マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
Mon.24.08.2009 Posted in マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
二日前に着信したメルマガ「TokyoZooNet メールマガジン『ズー・エクスプレス』」を開いて愕然とした。マンクスロフタンのマロンが8月11日に死亡していた。週に4日はマロンに挨拶をしていた私にとっては、悲しい知らせだった。

8月に入ってのある日、マロンが忽然と姿を消した。動物園の掲示では、暑い季節をやりすごすために公開を控えている(バックヤードでの静養)との事であった。そういうことなら秋にまた会いましょう、とそれからは何の懸念もなく主のいなくなったマンクスロフタン舎の前を通り過ぎていた。

このブログには過去一回しか登場していないマンクスロフタン君ではあるが、実は上野動物園の動物の中では私と最も深い交歓をした1頭である。
マンクスロフタン舎の前を通るたび、わざとマロンがいる場所の反対側の遠いところから彼を呼び、頭をなでて鼻筋を掻いてやる(このワザが出来るのは見学者の中では多分私だけ)のが日課のようになっていたのだ。

科学啓蒙施設である動物園でのこのような行為はいかがなものかと見る向きもあろうかと思われるが、上野動物園内の『こども動物園』では「動物とのふれあい」も設立目的のひとつであるから、そう間違った事をしていたとは思っていない。


[高画質で再生]

マロンは友だち [専用サーバー]
「追悼 / マロンはともだち」 (撮影:7月28日)
     マロン(マンクスロフタン) 1998/2/23/ - 2009/8/11



[高画質で再生]

マロン今日は来なかった [ソーシャルネットワーキング]
「マロン最後の動画」

この短い動画は私が7月30日に撮影した最後のマロンの姿です。いつもは名前を呼んで手を振ると、いそいそとやってくるのに、この日は立ち上がろうともしませんでした。 暑さ厳しき折マンクスロフタンもバテているのだろうと思い、深くは考えなかったのですが、このときはもう相当体調を崩していたものと思われます。

動物園のメルマガによると死因は老衰のようです。人懐こい性格で、皆に可愛がられた彼の死は残念無念です。長患いの末の死では無い事がせめてもの救いであります。


マロン君、ありがとね。 いつか虹の端のたもとで会いましょう。 その時はいつもと同じように甘えておくれ。


[☆生息域:イギリス ☆体長:約100cm 体重:60~70㎏]




マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
Sat.25.10.2008 Posted in マンクスロフタン(ヒツジ) [Manx Loghtan]
08-manx-loghtan-24-1

「おさげ髪の男の子」




08-manx-loghtan-24-2

「しかも甘えん坊」

[☆生息域:イギリス ☆体長:約100cm 体重:60~70㎏]


昨日(24日)、東京は豪雨に見舞われた。昼下がりに雨がやんだので動物園へ行ってみると、「こども動物園」内に見慣れないヒツジが公開されていた。あいにくの天気で見学者はほとんどいない。私が角に見とれているとすぐに気付いて近づいてきた。大事に育てられていたようで、とても人懐こい性格であった。

今日メールボックスに動物園からのお知らせ「TokyoZooNet メールマガジン『ズー・エクスプレス』 」が着信していたので読んでみると、このヒツジの記事が書かれていた。

来園したのはマンクスロフタンという種類のヒツジで、10歳8か月のオス。山梨県の富士アニマルファームからやってきたとの事。

公開は「24日から」とのことで、かのマンクスロフタン君は豪雨の中、ひと気の無い動物園で公開初日を迎えたのであった。慣れない地で一人ぼっちで雨の中で立ちつくしていた彼が、誰かに甘えたかったのは無理も無かったのだなあと思った。