スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホシゴイ [Black-crowned night heron]
Thu.30.10.2008 Posted in ゴイサギ [Night Heron]
08-Black-crowned-night-heron-1028-2

「向こうに見えるのは母さんです」




08-Black-crowned-night-heron-1028-1

「一人で生きていくのはキビシイもんです」

ホシゴイはゴイサギの幼鳥です。白い点々を星に見立てて、ホシのついたゴイサギで「ホシゴイ」となったようです。


[☆生息域: 北アメリカ大陸・南アメリカ大陸・アフリカ大陸・ユーラシア大陸・アジア ☆体長:約55cm~65cm ]



スポンサーサイト
ミシシッピーアカミミガメ [Red-eared slider]
Tue.28.10.2008 Posted in ミシシッピーアカミミガメ [Red-eared slider]
08-Red-eared-slider-1023-1

「アップアップしているように見えますか?」




08-Red-eared-slider-1023-2

「実はファイト満々なんです」


[☆生息域:アメリカ南部 ☆体長:約5cm~30cm 体重:60~70㎏ 1.0kg~3kg ]



マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
Sat.25.10.2008 Posted in マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
08-manx-loghtan-24-1

「おさげ髪の男の子」




08-manx-loghtan-24-2

「しかも甘えん坊」

[☆生息域:イギリス ☆体長:約100cm 体重:60~70㎏]


昨日(24日)、東京は豪雨に見舞われた。昼下がりに雨がやんだので動物園へ行ってみると、「こども動物園」内に見慣れないヒツジが公開されていた。あいにくの天気で見学者はほとんどいない。私が角に見とれているとすぐに気付いて近づいてきた。大事に育てられていたようで、とても人懐こい性格であった。

今日メールボックスに動物園からのお知らせ「TokyoZooNet メールマガジン『ズー・エクスプレス』 」が着信していたので読んでみると、このヒツジの記事が書かれていた。

来園したのはマンクスロフタンという種類のヒツジで、10歳8か月のオス。山梨県の富士アニマルファームからやってきたとの事。

公開は「24日から」とのことで、かのマンクスロフタン君は豪雨の中、ひと気の無い動物園で公開初日を迎えたのであった。慣れない地で一人ぼっちで雨の中で立ちつくしていた彼が、誰かに甘えたかったのは無理も無かったのだなあと思った。


ホオアカオナガゴシキドリ [Red-and-yellow Barbet]
Wed.22.10.2008 Posted in ホオアカオナガゴシキドリ [Red-and-yellow Barbet]
08-Red-and-yellow-Barbet-1021-1

「そりゃ長くいれば、いろいろありますもん」




08-Red-and-yellow-Barbet-1021-2

「えっ……」


[☆生息域:ケニア・スーダン・エチオピア・ソマリア・タンザニア ☆体長:15~25cm]



おうさまペンギン [King Penguin]
Mon.20.10.2008 Posted in おうさまペンギン  [King Penguin]
08-king-penguin-1007-2

「親権争い」




08-king-penguin-0925-1

「ケンカしないで・・・・・・」


[☆生息域:亜南極圏 ☆体長:85~95cm 体重:9~15㎏]

去年に続き今年もおうさまペンギンの赤ちゃんが誕生しました。
それはメデタイのですが、ちょっとヤヤコシイ事になってます。

それというのも卵を産んだのはメスのウランなのですが、夫のクール(?)が卵を温めず、ウラン1羽が抱き続けていて、負担がかかりすぎるのを心配した動物園側がアトムとピョンの夫婦に托卵した事が発端になっているようです。

ワケアリで誕生した赤ちゃんに、あろうことかクールがちょっかいを出したり、実の母親のウランも黙ってはいられないようで、おうさまペンギン室内飼育舎は騒々しい事になっています。



イワシャコ [Chukar]
Sat.18.10.2008 Posted in イワシャコ [Chukar]
08-Chukar-1015-1

「忙しくなりました」




08-Chukar-1015-3

「大家族のお父さんです」


[☆生息域: ユーラシア大陸高地 ☆体長:20~30cm]


 上野動物園のつがいのイワシャコのメスが残念にも7月に落鳥(死亡)してしまいました。しかし死ぬ前に11羽の雛を残していきました。全羽が公開されているわけではないようですが、私が確認しただけでも7羽がうろちょろしていました。



キンカジュー [Kinkajou (Honey bear)]
Wed.15.10.2008 Posted in キンカジュー [Kinkajou]
08-Kinkajou-1002-1

「密林のアイドル」


[☆生息域:中央・南アメリカの熱帯林  ☆体長:40~60cm 尾長: 40~60cm]



エメラルドツリーボア[Emerald tree boa]
Sun.12.10.2008 Posted in エメラルドツリーボア[Emerald tree boa]
08-Green-Tree-Python-1008-1

「ねじ式」


[☆生息域: アマゾン川流域・エクアドル・ガイアナ・コロンビア・スリナム・ブラジル・ギアナ・ベネズエラ・ペルー・ボリビア ☆体長:180~200cm]



17日附記: ミドリニシキヘビと紹介していましたが、この写真のヘビはエメラルドツリーボアと判明しましたので、お詫びはぜずコソッと訂正します。だって似てるんだも~ん。比べてご覧なさいな。これじゃ間違えない方がおかしい。




ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear]
Fri.10.10.2008 Posted in ニホンツキノワグマ [Japanese Black Bear]
08-japanese-black-bear-1007-1

「ひこうき雲」




08-japanese-black-bear-1007-2

「UFOはなかなか来ませんね」


[☆生息域: 日本(本州・四国・九州) ☆体長: 120~1900cm 体重:40~150kg]



ホンドギツネ [Japanease Red Fox]
Wed.08.10.2008 Posted in ホンドギツネ [Japanease Red Fox]
07-Japanease-Red-Fox-0414-1

「化かされているのは私のような気がします」


[☆生息域: 日本(本州・四国・九州) ☆体長: 体長50~75cm 尾長: 30 ~40cm]




オシドリ [Mandarin Duck]
Sun.05.10.2008 Posted in オシドリ [Mandarin Duck]
08-mandarin-duck-1004-1

「只今熱愛中」




08-mandarin-duck-1004-2

「新婚さんにはかなわない」


[☆生息域: ロシア沿海地方・樺太・日本 ☆体長: 約45cm ]




インドライオン [Asiatic Lion]
Fri.03.10.2008 Posted in インドライオン [Asiatic Lion]
08-asiatic-lion-0925-1

「倦怠期は悟られぬように」


[☆生息域: インド ☆体長: 頭胴長:140~200cm 尾長:70~90cm 体重:120~200kg ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。