーーー!!!


追記
09-Pygmy Hippopotamus-0624-1

赤ちゃんを公開する支度がすでに始まっていました。茶色い塀は隣の放飼場のコウメとの接触を避けるため、格子状の金網は赤ちゃんが表に出てしまわないための算段であると思われます。

エボニーの出産日は推定するに6月21日夜~23日朝の間のはずです。コウメちゃんは冬に産まれましたが(1月28日)、今回は暖かい季節に生まれたので、1ヶ月ほどで公開になるという事です。

エボニーと担当飼育員さんに最大級の賛辞を送りたいです。ありがとー! ありがとー!! ありがとー!!!



口之島牛(くちのしまうし/日本在来牛) [Kuchinoshima Cattle/Domestic Cattle]
Wed.24.06.2009 Posted in ウシ [Cattle]
09-Domestic Cattle-0326-1
「ハートのマークの女の子」

[☆生息域:日本(鹿児島県トカラ列島・口之島) ☆体長:1.0-1.2m 体重:230-470Kg]


口之島牛の1歳児(1歳2ヶ月)「桜」が可愛くて仕方ない。おでこのハートがチャーミングなおとなしい子です。



09-Domestic Cattle-0328-1
「カモ~~~ン」




【今日のエボニー情報・23日分】

基本的には前回の記事と同じ。屋外放飼場のプール(池)の水は抜かれていた。
コウメ舎の水は満たされていたので、コウメちゃんは昼間は屋外に出ているようです。

シャッターの向こう側に見えていた動物園スタッフの姿はありませんでした。ただしイスはそのままで、その上にボールペンと記録用紙のようなものが見えたので、ちょっと席を外しているという感じ。

ということで、何か危機的な状況に陥っているとは思えませんでした。

コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Mon.22.06.2009 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
09-Pygmy Hippopotamus-0621-1
「緊急報告/エボニー出産!?」

15日付の『【勇み足? 超速報】』で既報の通り、コビトカバのエボニーの出産が迫っているようだ。いや、もしかしたらもう出産したのかもしれない。

20日の土曜日にはエボニーは機嫌よくプールで泳いでいた。今日(21日)動物園へ行ってみると、コビトカバ室内飼育舎の入り口が鎖で閉ざされており「見学一時中止」の掲示がほどこされていた。シャッターで閉ざされた飼育舎の中には動物園のスタッフと思しき方が常駐されているようだった。

心配であるが、一見学者としては見守るしかない。どうかエボニーが元気な赤ちゃんを産んで、エボニー自身も健康であり続けますように。



09-Pygmy Hippopotamus-0621-2




追記:20日(土)のエボニー

コビトカバ・エボニー出産の兆候? FC2

何となくいつもの動きと違っていました。ただし食欲は旺盛で、草をモリモリ食べていました。


カンムリシギダチョウ [Elegant Crested Tinamou]
Sun.21.06.2009 Posted in カンムリシギダチョウ [Elegant Crested Tinamou]
09-Elegant Crested Tinamou-0326-1
「気が合ったり、」

[☆生息域:南アメリカ大陸南部 ☆体長:約40cm ☆体重:400-800g]



09-Elegant Crested Tinamou-0326-2
「合わなかったり、」





09-Elegant Crested Tinamou-0326-3
「ハニカンダリ!!」





ヒヨドリ [Brown-eared Bulbul]
Wed.17.06.2009 Posted in ヒヨドリ [Brown-eared Bulbul]
09-0415--Brown-eared Bulbul-1
「デザート・タイム」

[☆生息域:日本・台湾・韓国・中国南部 ☆体長:約27cm]




09-0603-Brown-eared Bulbul-1
「メインディッシュは何だったっけ」





コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
Mon.15.06.2009 Posted in コビトカバ [Pygmy Hippopotamus]
09-Pygmy Hippopotamus-0614-1
「うぐいす餅よチョコボールを産んでおくれ」

[☆生息域:ギニア・コートジボワール・シエラレオネ・リベリア (西アフリカの密林) ☆体長: 150-180cm ☆体重: 160-270kg ☆絶滅危惧種]


09-00614コビトカバ・エボニー FC2




【勇み足? 超速報】
エボニー懐妊? 出産間近か!?

