スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear]
Sun.13.09.2009 Posted in アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear]
09-Sparkling violet-ear-0910-1
「森の小さなヘリコプター」

[☆生息域: 南アメリカ ☆体長: 約10cm]




09-Sparkling violet-ear-0911-4
「本当は1秒間に50~80回羽ばたいています」

アオミミハチドリは飛翔中に静止・上昇・下降・後退が可能なとても珍しい能力を有しています。




[高画質で再生]

アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear] [ショッピング]
「蜜鳥」



「食パンの耳」と言うように、何かの端っこを「耳」とする日本語がある。アオミミハチドリは眼から後頭部にかけて、ボンヤリと青味がかった羽色をしているので、勝手に端っこのほうが青っぽいので「アオミミハチドリ」なのだろうなと思っていた(ちなみに検索しても同様の見解しか見つからなかった)。
しかし、パソコンで写真を整理しているとアオミミハチドリの後頭部の下あたり、人間で言うと襟足付近に耳のような突起羽毛があることを発見した。これは角度の関係で見えるときと見えないときがあるようである。
たぶん「アオミミハチドリ [Sparkling violet-ear]」の命名者はこのことを指して「ミミ」と言ったのではなかろうか。おそらくは故人となっているであろうその命名者の意思に報いるためにも、わが極楽動物園+1では「アオミミハチドリには実際に耳に見える羽毛が生えている」と宣言しておく。

09-Sparkling violet-ear-0911-3
「見て見て、青い耳があるでしょう?」

(この『耳』の写真はデッチアゲではありません。おそらくフクロウの耳に見える羽の『羽角(ウカク)』の様なものと思われます)




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。