スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Wed.07.12.2016 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
16-1021-Western Lowland Gorilla
「きづかう娘たち」 (左からコモモ・モモコ・モモカ)
[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg]


「モモコ妊娠」の報が動物園よりもたらされたのは、今年の春先だった。 我々ゴリラ・ファンは秋の出産に向けて、静かに、時には騒がしく胸を躍らせていた。おそらく動物園では史上初(?)の子供3頭同時飼育がこの目で見られる期待が大きくなるばかりだった(姉のコモモがそろそろ性成熟期を迎えるので、他の動物園へ移動になる可能性が大きく、モモコの生んだ仔の三頭飼育はタイムリミットが迫っている)。 ゴリラの赤ちゃん誕生こそ「申年」のメイン・エヴェントに相応しいものと思えた。 

モモコの体調は上々に見え、食欲も酷暑の季節でさえ、ずっと旺盛だった。 私を含めたゴリラ・ファンは、吉報を待っていた。

しかし、その願いは叶わなかった。 死産だった。


モモコの悲しい出産の後、ゴリラたちの動向に微妙な変化が現れた。 娘たちや夫のハオコがモモコを気遣うような動きをとるようになったのだ。 上の写真は体力を消耗し目がしょぼついているモモコの傍らに、娘たちが寄り添っているときのものである。

幸いにも現在のモモコは元気で過ごしている。






16-1108-Western Lowland Gorilla
「おれだって悲しいんだ!!」 (左からモモカ・トト・ハオコ)



スポンサーサイト
ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Wed.27.08.2014 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
14-Western Lowland Gorilla-0808-1
「帰ってきました」


[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]

ゴリラ舎の改築が3月中に完了するはずであったのですが、何故か8月まで延び延びになり、やっと再公開になりました(3月からは狭くて見学しにくい第二放飼場で一日2時間のみ公開)。

現在のモモカは、姉のコモモが同時期には母親にベッタリだったのに比して、母親5割・姉2割・一人遊び2割・父親とトトとナナ1割くらいの割合で遊んでいるように見えます。 まあ、コモモがオンブしてあちこち妹を連れまわすので、活動的な性格に育っているのでしょう。




14-Western Lowland Gorilla-0811-1
「忘れたらカジるわよ」






14-Western Lowland Gorilla-0811-2
「おめかし」






14-Western Lowland Gorilla-0811-5
「とーたんのオシリ攻撃」






14-Western Lowland Gorilla-0805-1
「でもでもやっぱり母さん」






ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Tue.28.01.2014 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
14-Gorilla-1113-01
「春に逢いましょう」

[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]


去る14日よりゴリラ舎は公開中止になっています。工事の関係で(屋外放飼場にネットを張るらしい)、再公開は3月20日からとのことです。 生後9ヶ月になったモモカはちょっとだけ一人遊び(母さんから1~2メートル離れるだけですが)を始めたところで、今は見学者としては目の離せない時期なのですが、非公開期間が昨年のウワサでは1年間にも及ぶという事でしたので、2ヶ月なら、まあ仕方ないかと納得せざるを得ない、痛し痒し状況であります。

再公開時には、コモモ姉ちゃんがモモカをおんぶして出てくるのではないかとか、楽しい妄想をして過ごすことにします。



14-Gorilla-1113-02
「大好き母ちゃん」




        14-Gorilla-1113-03
        「春まで眠ろうかしら」






ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Mon.19.08.2013 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
13-Western Lowland Gorilla-0812-1
「特等席」

[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]



約2ヶ月ぶりに見学に行ったニシローランドゴリラの赤ちゃんは、グングン成長中でした。
母親のモモコにちなんで、「モモカ」と名付けられました。 「コ」と「カ」の違いを彼女らは認識するのでしょうか。

この写真は12日に撮影したものですが、常連見学者の方が「初オンブ! 初オンブ!」と興奮されていましたので、撮影できたのは幸運でした。

ただしモモカちゃんの背中への乗り方が、慣れた感じがしましたので、室内飼育舎ではもう日常的な行動だったのかも知れません。

姉のコモモの時は、始終モモコのお腹側にしがみ付いていたため、石にでも当たったのか頭頂部に500円玉くらいのハゲが出来てしまいましたが、モモカがオンブを覚えたのならその心配はなさそうです。




ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Tue.07.05.2013 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
28日の記事に写真追加しました~。


ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Sun.28.04.2013 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
13-Western Lowland Gorilla-0427-1
「またひとつ宝物」

[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]

24日にモモコが第3子を出産しました。 動物園の英断により、すでに翌25日より公開されています。

何しろ生後1週間も経っていない赤ちゃんなので、ちっちゃいこと! 母親のモモコはガラス細工を扱うように、優しく優しく育てています。 何より彼女自身が嬉しくてたまらない様子が見学者にも伝わってきて、動物園には幸せのバイブレーションが広がっています。

13-Western Lowland Gorilla-0427-2
「あなたが好きよ」




13-Western Lowland Gorilla-0426-1
「母さんも楽しそう」(4月26日撮影・生後2日目)
                 
強面(コワモテ)のモモコ母さんが赤ちゃんを産んでからというもの、始終ニヤけています。本能とはいえ彼女もそうとう嬉しいのが判ります。




13-Western Lowland Gorilla-0426-3
「私が守る」(4月26日撮影・生後2日目)





ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Thu.22.11.2012 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
12-Western Lowland Gorilla-1120-2
「コモモ元気だよ~」