モミジ・コウメの母親であるエボニーが出産間近であるのではないかと勝手に推測している。

その根拠を言う前に、コビトカバ舎の配列を述べなくてはならない。
上野動物園のコビトカバ舎は大きく分けて2棟ある。小さな棟(仮称A棟)は4つに仕切られている。コウメちゃんが産まれて育ったのもこの棟である。
もう一つの大きい棟(仮称B棟)は3室あり、サツキとジローの仲良し夫婦がいるカバ室と、2つのコビトカバ室がある(こちらのコビトカバ室内飼育舎はA棟の4倍くらいの広さがある)。

整理するために便宜上の部屋番を付け
仮称A棟:1・2・3・4室
仮称B棟:5・6・7室
とすると、この2年間くらいは(エボニー・コウメの母娘の別離から)短期の変更を含まないと以下のような部屋割りになっていた。
1室=空き
2室=モミジ
3室=コウメ
4室=空き
5室=サツキ・ジロー(カバ)
6室=ショウヘイ
7室=エボニー

それが5月の連休明けあたりに
モミジが2室→5室
コウメが3室→2室
エボニーが5室→3室
に変更になった。

と思ったら6月12日には
コウメ2室→1室(2室は空き)
になり
14日(昨日)には部屋は変わらないものの、エボニーのプールつきの室内飼育舎から水が抜かれて干草が敷き詰められていた。


これでは「すわ、出産準備? 」と思ってしまうのが人情ではないか。
実はエボニーが転居した時から、おなかが大きくなっている事に気付いていた。ただ、これは単に太った可能性もあるので、あまりの希望的観測は控えていたのだ。しかし数ヶ月前に夫ショウヘイの発情も確認していたし、思いはどんどん膨らんでしまうのである。

実際「エボニー出産間近?」は私の妄想に過ぎないのかも知れないが、予想が的中しているのなら、玉のような赤ちゃんを産んでもらいたい。もちろんエボニーの健康が第一だけど。
動物園側からの正式発表は現在までのところまだない。




シロクロエリマキキツネザル [Ruffed Lemur]
Sat.13.06.2009 Posted in シロクロエリマキキツネザル [Ruffed Lemur]

エリマキキツネザル FC2 VPS 仮想専用サーバ
「シロクロエリマキキツネザル今日も大騒ぎ」

[☆生息域:マダガスカル島 ☆体長:約50cm ☆尾長:約60cm ☆体重:約4kg ☆絶滅危惧種]





カピバラ [Capybara]
Fri.12.06.2009 Posted in カピバラ [Capybara]
09-Capybara-0607-1
「赤頭巾ちゃん気をつけて もしくは バクの飼主めざして」

[☆生息域:南アメリカ大陸(パナマ~アルゼンチン北東部) ☆体長:100-130cm ☆体重:約35-65kg]




ハイイロジェントルキツネザル [Grey Gentle Lemur/Eastern Lesser Bamboo Lemur]
Tue.09.06.2009 Posted in ハイイロジェントルキツネザル [Grey Gentle Lemur/Eastern Lesser Bamboo Lemur]
09-0602-Grey Gentle Lemur-1
「ゲソ好きでんねん (ウソ)

[☆生息域:マダガスカル島 ☆体長:約30cm ☆体重:700-1000g ☆絶滅危惧種]



09-Grey Gentle Lemur-0604-1
「あなたの事も好きですよ」





ヒガシクロサイ [Black Rhinoceros]
Fri.05.06.2009 Posted in ヒガシクロサイ [Black Rhinoceros]
09-Black Rhinoceros-0604-1
「お外デビューしました」

[☆生息域:東アフリカ・アフリカ南部 主にタンザニア ☆体長:3.0-3.7m 体重:1000~1800kg ☆絶滅危惧種]




09-Black Rhinoceros-0604-2
「母さんとはテレパシーでお話します」


4月28日にご報告したヒガシクロサイの赤ちゃんは順調に成長しています。女の子と判明したようです。 






ヒガシクロサイ [Black Rhinoceros]の赤ちゃんお外デビュー!! FC2 VPS 仮想専用サーバ


シロクロエリマキキツネザル [Ruffed Lemur]
Wed.03.06.2009 Posted in シロクロエリマキキツネザル [Ruffed Lemur]
09-Ruffed Lemur-0528-2
「おれ様も忘れんなよ」

[☆生息域:マダガスカル島 ☆体長:約50cm ☆尾長:約60cm ☆体重:約4kg ☆絶滅危惧種]