ニシローランドゴリラのコモモが14日に満3歳になりました。元気に成長しており、最近は母のモモコから離れて一人遊びや、仲間のおばちゃん達(トト・ナナ)と遊んでいる時間が長くなりました。それでもお母さん大好きですけどね。


[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]




12-Western Lowland Gorilla-1116-1
「コモモちゃん何してるの?」






12-Western Lowland Gorilla-1116-3
「お空に拍手してるの」

 コモモちゃんの得意技『拍手』です。大人のゴリラには見られない仕草なので、子供特有の行動なのでしょうか。





12-Western Lowland Gorilla-1120-1
「さとうきびゲットー!」


この写真は一昨日(11/20)撮ったものなのです。 午後2時過ぎにゴリラ舎前へ行ってみると、ゴリラ達の姿が無く、飼育係りさんが野菜や果物や木の小枝を放飼場に撒いて(あるいは木陰に隠したり)いました。以前のおやつタイムはゴリラ舎の上からゴリラ達の目前へ投下していたのですが、給餌方法が変わったようです。

2時15分過ぎに放飼場に再登場したゴリラ達は、すでに「かって知ったる」という感じで次々にオヤツを発見し、それぞれ嬉しそうに頬張っていました。この方法だと小さなコモモにも大人ゴリラにオヤツをぶんどられないで食べることが出来るので、飼育係りさんの手間はかかるかもしれませんがコモモにも見学者にも楽しい時間が増えたと思います。





12-Western Lowland Gorilla-1120-3
「でもね、母さんのそばで食べるとおいしいの」






ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Fri.25.03.2011 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
11-Western Lowland Gorilla-0311-1
地震発生から約35分後 / あなたは私が守るわよ」


[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]





11-Western Lowland Gorilla-0311-2
地震発生から約35分後 / そのころ父さんは」







11-Western Lowland Gorilla-0311-3
地震発生から約35分後 / 怖いよ~~~」


3月11日の地震発生時、私は上野動物園内のイソップ橋の上にいました。グラッと来た時「あれ、目まいかな」と思いましたが、すぐに下方から家族連れの悲鳴が複数聞こえてきましたので地震だと分かりました。
あせって橋を駆け下り不忍池の屋外休憩所(イス一体型のテーブルが30台くらい設置されている)のところで揺れが収まるのを待ちました。

悲鳴を上げる母子連れに「ここは東京で一番安全な場所ですから、大丈夫ですよ」と言いました。この時は今回のようなとてつもない悲劇が始まっている事は予想も出来ませんでしたので、テーブルの下にもぐっている家族連れを見て思わず笑ってしまいました。

揺れが一段落したので、西園にあるゴリラ舎へ向かいました。その途中で携帯電話のワンセグテレビをつけてみたら、「宮城/震度7」と放送されていたので、仙台在住のブログ仲間であるmechaさんのサイトに安否情報のコメントをいれました。



ゴリラ舎に着いてみると(そこまで行く途中で動物園スタッフの『園内は安全と確認されました』の放送あり)、ゴリラ達は無事でした。ただ全員落ち付き無くソワソワと動き回っていましたが。気になっていたゴリラ舎の見学者との境の大きなガラスにもまったく損傷は無く一安心しました。

私が勝手に「コモモのおじさん」と名付けている常連見学者の老紳士がいらっしゃったので、地震発生時の様子を尋ねました。
お話によると、ゴリラ達は人間が揺れを感じる前に全員が次々に洞窟住居を出て行って草原の広場にいたとの事。珍しい行動に「あれ?」と思っていたところに有感地震が起こったという事でした。おそらく彼らは微細な振動とか、低周波とか地鳴りなどを人間より早く感じていたのでしょうね。

2・3枚目の写真の洞窟住居の奥に逃げ隠れているハオコ (コモモのお父さん)も、ずっとあそこでうずくまっていたわけではなく。3分ほどで屋外へ出て行きました。余震の続く中「外も心配、内も心配」という彼らの心情が手にとるように分かりました。

ただコモモの母モモコは本震が治まったあとは、放飼場の偽木上で娘を抱えてどっしりと構えていました。彼女も心細かったろうに、さすが母は強しだなと思いました。





11-Western Lowland Gorilla-0311-4
地震発生から約35分後 / かあちゃん……」






ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Sun.17.10.2010 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
10-Western Lowland Gorilla-1008-5
モモコモモ/ 望郷だよおっ母さん」


[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]


すみません、題名に意味はほとんどありません。「肝っ玉母さん」にしようかと思ったのですが、あまりにストレートなので、こうなりました。 コモモちゃんの笑顔の写真が撮れたので、パラパラ写真を作りかけたのですが、興奮してカメラを動かしてしまったため、写真の角度がずれて出来ませんでした。





ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
Sun.10.10.2010 Posted in ニシローランドゴリラ [Western Lowland Gorilla]
10-Western Lowland Gorilla-1008-2
モモコモモ/ お山保育園」

[☆生息域:コンゴ・ガボン・カメルーン・中央アフリカ共和国・赤道ギニア・ナイジェリア ☆体長:150-180cm 体重:90-200kg ☆絶滅危惧種]




10-Western Lowland Gorilla-1008-1
モモコモモ/ 母さんがいれば怖くない」





10-Western Lowland Gorilla-1008-3
モモコモモ/ ママンはすべて」


次回もモモコモモ・シリーズです。よろしく~。




NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。